2004年07月の投稿

« 2004年06月 | メイン | 2004年08月 »

2004年07月30日

大恩人来たる

一昨日私の大恩人の河野ご夫妻が父の墓参りのため、わざわざ大阪からお出かけしてくださいました。
このご夫妻のおかげで今の私が存在しているといっても過言ではありません。
まさにこうして今の仕事を続けさせていただけるのもこのご夫婦のおかげです。
今のこの仕事に就くきっかけを作ってくださったのも、出雲に帰って新たな展開でお店の経営ができたのも、そして仕事に行き詰まって、どうしようもないと諦めかけた時に素晴らしい方と出逢わせてくださったのもこのお2人のおかげです。
そして私たち夫婦の仲人でもあります。
それだけこのKADAにとって、一生かかっても返しきれないほどのご恩のあります。

そのお2人と久々にゆっくりとお話ができました。
そしてたくさんのことを聞かせていただきました。

「こんな予想もつかないことのある時代だからこそ、家庭を大切にしなさい。これからの仕事の基本は家庭で、家庭がしっかりしてないと絶対いい仕事ができない。そのためにも奥さんを大切にし、感謝しなさい。」

「商売には波があり、良い時もあれば必ず悪い時も来る、そんな時に一喜一憂するのではなく、どんな時にも「おかげさま」の心を忘れずに感謝の言葉を口にしなさい。少しづつの積み重ねが大切で、いつも種まきが仕事だと思いなさい。その種まきをすることにこそ、ほんとうの仕事の意義や価値を見つけていけばKADAの仕事は必ず続けられる。」

「出雲でこもっていてはいけない。たまには大阪や東京に出て世の中を見なさい。そうすればまたひらめきや新しい思いつきが生まれ、それを自分の商売に生かすことを考えなければダメ。」

「ご先祖やたくさんの「人」のおかげで今のKADAがある。よっちゃん(私のことです。)も40代になったんだから、そのことを忘れないで自分なりにそのおかげに対してお返しすることを考えなさい。物やお金じゃなく、心で表しなさい。そして行動しなさい。そこからまた新しい「あきない」が見えてくるはず。」

「いくつになっても素直な心を持ちなさい。かわい気があり、いつも笑顔でいて、何にでも感動できることこそ一番の幸せだと思いなさい。そしてこの幸せの源は健康にあるので日々過信せず、体を大切にしなさい。どんなにお金があっても、どんなに名誉があってもこの健康に勝るものはない。」

ほんと耳の痛い話でした。
でもこう言っていただき、正直、また、助けていただきました。
そしてまたまた一生かかっても返せそうもないご恩をもらったようです。

「河野ご夫妻さま。また助けられました。初心にかえってがんばります。いつでもこの言葉忘れずに仕事していきますね。ほんとありがとうございます。そしていつまでもいつまでも元気でいてください。またお話伺うこと楽しみにしています。ほんとに、ほんとにありがとうございます。」

投稿者 kada : 14:54 | トラックバック

2004年07月28日

夏休みモード

いや~、すみません。
うちの3人の子どもが夏休みに突入したとたん、私まで夏休みモードとなってしまいました。私信のメールやBBSでこの「職人魂」はいつ更新されるのか?元気でいるのか?とメッセージをいただきました。ふっと気づくとそう前回の日記を書いてからなんと10日の月日が経ってしまっていました。
でもこうして心配してくださる方がいらっしゃることにほんと感謝します。
いろいろとメッセージいただき、またまたやる気が湧いてきました。
「皆さんありがとうございます。」
子どもが夏休みに入り完璧、暑さボケのビール星人と化していました。(笑)少しづつですがこの状況から脱却したいと思います。でもこの暑さですから、仕事が終わって家に帰ると冷たいビール、いや発泡酒の誘惑が・・・ついつい1缶が2缶に2缶が3缶にとすすんでしまいます。そしてなんだか眠くなってきて、ふと気づくと朝なんてことになってしまうことも・・・こんなはずじゃなかったんですが・・・と延々と言い訳は続く(爆)

