受注から完成まで
こちらでは、ジュエリーリフォームの作業工程を紹介しています。
宝石工房KADAがダイヤの指輪に魂を入れる工程をご覧下さい。
ダイヤモンドとの出逢い
こだわり宝飾技法
感動!こだわりのジュエリーリフォーム・ドキュメント
ジュエリー リフォームの流れ
ジュエリー リフォームの店
お見積もりについて
お支払い方法
お客様の声
永遠のダイヤモンド
お問い合せ
サイトマップ
TOPへ戻る
宝石工房日記
「宝石工房KADAはこうしてダイヤの指輪に魂をいれます。」
指輪ってどうやって、作られるんだろう?と思ったことありませんか。
宝石工房KADAは、ロストワックスという技法を使い一本一本心を込めて手作りしています。
ここに宝石工房の舞台裏を全てお見せします。
昔のダイヤモンドリングは爪が大きくて普段には使いにくいです。しまっておいてももったいないので、作り替えましょう。
リング用のワックスチューブを、リングの幅に合わせて糸のこで切ります。   お客さまの指のサイズに合わせて、中を削ります。   アウトラインを決めて、デザインに沿って外側を削っていきます。
細かい部分を削り、ここで形がほぼ完成します。   ダイヤの直径を計り、ドリルでダイヤが入る穴をあけます。
真直ぐにあくよう、一番緊張する作業です。
  ワックスモデルが完成しました。
鋳造します。
ワックスを石膏で型をとり、石膏を高い温度の窯で焼きます。ワックスはとけて蒸発してなくなります。そこへ高温で溶かしたプラチナ又は金を注ぎ込みます。冷えたところで、石膏を割ってプラチナ又は金を取り出します。(鋳造の工程は東京の鋳造専門の工場へ外注します。)
ワックスと同じ形のプラチナ又は金のリングが出来上がります。   それをきれいに整形し、表面をやすりで磨きます。
何種類もの研磨材をつけ、バフでピカピカに磨きます。
ダイヤを石留めします。ダイヤが最大限きれいに見えるように角度を合わせ、少しづつ爪を曲げていきます。
爪を磨きます。
完成!世界でただひとつの
ダイヤの指輪の出来上がりです。
お問い合わせから受注まで