2006年02月の投稿

« 2006年01月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月13日

ペアリングのオーダージュエリー

DSC04948.jpg

オリジナルのペアリングを作らせていただきました。
男性用のリングの素材はシャンパンゴールドという少し渋みのある色合いが特徴の18金を使い、さりげなく小さなブラックダイヤモンドを埋め込んでいます。
女性用はプラチナの素材を使い2個の大きさの違うブラックダイヤを埋め込みました。
ペアリングではあるんですが、それぞれのデザインが違うところに、これをオーダーしてくださったご夫婦の個性豊かな感性が溢れる作品です。

投稿者 kada : 17:51 | トラックバック

2006年02月09日

誇るべきKADAブランドの誕生

先日、「宝石工房日記」でもご紹介させていただいているのですが、インターネットを通じて遠方のお客さまよりダイヤモンドのペンダントネックレスの手作りオーダーのご注文をいただき、先日納品させてもらいました。

そのお客さまより嬉しいお便りとともにそのペンダントに名前をつけていただきました。
またその思いを言葉で表現してもらいました。
まさしく「ブランディングとコピー」です。
その内容の一部をここで紹介させていただきたいと思います。


『 今回改めて、6K(※)の刻印が入っていることを、すごく
嬉しく感じたんですよ。
きっと『自分にご褒美』と思っている人なら、この刻印って
すごく意味を持つのではないでしょうか。
この年は、こういうことで頑張ったから、加田さんにお願いして
自分だけの為に作っていただいたんだと思うと、記念になると
同時に、日々の励みにもなるし。

このペンダントを眺めていて、自然に浮かんできたキャッチコピーが
あるのですが、私の素直な感想がギュッと入っていますので、
一応書いてみますね。


自分にご褒美なら・・・

KADAオリジナル  EDITH  シリーズを!  ( エディス )

E  elegant        優美な、上品な
D  delicate       精緻な、繊細な 
I  intelligent    知的な
T  trendy         トレンディな
H  healing        いやしのある    』

※ 「6K」の刻印とはKADAのオリジナルの手作りのリフォームと
オーダージュエリーには全て、制作年とKADAの手作りを表す
刻印を打っています。このペンダントは2006年のKADAの
手作りの作品なので「6K」と刻印されています。

お客さまからこんな嬉しいお便りをいただき、スタッフ一同で大喜びです。そしてこのメッセージをきっかけにしてKADAの新しいブランドを作ることにしました。
誇るべき「EDITH(エディス)」シリーズの誕生です!!!!

また第一号が完成しましたら「宝石工房日記」の方でご紹介させていただきます。
こうした素敵なアイデアをいただいたお客様にスタッフ一同で感謝いたします。
なんだか「元気と勇気」が湧いてきたような気がします。

今の気持ちを忘れないように楽しく仕事していきますね。
「本当に、本当にありがとうございました!Yさま!!」


投稿者 kada : 20:07 | トラックバック

2006年02月08日

アメシストのリングのジュエリーリフォーム

DSC05026.jpg

今月の誕生石アメシストのリングのリフォームです。

かなり古いデザインのアメシストのリングをお手持ちの18金で、できるだけシンプルにジュエリーリフォームしました。
石そのものにかなりボリュームがあったので、リングのウデの中心を抜き、リングそのものにあまりボリュームが付かないように考えたデザインです。
このリングをリフォームさせていただき、アメシストの紫色と18金の金色とのコントラストの相性がとってもいいことを改めて感じました。
最近はどうしてもプラチナがメインのリフォームが多いのですが、この作品をお作りして18金の良さを再認識しました。紫とか赤は金色でその色合いが更に冴えて鮮やかに見えます。

ボリュームたっぷりの作品ですが、遊び感覚で普段使いしていただきたいリングです。
ねっ!Mさん!!


投稿者 kada : 21:41 | トラックバック

2006年02月05日

誇るべきkADAブランドの誕生

DSC05109.jpg

フルオーダーのダイヤモンドペンダントネックレスを作らせていただきました。

実はこのデザイン昨年この日記でも紹介させていただいた、当店のあるショッピングセンター「パラオ」の25年を記念して当店の特別企画品として手作りで作った商品です。
これを以前リフォームしていただいたお客様に見ていただき、なんと今回ご注文をいただき、改めて最初から手作りさせていただいた逸品です。
今週、納品させていただき大変気に入ってていただきました。
このようなシンプルでダイヤの輝きを最大限美しく見せる仕事こそ当店の一番得意とする仕事です。

そしてお客様からこのペンダントに名前を付けていただきました。

EDITH  エディス ジュエリー
E  elegant        優美な、上品な D  delicate        精緻な、繊細な
I   intelligent       知的な T  trendy      トレンディな
H  healing   いやしのある

本当に嬉しい限りです。
誇るべきkADAブランドの誕生です!!!!

投稿者 kada : 20:13 | トラックバック

2006年02月02日

ガーネットのペンダントのジュエリーリフォーム

DSC05098.jpg

DSC05099.jpg

お祖母さまから戴かれた古いガーネットのリングを普段ずっ~と身に付けていられるようにプラチナのペンダントにリフォームさせていただきました。
「デザインを出来るだけシンプルにジーンズにでも合わせられるように」とのご要望でしたので、四角いガーネットのカットに合わせてチェーンを通すところも四角くデザインしました。
一見したところ飾りがなにもない、正面から見たらガーネットだけしか見えないデザインなのですが、意外とこういうデザインを既製の物で探すとないところが魅力のペンダントです。しかもプラチナ!さりげなく贅沢です!!
革紐とかシルバーチェーンでも合わせられるようなクールなところが私的にお気に入りのペンダントです。

投稿者 kada : 23:07 | トラックバック