2004年11月の投稿

« 2004年10月 | メイン | 2004年12月 »

2004年11月25日

一周年

今日は宝石工房KADAの一周年の記念日です。

そして一年前のこの日このサイトは誕生しました。
このホームページを作っていただいたカンドウコーポレーションの福原社長をはじめとして、たくさんの素敵な出逢いから生まれたスタッフ自慢の宝物のようなサイトです。

今でもその時の感動は忘れることはできません。そして私にとって今までの仕事の上で一番の転機でもありました。そう、やっと自分自身の足で初めて歩み出せた瞬間でした。

ほんとあっと言う間の心底楽しい一年でした。おかげさまで仕事の方も順調でサイトからの問い合わせ、ご注文も徐々にですが増えてきました。実店舗でもたくさんのリフォームやオーダーを頂き、昨年に比べ倍以上のご注文をいただくことができました。時にはキャパオーバーとなり嬉しい悲鳴をあげた時期もありました。(笑)
今でもたくさんの仕事をいただき年末を控え少しあせっている今日この頃ですが、できる限り現在お受けしている仕事は年内の納品に間に合うようにそして、新年には新しくリフォームしたジュエリーで迎えられるようにいたします。
お待ちのお客様今しばらく待ってやってくださいね。

また、この一年の間にも当店のサイトがきっかけとなり、たくさんの方と知り逢うことができ、新たな出逢いとご縁をいただくことができました。
この出逢いは私達スタッフに「感謝」と「気づき」と「元気」を与えてくれました。

「こうして、無事に一周年を迎えることができたのも皆さんのおかげです。
ほんとありがとうございました。スタッフ一同心より感謝を申し上げます。」

今、一周年を迎えて、もしこのサイトがなく、素敵な数々の出逢いがなければ当店は絶対に今、存在していなかったと思います。
それだけ宝石工房KADAにとって節目の年にこのサイトがスタートし、そしてすべてが変わり始めました。
その中でも一番変わったことはともかくお客様に対するスタッフの気持ちです。
「人」との出逢いがなければ今の仕事を続けることはできません。それまでの当店はとかく売り上げや数字の事ばかり気にしていました。
そして仕事の本質、一番大切なお客様を思うことを忘れていました。当店の仕事は信用の上にしか成り立ちません。そう、やっぱり「人」なんです!!!
この「人」を思い、自分の仕事を決してあきらめず、少しづつこつこつと積み上げていくのが当店の仕事です。
この気持ちをスタッフで共有できた事こそが一番のことでした。

この気持ちを、皆で持ち続け共有し続けることこそ宝石工房KADAの使命だと感じます。
時にはこの気持ちを忘れてしまったり、舞い上がったり、ぶれたりする私ですが一周年にあたってやっぱり「人」が一番でこの気持ちをスタッフで共有して、持ち続けていくことを再び誓います。
「継続は力なり」使い古された言葉ですが、今の当店にはピッタリの言葉です。
あせらず、絶対あきらめず、ひとつひとつ心を込めて皆と仕事していきますね。

素直な気持ちを忘れずに、心を揃えて、明るく楽しく元気よく、
スタッフ一同で今日からまた新たな気持ちで出発です!!!!

「さあ、まずは朝からお店をピッカ!ピッカ!!に掃除しますよ~」


投稿者 kada : 15:45 | トラックバック

2004年11月16日

ファンシー・インテンス・パープリッシュピンクダイヤ

今、宝石工房KADAにはとってもピンクにひかり輝くダイヤがあります。
その名もファンシー・インテンス・パープリッシュ・ピンクカラーのダイヤモンドです。

大きさはピンクダイヤの中でもかなり大粒の0,621カラットで、クラリティーといってダイヤの中の内包物(いわゆるキズ)もSI2クラスと肉眼ではまったくわかりません。
またカットもベリーグッドと非常に綺麗なバランスの良いカットが施されています。

このダイヤの輝きは私の思い浮かべる今までのピンクダイヤの色の美しさの常識の上をいってしまいました。(笑)
あっ、今までお買い上げいただいたダイヤも私が選んだピンクダイヤですからもちろんとっても綺麗な自慢のピンクです。ご安心ください!そしてお買い上げいただいたお値段は絶対にお買い得でした。現在ピンクダイヤはほんと値段が上がり以前のような価格では手に入れることができません(泣)「以前のような価格でもうひとつ」と言われてももう揃えることは不可能です。ハイ!!