まず夏休みに入って、子どもたちと6時半にラジオ体操をしようと心に決めていたんです。そして最初の1日は出たんですが、その後うちの小学4年生の長女から「お父さんがラジオ体操出ると、恥ずかしくていけんから、こんでもいい!」とクレームがつき(泣)、それならもう少し遅くまで寝ていましょうと思ったのがこの怠惰な生活の始まりでした。遅起きから始まる少し余裕の新たな生活習慣はこの日記まで書けなくしていました。(笑)
時間の余裕できても寝てるだけじゃダメですよね!かえって余裕ができて、なんだか今までのリズムがくずれ、調子が狂っちゃったんでしょうかね~。ほんと情けないです(泣)

明日からは夏の健康的な規則正しい生活をしたいと思います。早起きをして涼しい朝のうちに宿題、じゃなかった日記を書きたいと思います。いやいやそれだけでは時間が余りそうなので部屋のかたずけや掃除もしたいと思います。
う~~、なんだかほんと子どもの夏休みの目標のようになってきましたが、この暑い夏を乗り切るにはやはり規則正しい生活しかないと思います。
「思います。」の連続ではありますが、なんとかこの悪循環?を断ち切り、いろんなことをここに書こうと決意も新たにしています。
こう、グダグダ言っている間に7月もあっという間に終わってしまいそうです。
今月は決算の月でもあります。さあもう一頑張りしなければ!
終わりよければ全てよしという言葉もあるように、なんとか帳尻あわせを試みようと思います。もうすでに手遅れという声も多いんですが(笑)、最後の最後まであきらめず一生懸命やりたいと思います。最後の悪あがきです。
さあ!ラストスパートでいきますよっ!!「おりゃ~!!!」



投稿者 kada : 14:51 | トラックバック

2004年07月19日

スランプ?

今、たくさんのジュエリー・リフォームの仕事をいただき
一生懸命にその原型制作をしている毎日です。

たぶん今までで一番仕事をたくさんかかえているんじゃないかと思います。
そしてそのどれもが、個性的で、こだわりをもったものばかりです。
作品もこだわればこだわるほど、どんどん作りの難しいものになってしまいます。
でもこちらからお客様に提案したりフォームでもありますし、お客様が望むことならできるだけ希望に沿うように仕事していこうと思っています。

完全に自分で自分の首を絞めている状態です。(泣)
そしてひとつの作品をこだわってしまい1日かかっても1個の原型が完成しないまま、時間だけが流れていきます。うまく仕事が流れると1日で3個ぐらいは楽勝だったんですが、
今は1日かけても1個も完成しないのが現状です。もちろんお店では決算セールもしていてお客様といろんな話もさせていただくので、制作ばっかりやっているわけではないんですが・・・・これがスランプなんでしょうか?(笑)
スランプなんて言葉使うの百年早いと言われそうですね。

でも今はお客様の喜んでいただける顔を想像しながら頑張るしかありません。
なんとか納得のいく仕事ができるまで、そう今日は必ず1個は完成するまで頑張ります。
ここでこんなこと書いてる暇があれば、仕事をしたらよさそうなものですが・・・
ここで意志表示をして、仕事にかかります。

本日の目標「今日はとにかく、Hさんのための逸品の原型を完成させます。」

丁寧に、あせらず、慌てず、確かに、少しづつ、決して自分に妥協せず・・・・
仕事します。(笑)

投稿者 kada : 14:49 | トラックバック

2004年07月17日

嬉しい悲鳴

この一週間、毎日新しいリフォームの仕事の依頼がきています。
ほんとありがたいことです。
今日はわざわざ益田市からお客様に来店していただきました。このホームページを御覧になったのをきっかけにリフォームを思いついていただいたお客様です。同じ島根でも益田市は一番西に位置していて、当店のある出雲市まで2時間以上かかる道のりを車を運転してきてくださいました。
「Mさん遠方からわざわざ、ありがとうございました!」

