ジュエリーリフォームの店
「宝石工房KADAはこんなお店です。」
こちらでは、ジュエリーリフォームの店「宝石工房KADA」の生い立ちを紹介しています。
ダイヤモンドとの出逢い
こだわり宝飾技法
感動!こだわりのジュエリーリフォーム・ドキュメント
ジュエリー リフォームの流れ
ジュエリー リフォームの店
お見積もりについて
お支払い方法
お客様の声
永遠のダイヤモンド
お問い合せ
サイトマップ
TOPへ戻る
宝石工房日記
「KADAストーリー 時代を越えて」

加田の歴史は明治29年にさかのぼります。初代は出雲市今市町で、飾職人としてかんざしやキセルを作っていました。そして、2代目はこれからは時計の時代が来るということで戦後、時計職人として店を継ぎます。昭和29年4月、法人化となり有限会社加田時計店を設立。3代目で本格的に宝飾品の販売を手掛けます。そして現在4代目の現社長が再び初代の職人を志し、宝石工房KADAを2003年11月スタートさせました。創業から108年、法人化から50年目の再出発です。

「お客さまのためにジュエリーにこだわります」

私たちはジュエリーリフォームにとことんこだわります。物のあふれる時代の中、本当の自分を見失っているわたしたち。あなたの本当のかけがえのないものは何ですか?ずっと忘れていたこと思い出しませんか。タンスの中にあの時の感動をしまいこんだままじゃないですか。私たちはその感動を輝きにかえて、再びよみがえらせます。ジュエリーリフォーム。少し前まで婚約指輪のダイヤモンドは、定番の立爪指輪のデザインで、ほとんど皆同じ「かたち」をしています。そして今、そのほとんどがタンスのこやしとなっています。そんな使わないダイヤの指輪を今、
私たちはよみがえらせてやりたいと思っています。お客さまのためだけの、ジュエリーリフォーム。宝石工房KADAは、とことんお客さまの想いをお聞きし、それを1つの「かたち」に作りあげていきます。