2005年01月の投稿

« 2004年12月 | メイン | 2005年02月 »

2005年01月29日

ありがたい・ありがたい・ありがたい

おかげさまで、ここのところ、ほんとたくさんのご注文を全国各地からいただいています。

まずは実店舗で山陰中央新報に記事として特集していただいたことがきっかけとなり、毎日嬉しい悲鳴です。新聞に当店のジュエリーのオーダーとリフォームの記事を掲載していただいたおかげで毎日のように、近くから、そして遠方から当店のことをわざわざ訪ねてきてくださいます。そしてたくさんのリフォームのオーダーをいただきます。
改めて山陰中央新報に記事として載ることの凄さと、信頼性を痛感しています。新聞記事として載ることはお客様が「安心してリフォームを預けられるお店」という信用を大きくしてくれたようです。

またこのホームページを受注の仕方を詳しくわかりやすくしたことと、人気の5型の拡大写真を見れるようにしたことで毎日のようにお問い合わせがあり、リフォームの受注のオーダーをいただいています。遠くは北海道のお客様の仕事をさせていただき、そのリフォームも完成間近です。ほんと素晴らしい作品となりそうです。

一昨年の11月にこのホームページを立ち上げました。
その時はお逢いしたこともないお客様のジュエリーをお預かりするなんて奇跡のように思えていました。
今その奇跡が毎日のように起こります。当店を信頼してお客様の大切なジュエリーを当店に託していただき、そのリフォームのオーダーをいただきます。今も兵庫のお客様に嬉しいオーダーメールいただきました。
ほんと奇跡のようだ!と感じたこの気持ちを忘れずに、すべてのお客様からいただいたこの奇跡の感動をリフォームという当店の仕事で倍、いや3倍4倍の感動に変えてお返ししようと思います。
そのためにもひとつ、ひとつの仕事を丁寧に、心を込めてしていきますね。

嬉しい悲鳴が当分続きそうですが「ありがたい!ありがたい!!ありがたい!!!」の気持ちを忘れずに、スタッフで心を揃えて素敵なリフォームを完成させます。

どうか、お待ちのお客様はもうしばらく待ってやってくださいね。
必ずやご期待に沿える、
それを裏切る期待以上のリフォームに仕上げさせていただきますから!!!!


投稿者 kada : 16:55 | トラックバック

2005年01月22日

ありがたい・ありがたい

一昨日、20日の山陰中央新報の「頑張る商店」に当店のことが掲載されて以来、たくさんのお客様から「載っとったよ~」「見たけんね~」と嬉しいメッセージをご来店で、お電話で、メールで、たくさん頂きました。

「こんなにお客様が当店のことを気にしてくださっていたのか~」と、改めてスタッフ一
同で皆さまに感謝を申し上げます。
「ありがとうございます。」

こうして記事に取り上げていただき、少しでも当店の仕事の内容が多くの方に知っていただくきっかけとなったこと、そして何より山陰中央新報の5面の地方経済の欄にあんなに大きく取り上げていただいたことで当店の信用が更に高まったことを実感しています。
こちらからの宣伝や広告でなく、記者という公平な第3者の目で評価していただいた当店の記事からの信用度は測りしれないものがあります。
そして今更ながらに、以前の加田時計店のキャッチフレーズ「信用第一」の大切さを痛感させられました。

お客様にたくさんご来店いただき、当店のことを自分のように喜んでいただき、嬉しい反面少し気恥ずかしい思いもあります。
こんな時になぜか思いだしたことがあります。
この宝石工房KADAの始めた当初は売上が0の日が何日も続きました。今でももちろん月に何日かは0の日があります(笑)
それ以上に、実は過去にお客様が誰一人いらっしゃらない日が何日かあります。人の集まるショッピングセンターの中で、しかも高い家賃を払って入店している当店に、一日でご来店のお客様0なんてあってはならないことです。これからいったいどうなるんだろうという恐怖感を感じたことも覚えています。でも実際そういう日が何度もありました。

