2005年08月の投稿

« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月30日

音楽会報告

DSC04635.jpg

試行錯誤でやってみた今回の音楽会、無事終わりました。
ちゃんと出来るかどうか不安でしたが
フルート奏者の宇家さんのお陰で大好評でした。
何と言っても宇家さんが素晴らしかった。
フルートの演奏をこんな近くで聞くことが初めてで感動しました。
やっぱり、音楽っていいですね♪

今回でちょっと自信がついたので
今度はもう少し考えて、皆さんにご案内したいと思います。
次の企画を楽しみにしてくださいね!
出来れば冬にならない位にもう一度、ぜひ!

PS,
明日8月30日より9月1日まで所用により加田佳男と共に福岡に出張です。
ついでといっては何ですが、ホークス大ファンの長男(13才)を連れて
プロ野球観戦もする予定です。

という事で、本当に申し訳ないのですが3日間パソコンの前から離れます。
問い合わせの方はお返事が9月1日以降となりますので
ご了承くださいませ。よろしくお願いします。

投稿者 kada : 01:11 | トラックバック

2005年08月24日

音楽会のお知らせ

DSC04613.jpg

フルートミニコンサート&アクセサリー展示会のお知らせです。

日時:8月28日日曜日
場所:松江 カーサコンチェット 松江市東津田町1449-1
主催:宝石工房KADA

宇家郁子 フルート サロン コンサート
時間:1時30分 3時30分
2回に分けての公演です。
1回が30分程度のミニコンサートです。
お茶とケーキがついて会費1,000円です。

DSC04615.jpg

同時にホルヘモラレスのアクセサリーを展示します。
春のパリ・コレクションで仕入れた商品です。
ホルヘさんはスペインのデザイナーです。
フワっと編んだシルバーのハートや花がとてもキュートです。
値段も7,000円台からありますので、
お気軽に見に来てください。

夏の暑さに疲れたそこのあなた!
すてきなフルートの音色とオシャレなアクセサリーで
心の中から癒しませんか?
ぜひぜひ、ご来場をお待ちしています。

フルートコンサートは定員制になってるので参加ご希望の方は 
宝石工房KADA 0853-21-0510 にお電話ください。
まだまだ人数に余裕があります。

投稿者 kada : 10:10 | トラックバック

2005年08月19日

晩夏

最近、朝晩がめっきり過ごしやすくなりました。
特に朝は涼しくていつまでも寝ていられそうな感じです。
猛暑だった夏もさすがに秋の気配が感じられてきました。

私の大好きなユーミンの曲の中でもこの季節を歌ったものがあります。14番目の月というアルバムの中に収められているラストのナンバー「晩夏」という曲です。
ほんと今の時期にピッタリの曲ですよ。

ユーミンの曲の歌詞を辿っていくとその時の場面の色とか景色とかが浮かんできます。
そして自分自身もそのイメージの中に入ることが出来ます。
感情移入というか・・・自分をその歌詞の場面に置き換えられるといましょうか・・・
これは私の特技です。  ええ、30年来のユーミンファンですから(笑)

「晩夏」は確か、私が中学校3年生の時にNHKで放送されていたドラマ、銀河テレビ小説の「幻のぶどう園」に流れていた曲です。
ですからその時の夏のことまで思いだします。

「空色は水色に、茜は紅に・・・」と歌われているユーミンの「晩夏」はもうその色の表現だけでもなぜか「切なさ」が込み上げてきます。
ユーミンの曲の歌詞は私のボギャブラリーの基であり、疑似体験の宝庫です(笑)

今日はなんだか突然、「藍色は群青に、薄暮は紫に・・・」という懐かしいフレーズがふと頭に浮かび、思いがけず嬉しい1日となりそうです。


投稿者 kada : 17:53 | トラックバック

2005年08月13日

心に残る仕事

最近とても心に残る仕事をさせていただきました。

当店が一番得意とする立て爪ダイヤをひっかりのない普段使いのリングにするリフォームなのですが・・・
お客様のご希望は「極力そのリングの形を残してなるべくデザインも変えずに、『ただ普段にでもお守りのように身に付けていられるリングに!』リフォームしてもらいたい」とのことでした。

通常のリフォームとは全く逆のリフォームです。普通、立て爪のリングは幅も細く、その細い腕をそのまま使って、引っかかりのないリングをお作りするとどうしてもダイヤの部分が飛び出た感じになってしまいます。
リフォーム加工料も同じになりますし、その立て爪のプラチナのリサイクル分の地金代金がお安くなるのでお客様のご予算のことも思い、この立て爪のプラチナを一度溶かしての全面的なリフォームをおすすめいたしました。ダイヤの留まっている部分だけリフォームすることはかえって加工料が高くつきます。