そしてどの仕事もひとつ、ひとつ丁寧にこだわりをもってリフォームしたいと思います。
今はがんばってワックス原型の制作に注力します。
そしてお客様に喜んでいただくことを想像しながら仕事をしていきます。

期待以上のリフォームが出来上がるように頑張りますね。
「KADAでやっぱ、リフォームしてよかった!」とお客様に感動してもらえるような作品を作ります。

実店舗のリフォームの仕事がちょいと忙しくて、嬉しい悲鳴の職人魂でした。

短文お許しを(笑)
さあ!やりますか~!!


投稿者 kada : 14:47 | トラックバック

2004年07月11日

今日は朝から・・・

今日は朝から久々の懐かしい方が当店を訪ねてくださいました。

当店の実店舗の営業時間は朝は10時からで夜は9時までです。一日の営業時間が11時間となるので渡部と大野は時差出勤となります。渡部が10時の出社で大野が11時の出社となります。
ですから朝の当店のスタートは野郎だけの男所帯スタートとなります。ここで朝のコーヒーを飲みながら渡部と朝のミーティングといいましょうか、昨日あった他愛もない話をして大体、宝石工房KADAの一日が始まります。

今日はそこへ以前、うちで利用させていただいているクレジット会社の営業の担当だった方がひょっこり、顔を覗かせてくださいました。
「いや~、加田さん!お久しぶりです。ご無沙汰をしてまして、お元気でいらっしゃいますか。渡部さんも元気そうで!」←ほんとはムチャクチャすごい出雲弁であいさつしていただいたんですが、ぜったい出雲の人以外にはわからないと思うのでここは標準語に直して書きました。(笑)
その方、年齢がすでに70代をとうに超えているおじいさんなんです。うちに来られてる時には嘱託社員としての第2の人生の仕事でしたから、その時すでに70歳近くで、私とは3年位の仕事のお付き合いだったと思います。
そしてかぶっている帽子をはずして、こう言って挨拶していただいたら、もうまるで小津映画の笠智衆さんがお店先であいさつをしてるのにそっくりなんです。
ほんとこちらもうれしくなって、「いや~、ほんとおひさしぶりですね!ほんとお元気そうで、まあこちらに入ってお茶でもどうぞ!ようこそ!!ようこそ!!!」

おじさん3人で店先でコーヒーを飲みながら、お茶のみ話に花が咲きました。(笑)
今は仕事を引退して地域のお世話をしておられ、高齢化の進んだ島根では70代はまだまだ「若いもん」でその上のお年寄りのお世話をしなくてはいけないこと。趣味の園芸を生かして、正月使う縁起の植物「千両」の栽培に今年からチャレンジしていることなどを出雲弁を駆使しておもしろおかしく語ってくださいました。

只これだけなんですが、その方が帰られてつくづく渡部と話をしました。
「こうして来て寄ってもらえてありがたいよね!昔から出雲は買う買わないじゃなくて、まづはお店に寄ってもらって、お茶やお漬物やお菓子を飲んだり食べたりしてもらって、くつろいで、お話していただいていたんだよね。まあここから少しづつ親しくなり、ゆっくりとご縁が広がり、商売につながったそうだよ。ほんと「うつらと」(のんびりとした)商売をしてたみたいだね。でもそれで食べていけたみたいだからねー。」

当店もほんとこんな感じののんびりとした、じっくりご縁を育んでいくお店をしたいと思います。今はまだなかなかそうはいかない事情があるんですが、ゆくゆくは精神的にも経済的にも余裕のある「うつらとした」商売をしたいと思います。
そして今日はほんとほのぼのとしたいい1日となりました。

今日はこれだけです・・・・・(笑)