この時にスタッフと話し合ったことを思い出しました。
「売上がなくても、ともかくお客さんの来ていただくようにならなきゃ! そのためにはお客様のことをもっと、もっと思わなきゃ!!」
そして誰も来ないお店を徹底的に掃除してピカピカにしたんですよ。

こうしてたくさんのお客様にご来店いただくこと、そう「ちょっと顔を見に寄ったよ~」と声をかけていただくことをほんと「ありがたい・ありがたい」と感じます。
そしてこれからも、そんなお客様ひとり、ひとりへの感謝を忘れずに仕事していきたいと思います。

今日は私の小学校からの大切な友人がわざわざ遠く横浜から当店を訪ねてくれる予定です。
とっておきのお茶とお菓子を用意して、今から「まだかな~、まだかな~」とワクワク・ドキドキ待ってます。
間違えなく、とってもいい日になるはずです(笑)

投稿者 kada : 16:53 | トラックバック

2005年01月19日

ありがたい

年の始めに少し自分の健康に自信を失くし、アタフタしているこの頃でしたが、
そんな時に当店に素敵な知らせが届きました。

「すべては素敵なジュエリーを作るために、そしてお客様が心か
以前、地元の新聞の山陰中央新報社の記者の方に取材していただき、山陰経済ウイークリーという経済誌の「頑張る商店」というコーナーに当店の記事を載せていただきました。
これが今月の20日の山陰中央新報の新聞の記事として載ることが決まりました。
島根県民のほとんどの方が読んでいるといっても過言でない、地元シェアーNO1の山陰中央新報に当店の記事が、しかも「頑張る商店」として紹介されるなんてほんと夢みたいなことです。
間違いなく親戚やお客様から「載っとたよ~!」という電話がたくさん入るはずです。山陰経済ウイークリーの場合は私の大きな顔写真付でしたが今回は公共の新聞?ということで顔写真のほうはカットされました(笑)

ほんと「ありがたい」ことです。こうして記事にしていただき全県下は元より鳥取県まで当店のことが紹介されるんですから!
この記事に恥じないような、そしてお客様の期待を裏切らないようなお店にならなくては!と再度身の引き締まる思いです。
そしてこういう流れを作っていただいた皆さんに感謝しなければいけないと思います。こうして記事になったのも当店の実力でなく、応援してくださる方の力があったからこそ実現できたことです。

最近、弱気な私にとってほんといい知らせとなりました。これ機に背筋を伸ばして、シャンとして仕事に取り組みたいと思います。
ら喜んでいただけるために、おかげさま、ありがたいの気持ちを忘れずに自分の仕事を丁寧にしっかりやり続けます。なんだか気合が入ってきましたよ。」


投稿者 kada : 16:51 | トラックバック

2005年01月18日

健康第一

いつもなにげなく使っているこの「健康第一」の言葉ですが、2005年の始めからこの言葉の意味がほんと身に染みている私です。

体調は今でも普通で仕事も気合を入れてやっているんですが、年末、年始にかけて以前から健康診断で引っ掛かっていた項目を本格的に検査をしました。
その結果どうしても薬を飲み続けなければいけなくなりました。

今まで、おかげさまで大きな病気をしたこともなく、病院のお世話になることはめったにありませんでした。しかも幼児期の入院の体験からでしょうか(笑)病院と薬と注射が恐くて、恐くて・・・(泣)
今でも病院に行くと緊張し、注射をされれば目をそむけ、薬を飲むだけで心臓がドキドキします(笑) そんな私が薬を毎日飲んで体質改善をしなくてはいけなくなりました。
お肌の曲がり角、年齢といえばそれまでですが、今まであまり自分の健康について深く考えたことなど無い私は、はっきり言って落ち込みました。そしてストレスが溜まりそれが皮膚の湿疹となって表れてしまいました。「なんてこったい」です。
気弱な私が年の始めから現れてしまいました。元来、小心者の私はほんとこういう時は神経質になりダメ男と化してしまいます。