お客様は値段の問題じゃなく、ともかくなるべくこの立て爪のまま引っ掛かりのないリングにリフォームなさりたいとのことでした。デザイン的なことを考えると少々頭を抱えるリフォームとなりました。

ここで当店の宝石職人渡部が頑張りました!
立て爪のダイヤを留めている大きな爪の部分だけを綺麗に切り取り、ダイヤを爪から外してそのダイヤを優しく大切に包み込むような引っ掛かりのない爪を新たに手作りしました。そしてあたかも以前からそのデザインだったかのように、違和感なくまた以前の立て爪のリングのウデにロー付け(溶接)しました。ほんと身内の手褒めになるんですが、見事な指輪に仕上がりました。こういう細かい仕事をさせたら日本一かもしれません。とにかくバランスよく普段使いできるリングとして生まれ変わりました。

お客様に喜んでいただけたのはもう言うまでもありません。
そして値段だけではなくお客様の価値観を大切に最優先しなくてはならないことを再認識させていただいた、私の記憶に残る指輪となりました。

「Nさま、遠くから当店にお出掛けいただき、たいへんありがとうございました。
お心遣いまでしていただきスタッフ一同感謝しております。最初お話させていただいたときは、まず値段のことばかり言って申しわけありませんでした。事情をお話いただき、これこそまさに当店の仕事だと思いました。
一生の心に残る仕事となりました。私はこういう仕事をするためにリフォームの仕事をさせていただいています。大げさに言うとこの仕事をするために生まれてきました。
こうして生まれ変わって普段使いできるようになったダイヤの指輪は必ずNさまのご家族を見守ってくれていると思います。そして普段からずっ~とそのダイヤの気配が感じられることこそ一番大切なことですよね。
ほんとに、ほんとにこの仕事をさせていただきありがとうございました。」


投稿者 kada : 17:51 | トラックバック

2005年08月12日

エンゲージリング

DSC04611.jpg

エンゲージリングをオーダーで作りました。
今日は友引なので納品させてもらいました。
お嫁さんになる方にとても喜んでいただいて、
こちらも嬉しくなりました。
おしゃれでとても素敵なカップルです。
いいですね~新婚さんって、一番いい時ですよね。
私ももう一度あの頃に戻りたい・・・。

ダイヤの指輪はセンターの石が0.5カラット。
枠にボリュームを持たせ更に2つずつメレダイヤも入れて豪華につくりました。
でも、石を伏せこんであるので普段にも使いやすいです。
最近はシンプルに華奢にってよくお客様が言われるけど
こういう風にしっかり枠があるのも素敵です。

石に合わせて、お嫁さんの指に合わせて、ワックスを削り作った
世界でひとつだけ、この方の為だけのリングです。
幸せな時の一端を担えた幸せな仕事でした。
どうぞ末永くお幸せに・・・♪

投稿者 kada : 19:10 | トラックバック

2005年08月11日

決算セール

DSC04580.jpg

学校の夏休みも半分が過ぎました。
うちの子ども達は何時になったら宿題にとりかかるのでしょう。

9日にはディスカバリーの野口さんが無事帰還し、
野口さんの記者会見には、個人的にすごく感動しました。
満ち足りて自信のある表情は夢を実現させた
達成感なんでしょうね・・・素晴らしかったです。
うちの子どもにも野口さんから何かを感じとって欲しい。

さてさて、店のほうでは決算セール開催中です。
8月31日までです。
年に一度の40%OFFセールですが、在庫商品については
交渉次第で更に安くなる商品もあるかも・・・。
チャンスですよ!
ご来店、お待ちしております。

投稿者 kada : 09:13 | トラックバック

2005年08月08日

職人の手

DSC04581.jpg

エメラルドリングの製作中です。
枠の鋳造が終わり、爪を4本ロー付けで付けました。
これを短く切って倒して留めます。
エメラルドの爪留めの注意点。
渡部曰く
「エメラルドは柔らかいけんね、女性を扱う時と一緒だわね。
エメラルドの気持ちになって、そっと優しく爪を倒していく。
ダイヤの時はダイヤの気持ちになって。
アメジストやガーネットもバカにしちゃいけん。
甘くみてると表面にヒビが入るからね。
その石になりきって仕事をしとるけんね。」

渡部は宝石を女性に例えて仕事をしているようです。
だから、この仕事を40年も続けてられるのか・・・。

投稿者 kada : 16:55 | トラックバック