投稿者 kada : 14:45 | トラックバック

2004年07月10日

ワクワク・ドキドキの広島行き

今週の6日の火曜日、広島に行ってきました。
広島行きには2つの目的がありました。

1つは先月から通っている「ハー・ストーリィ」さんの勉強会への参加です。
勉強会はハー・ストーリィの社長の日野佳恵子さん自らが講演されるセミナーで全国からたくさんの方が集まって来られます。
月に一回の勉強会ではありますが、毎回、毎回、自分自身に新しい気づきがあります。
今回はどのようにしたら自分の仕事をお客様に認知してもらえるか、そして共感をもっていただくことができるか、いかに発信していくか!を学びました。なんとなく出している広告物とか、宣伝物を意識してお客様の心に響くものにしていくことの重要性を認識しました。
当店もできるだけお客様の心の琴線に触れるような広告物、宣伝物を発信していきたいと思います。
「まずは、うちのスタッフの顔が見えて、その人となりや温かさがお客様の心に伝わるように、そしてまたそれを共感してもらえるようなパンフレット形式の会社案内を作りたいと思います。『職人魂』溢れる案内にしますね(笑)←以前、情報誌のWINKに載せていたような、うちの渡部のアップの写真を使ったようには今回はしませんからご安心を!!(笑)

2つ目の目的は、広島のとあるWEB制作会社の社長(笑)に、誕生日のお祝いのプレゼントを届けることでした。
ほんと昨年から大変お世話になった方で、私の人生の恩人と言っても過言ではないくらいにこの方にたくさんのことを教わりました。そしてうちの会社が変わりました。
その恩人にプレゼントを届けたい!できれば手渡ししたい!!との思いでの広島行きでした。
でも相手の方のことをしっかり思わないとプレゼントって難しいですよね。
好き嫌いを知らなければいけませんし、その方にできればこちらの気持ちもしっかりと届けたい、あんまり相手に負担になるような重いものはいけないし、さりとて何だこりゃ~ってもんでも悲しいし、ほんと難しいです。
大恋愛中で、盛り上がってて、もう何でもOK!あなたさえそこに居てくれれば!!という
関係ならいいんでしょうが、その会社の社長「男」ですから!(笑)
私自身、もしかして「男」に誕生日プレゼントをするのは生まれて初めてでは?!

プレゼントひとつにとっても、相手の気持ちを考えて行動することの難しさを痛感しました。シンプルに何にも考えずに本能の赴くまま「エイッ!」とできればいいんですが、これではまるで子どもです。

ハー・ストーリィさんでも学んだんですがお客様が何を求め、何に感動してくださるかを考え、その琴線に響くような行動をしなくてはいけないと感じます。

そして、プレゼントもそうですよね。(笑) 値段とか、豪華さとかじゃなくその「人」を思う気持ちが表れていて、それが相手心に伝えることができれば、そのプレゼントの豪華さなんてどうでもいいんです。
この年になっていろんなことを学ばせてもらいます。以前ならとかくプレゼントの豪華さで相手のことを「これだけ思ってますよ!」とその気持ちを表していた自分なんですが、ここにきて、その人を思うことによって、もっともっと、素敵な伝え方があることに気づきました。

ここから学んだことが一番大切なことは・・・・
心底、心から行動しなくてはいけないんですよね。見せかけではなく、もちろんテクニックでもなく、本気で相手のこと思って行動すること、「本物の心」を持ってお客様に接することができなければと気づきました。そしてない頭で一生懸命考えなきゃ・・・
どう行動したら一番いいかを!!

「人」の気持ち考えること、ほんとに難しいですが
でもそれ以上に、ほんっと、ワクワク・ドキドキする楽しいことだってことです!!!


投稿者 kada : 14:40 | トラックバック

2004年07月09日

風を感じて!

さあ!完全復活です!!