・・で、そのダメ男は今まで考えてもみなかった自分の健康のことを考えました。そして家族のこと仕事のことを考えました。今まであたりまえと思ってたことが実はあたりまえでないことに気づきました。
健康が自分にあってこそ全てのことにやる気が湧きます。前向きな気持ちになれます。
そこからともすれば忘れがちな、日常の大切なことのありがたさを今回のことは痛感させてくれました。そして健康、家族、仕事、スタッフ、お客様のありがたさが身に染みた年の始めとなりました。

今はいただいているリフォームとオーダーの仕事に全力投球しています。
この仕事こそ一番の楽しくてドキドキするそして元気にさせてくれる薬であり、唯一の復活方法でもあります。

ほんと年始めからいい話でなくてスミマセン。でもこの一番最初の大切な原点を気づかせていただいた2005年のスタートとなったことは間違いありません。

「健康第一に少しづつ、丁寧な、いい仕事させていただきますね。 ねっ、皆さん!!」


投稿者 kada : 16:49 | トラックバック

2005年01月06日

種蒔き

さあ!2005年となりました。
今年はどんな年となるんでしょうね~
ほんとワクワク・ドキドキ楽しみです。
素敵な出逢いがありそうな予感が・・・今から(笑)

年末にあたり、2004年の想いを「忘己利他」という言葉に込めさせていただきました。これは何年経っても、いかに世の中が変化しても、自分の中では変わりそうにはありません。これからもこの気持ちをずうっ~と持ち続けられるように、
「心身ともに健康で元気でいなければ!」と思う年の初めです。

そして、毎年最初に思うことなんですが、年を越して売上とかの数字が全てリセットされ、また0から始まります。さあ!今年もがんばるぞ~と普通は思うのでしょうが、私の場合、昨年の数字が奇跡的に思えるのです。これは昨年が決して素晴らしい数字で終わったということでなく、毎年、毎年ほんとお客様によく買っていただき、仕事をたくさんいただき、
ほんとそれを改めて顧みると奇跡が起こっているとしか思えないくらいの数字に感じるんです。「ほんとありがたい」と感謝するとともに、その数字の凄さをプレッシャーに感じずにはいられません。「また今年も同じようにやっていけるのか!?」と

小心者の私は正月早々、いつも落ち込み、悩んでしまうんです。そして居直ります(笑)
今日がその日です。(例年よりは少し遅い居直りとなりました。)

今年も自分の仕事をしっかりやっていきます。私ができるたった一つ仕事、宝石のリフォームの仕事を通して心から皆さんに喜んでいただけるように。
「宝石工房KADAに頼んでよかった!」とお客様に言っていただけるように。

お客様のことを思い続けて仕事をすることこそ、私の仕事です。
いつでも、種を蒔くことを忘れずに仕事していきますね。決してえびで鯛を釣る、ゴマすりの種蒔きとは違いますよ(笑)
宝石工房KADAの仕事を通して「心が通じ合えること」、「お互いに信頼し思いやることのできること」こうした繋がり、ご縁をしっかりと種蒔きしたいと思います。そう、「思いやり」という種を蒔くことです。

「お客様にワクワク・ドキドキしていただけるジュエリーを作れたら」、「世界でたった一つの物語をお客様のために、当店のジュエリー作りを通して語ることができたら」、「お客様のお守りになるようなジュエリーを作れたら」、「お客様と一緒になってリフォームを考え、作品完成までのプロセスが価値となるジュエリーを作れたら」、そしてその仕事は決してダイナミックな大きな仕事ではなく、日々淡々と、日常の中での小さな仕事が少しづつ、丁寧に思いを込めてできればと考えています。
まだまだ語り尽くせないほどのこのたくさんの思いを「思いやり」に変えて種蒔きしたいと思います。

「全ての想いは皆さんに喜んでいただけるために」

さあ!今年も「種蒔き、種蒔き」

投稿者 kada : 16:43 | トラックバック