このファンシー・インテンス・パープリッシュピンクのダイヤの最大の特徴は少し紫色を帯びたピンクの色のなんともいえない美しい色合いに、カットの良さが合わさり、明るく鮮やかなそのピンクの色の中に七色の輝きが見えるのです!
おそらく産地はオーストラリアのアーガイル鉱山の産出で、そこで産出される原石の特徴である青みの強いパープルピンクの見本のようなダイヤです。
この鉱山産出のピンクダイヤは非常に貴重で高価になります。
そしてなかなか手に入れることができません。

素晴らしく、美しくパープル・ピンク色に輝くダイヤモンド!
しばらくはこのダイヤを見ながら「ばら色の人生」を過ごせそうな私です。


投稿者 kada : 15:43 | トラックバック

2004年11月08日

感謝!感謝!!感謝!!!感謝!!!!

おかげさまで「彩 展」が大盛況で終えることができました。
ほんとスタッフ一同、大変感謝しています。
「ありがとうございました。」

初日の開場と同時にたくさんの方にご来場していただき、ほんと皆さんとしっかりお話したかったんですが、あの賑わいの中で多々至らぬ点がたたあったことと思います。
当店のお客様への至らぬおもてなしお許しくださいませ。
またお客様には日々、少しづつスタッフのできうることで必ずお返しをしますのでこれに懲りずまたご来店してくださいね。お待ちしています。

展示会も当初、100名くらいのお客様のご来場を予想していたのに終わってみれば150名ものお客様にご来場をしていただくことができました。
また、加田英子の古布の小物は初日の午前中に売り切れてしまい、せっかくそれを目的にご来場していただいたお客様には大変申し訳ありませんでした。また少しづつ手作りしますので気長に待ってやってくださいませ。
また「リシュ・リシュ」のバックと加田香子買い付けのパリのアクセサリー「JUN-CO」もたくさんのお客様にお買い上げいただき、ほんとありがとうございました。
売上の目標もおかげさまでクリアできました。
今のこの大変な景気の時代にこうして展示会が開催でき、たくさんのお客様にお来場していただけたことにとっても感謝いたします。

宝石工房KADAのスタッフはこの気持ちをいつも持ち続けていきます。
大切なお客様に感謝してまた少しづつ歩ませていただきます。
「ありがとうございました!!!!」


投稿者 kada : 15:42 | トラックバック

2004年11月03日

彩 展

あっと言う間に11月となりました。
さあ!今月は当店、年間最大のイベントである
「彩展」(いろどりてん)を開催いたします。

実店舗の入っているショッピングセンター「パラオ」の2Fの「コミュニティーホール」で6日(土)7日(日)の2日間の展示会です。スタッフがない頭?を絞って楽しいイベントをたくさん考え、お客様のご来場をお待ちしています。

今回の展示会「彩展」の一番の超目玉は「ピンク色のダイヤモンド」です。
前回の職人魂にも書いているんですが、もうお手ごろな値段での入手が困難になってきたあのファンシーピンクカラーのダイヤモンドを以前安く輸入できた在庫をそのままの値段で!ありったけ!!展示会に持ってきてもらいます。
この在庫が無くなれば、おそらくピンクダイヤは2倍以上の価格で仕入れなければならないと思います。

具体的に言えば、今まで当店のロングベストセラーで他店では揃わなかった大ヒットの売れ筋ピンクダイヤの「0、2カラット ファンシーピンクカラー I-1~SIクラス 価格20万~30万のものが軒並み50万以上の価格になってしまっています。このくらい価格帯になるとなかなかおいそれと指輪を作ろうとは思いつけませんよね。また商品自体も仕入れがほとんどなく、益々値上がりすると思われます。
当店も在庫に置いておけばいつの間にか売れてしまっていたピンクダイヤなのですが仕入れたくても現物がないのでどうしようもありません。現在、実店舗のピンクダイヤの在庫はまったくありません。確かに今まで仕入れていた金額の倍を出せば仕入れることはできないことはないのですが・・・(泣)

もともと、世界的に見てもほとんど産出されないピンクダイヤモンドです。5年くらい前に日本では過去にないくらいのピンクダイヤブームが起こり、その時に世界中のピンクダイヤが日本に集まりました。そして日本のバイヤーはたくさんのピンクダイヤを安く仕入れたみたいです。その時の在庫も今はほとんど売り切ってしまい、国内では現在かなり品薄気味になってきているにもかかわらず、ピンクダイヤの欲しいお客様はまだまだ全国にはいらっしゃるようで値段がジリジリと上がってきているのが現状です。

・・・で今回、最後の絶対お買い得のピンクダイヤがたくさん揃います。そういう意味ではほんとラストチャンスになるかもしれないピンクダイヤモンドです。

ぜひ興味がある方は「彩展」のぞいてやってください。
スタッフ一同で心よりお待ちしています。


投稿者 kada : 15:40 | トラックバック