先週、咽頭炎にかかり、声が出なかったんですが、やっと声がまともに出るようになりました。皆さんご心配をおかけしました。←誰も心配してないそうです。(笑)
なんでも歌手の氷川きよしさんも急性咽頭炎にかかり急遽コンサートが中止になったとか・・・・でもほんと声が出ないこと辛かったです。
話しかけられても返事もできず、相手には変な顔をされてしまいました。それを防ぐためマスクをして歩いていたら皆に怪しまれるわ、かわいそうに見られるわ、その病気の説明をするためにまたおしゃべりをして症状が悪化するわで、ほんと自分からおしゃべりを取ったら何にも残らないこと痛感しました。
これを機会にもっと言葉を大切に、丁寧にお話をしようと思います。

話は変わりますが、今、ちょこっと感じていることがあります。
実は最近、昨年来の不景気でお店の売り上げが大幅にダウンをしていて、今年に入って商売そのもののやり方を考え直さなければいけない岐路に立たされていました。
もちろんこのサイトでもわかるようにリフォームの仕事とか、手作りのオーダーの仕事とかは確実に増えてきています。が、従来の実店舗の売り上げを確保するのはなかなか厳しく、展示会の開催で帳尻をあわせてきていたんですが、ここのところそれもショート気味だったんです。

それが先月、例の今年度のWebあきんど養成ジムにうちの奥さんが通いだし、私も広島のハー・ストーリィさんの勉強会に参加しだしてからなんだか風向きが変わってきたんです。
そう向かい風から追い風に変わってきたような感じがするんです。まだまだ具体的な売り上げの数字では表すことはできませんが確実にその気配を感じてきています。
これはうちのスタッフも共感しています。
そしてこの気配を更なる、確実なものにするため、スタッフ一同が心を揃えてひとつ、ひとつの仕事をお客様のために、もっと具体的に言うと、お客様に喜んでいただくために、お客さまが「よかったー!」と感動していただけるように、丁寧に仕事していこうと思います。
決して、言葉のテクニックとか上辺だけの見せかけの思いではなく、心の底から、自然体で出てくる思いを伝えようと思います。

目先のことにとらわれず、決して気負うことなく、ひとつひとつの仕事を確実に丁寧にやった結果が少しづつではありますが出てきているような気もします。

なんとかこの追い風に乗って、今月の決算を乗り切りたい職人魂でもあります。

今日は山陰中央新報社さんが当店の取材にいらっしゃいます。これもひとつの追い風と感じ、また有頂天にならないようにしますね。ほんと最近おだてられると歯止めがきかない私です。
さあ、「平常心」「平常心」いつものカッコつけない自分で取材を受けますね!またこの取材の事は後日詳しく皆さんに報告いたします。
ん~~~でも、すでに舞い上がってる自分が想像できます。(笑)
言う事は易し、実行は難しですね!
でも今、確実に変わり始めている宝石工房KADAにぜひ注目してやってください。
皆さんお願いいたします。

 


投稿者 kada : 14:38 | トラックバック

2004年07月02日

あっ、声が・・・

今朝、起きたらなんと声がでません!
確かに昨日から声が出し難くかったのですが・・・
お店で電話に出る時に声が裏返ってしまって、まるでオカマの人の声となっていました。「お電話ありがとうございます。宝石工房KADAです~♪」ここは何屋さん?あなたは誰と思われていたに違いありません。うちの母親に電話したら妙に敬語を使われ、「オレだよ、オレ!」と言ってもわかりません。まさかオレオレ詐欺じゃないか!と思われたようです。そこでまたこの声について説明しなくてはいけません。「声の調子が悪いんだ~・・・」
また余計なおしゃべりをそこでしてしまいます。
この悪循環の連続でなんと今朝、起きたら声がでないんです。かろうじて低音の声だけは出す事ができたんですが、もう普通の会話はできません。そう、オカマの人の声も出ないんです。(笑)

病院に行って診察してもらったら「咽頭炎」でした。要するに声帯の炎症で、おそらくは
クーラーを利かせて、口を開けて寝ていたのが原因ではと言われました。その時つけていた蚊取り線香が命取りになったのでは!・・・ (笑)
声を出さないことが最良の治療方法だそうです。(泣)

仕事もたくさんたまっているので、ここで声がでないからと言って休むわけにはいきません。でも電話には出れない!お客様と会話ができない!ほんと私からおしゃべりをとったら何にも残りません!!
日頃なにげなく交わしている言葉が出ないだけで、こうもコミュニケーションに困るものか!相手に伝えるどころか、事情を知らない方に不快感まで与えてしまいそうです。
ほんと弱りました!そして、お話ができることのありがたさを痛感しました!!
こうして文に表すことはできますが、やっぱり、ダイレクトに声でしか伝えられないことがたくさんあることに気づきました。
ほんとマイッタ一日となりました。

でもたくさんの「ありがたさ」にも気づかされた一日でもありました。
聞き手にまわって、今日は事情を話し、あいづちだけでお客様の話をたくさん聞かさせていただきました。(笑)
大好きなこと、自分の興味のあることの話題の話にはみんな目を輝かせて話してくれました。ほんと相手の話をじっくり聞くことって大切ですよね。声が出ている時はともすれば自分の意見をすぐ話していた自分がよくわかりました。

一番話のくどいのは私だったことに気づきました。(爆)
これを機会に今年の後半の目標は「話二分に聴き八分」にしようと思います。
周囲からは今から絶対無理の声が・・・・
いえいえ大丈夫です。ぜひチェックしにご来店くださいね。


投稿者 kada : 14:37 | トラックバック

2004年07月01日

平成16年度Webあきんど養成ジムのスタート

さあ!7月となりました。そして始まりました!!
うちの宝石工房KADAのこのホームページが誕生するきっかけとなった、Webあきんど養成ジムが本年度も先月の29日よりスタートしました。
今回もうちの奥さんが生徒として参加します。

昨年のも個性豊かな方とここでたくさんお会いすることができましたが、今年は昨年以上に個性豊かで、自分の仕事にエッヂ(特徴)が際立っている方ばかりのようです。ほんといろんな方とお会いするだけでも、ここに参加した価値があります。新たなワクワク・ドキドキの素敵な出逢いがたくさんありそうです。
そしてWebあきんど養成ジムに参加している方だけに許される(笑)ML(メーリングリストと言って、参加した方だけが書き込みができるコミュニケーションを共有できる場所で、1対1ではなく大勢の方と同時にメールのやりとりができるのが特徴)も4日目でなんと100通を超えてしまいました。凄い勢いでメールがうちの奥さん宛に来ています。
そして昨年と同様に、ほんとたくさんの方がやる気と夢を持っていて、それを実現するために日夜がんばっていることをこのMLからヒシヒシと感じます。

このあきんど養成ジムに参加しなければ、たぶん出逢うことがなかった方たちばかりです。それぞれの仕事の内容やスタイル、環境は違いますがとにかく参加して、やってみようという「やる気」「本気」が伝わってきます。
昨年もうちの奥さんとつくづく話したんですが、あきんどでの最大の収穫は「人との出逢い」でした。たくさんの方と出逢い、その人に刺激され、そして自分自身も学ぶことがたくさんありました。
もちろんWeb制作の技術とか商売の方法とかたくさん学ばなければいけないことはありますが、それ以前の基本となる「人」との出逢いを大切にし、それを生かせるお店にまずはならなければ何もできないことを学びました。

今年もスーパーバイザーのカンドウコーポレーションの福原勘二さんを始め、しまね産業振興財団 特許流通アドバイザー佐野馨さん 日本IBM 尾花紀子さん ハー・ストーリィ 日野佳恵子さん アイネット 砂田晶子さんと素晴らしい最強の講師陣が揃いました。
第一回目の講義から課題もたくさん出た様で、すでに今からうちの奥さんは頭を抱えています。「う~~ん」(笑)
でも、こうして行動ができ、参加できる環境にいることに感謝し、今年もひとつ、ひとつの出逢いを大切に、一歩、一歩、確実に前進したいと思います。

7月もなんだかあっと言う間に過ぎていきそうな気配です。でも流されないように、確実に丁寧に新しい出逢いを身に染み込ませていきたい職人魂です。




投稿者 kada : 14:33 | トラックバック