2007年11月の投稿

« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月28日

受け継ぐ心、そして大好きな仕事

前回紹介しました指輪はお母さんから『受け継がれた指輪』をリフォームさせていただいたものです。
こうして受け継がれていくジュエリーを作らせていただけることこそ、私の1番大好きな仕事です。

受け継ぐジュエリーには、託す心と、受ける心、両方の心があってこそ受け継ぐことができます。この心こそ、実際の宝石以上に価値のあることだと思っています。
時代によってジュエリーの価値やデザインは変わっていきますが、決してこの『受け継ぐ心』の価値は変わることはありません。当店はこの受け継ぐことのお手伝いができればといつも思っています。

そしてこの仕事こそ当店の原点でもあり、存在価値でもあります。

お客様からいただいたこの仕事からまた原点に立ち戻り、気持ちも新たに、次の新しい仕事に、丁寧に、
心を込めて、向かわせていただきます。

DSC06642.JPG


追伸  おかげさまでインターネットからたくさんのお問い合わせをいただき、デザイン的なご要望から「ほんとできなくて申し訳ありません。」とお返事することもかなり増えてきました。当店の力不足からお引き受けできない仕事もたくさんあります。本当に申し訳ありません。

投稿者 kada : 12:01 | トラックバック

2007年11月25日

プラチナ・ダイヤリングのジュエリーリフォーム

DSC06645.JPG
DSC06640.JPG

お母さんから受け継がれたダイヤの立て爪リングをリフォームさせていただきました。デザインは人気の5型の3番です。
このダイヤリングとセットリングとなるように昨日、紹介させていただいたブライダルリングを作らせていただきました。みんなの思い入れたっぷりのリングたちです。

投稿者 kada : 14:55 | トラックバック

2007年11月24日

プラチナ・ブライダルリングのオーダージュエリー

DSC06639.JPG
DSC06641.JPG

今月はブライダルシーズンでたくさんの結婚指輪を作らせていただきました。
V字型にデザインされたプラチナ製のブライダルリングを手作りさせていただき、ブルーダイヤ(これは天然ではなく着色したものです)を埋め込みで石留めいたしました。
男性用はあえてリングの裏の同じ位置にブルーダイヤを留めたのがこのお二人のオリジナルなところです。

投稿者 kada : 11:52 | トラックバック

2007年11月23日

プラチナ・ブライダルリングのオーダージュエリー

DSC06659.JPG

シンプルなプラチナ製のブライダルリングをお作りさせていただきました。
不要になったプラチナジュエリーをお持ちでしたのでその地金もリサイクルさせていただき、指輪の幅は比較的細く、一見すると華奢に見えるのですが、実はボリュームたっぷりに厚みをつけたのが特徴のブライダルリングです。ダイヤを1個かわいくセンターに彫り留めいたしました。

投稿者 kada : 10:09 | トラックバック

2007年11月22日

プラチナ・ブライダルリングのオーダージュエリー

DSC06657.JPG

お客さまがお手持ちだったピンクダイヤとホワイトダイヤの石を使わせていただき、プラチナ製のブライダルリングを手作りさせていただきました。
ダイヤの美しさが引き立つように、しかもブライダルリングですから石が外れることのないように、シンプルな表面の丸いリングをお作りして、そこにダイヤを埋め込みました。ダイヤの大きさに合わせてそれぞれのリングの幅を決めさせていただき、ダイヤを見せることを1番に考えたブライダルリングです。

投稿者 kada : 14:10 | トラックバック

2007年11月20日

プラチナ・パールリングのジュエリーリフォーム

DSC06174.JPG

14ミリの白蝶貝の大粒南洋真珠の一粒ペンダントをプラチナ製のリングにリフォームさせていただきました。
真珠の両サイドにハートシェープカットのダイヤモンドをつけたのが特徴のデザインです。
このお客さまのさりげない遊び心が楽しいリングとなりました。

投稿者 kada : 12:55 | トラックバック

2007年11月13日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC06173.JPG

オーバルカットのダイヤモンドを当店で取り揃えさせていただき、これを人気の5型の3番のデザインで手作りさせていただいた指輪です。
Dカラーという1番白いダイヤを選んでいただき、普段使いができるようにしたシンプルリングです。

投稿者 kada : 10:52 | トラックバック

2007年11月12日

プラチナ・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC06196.JPG

プラチナ製の小さいダイヤが散りばめられたファッションリングをリフォームさせていただきました。
メインになるエメラルドカットの角ダイヤを当店で揃えさせていただき、お客さまと一緒になって「あ~でもない、こ~でもない」と楽しくお話ししながら考えたデザインです。

このデザインのポイントは元々お持ちだった小さいダイヤをリングサイドにうまく彫り留めしたところです。
お客さまがお持ちのジュエリーの中で一番のお気に入りの逸品となりました。
なんせお客さま自身の手によるジュエリーデザインですからね!!

投稿者 kada : 10:50 | トラックバック

2007年11月11日

祝!改装オープン!!

本日、11月11日 日曜日 大安は
出雲の乾物店「松ヶ枝屋」さんの実店舗の改装オープンの日です。
当店が入っているショッピングセンターパラオより徒歩で5分のところにお店があります。

この「松ヶ枝屋」さんは出雲でのインターネット販売の先がけのお店でもあり
私自身も松ヶ枝屋さんのご夫妻と出逢わなければ
今のような宝石工房KADAのホームページは存在 しなかった!と思っています。

それだけ当店にとって、本当に大切な存在のお店でもあり、そのホームページを時々覗かせていただき、当店も頑張らなくては!!といつも元気をいただいています。

そんな「松ヶ枝屋」さんの改装オープン!!
素敵に見違えったお店にお伺いするのがほんと楽しみです!!!


投稿者 kada : 12:11 | トラックバック

プラチナ・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC06397.JPG

プラチナ製のダイヤの立て爪リングをリフォームさせていただきました。
シンプルに、でもさりげなくゴージャスにお出掛け用のリングにリフォームです。

元々お持ちだったダイヤがとっても美しく輝く0,5カラットの大きさのもので、その両端にやはり同じくらいに綺麗に輝く0,5カラットのダイヤを取り揃えてあわせました。シンプルに極力、爪が目立たないようにしたジュエリーリフォームです。
写真ではダイヤがボヤケて映っていますが実物はほんと美しく輝くダイヤモンドで、付けているとその輝きで爪の位置がわからなくなり、ダイヤだけが指輪の上にちょこんと置かれて、輝いているように錯覚して見えるリングとなりました。

真ん中のダイヤを両脇のダイヤが支えている、この微妙なデザインの感じが、これを身に付けるお客さまのキャラクターに何だかとてもピッタリで、「ほんと客様のためのお互いが支え合う指輪ですね~!!」と、これまた、その言葉がお互いのツボにはまった感覚が嬉しくて、大笑いしながら納めさせていただきました。(ちょっと意味不明な感覚的な文章になり、スミマセン)

ほんと、素敵な、かけがえのない指輪となりました。


投稿者 kada : 11:11 | トラックバック

2007年11月10日

プラチナ・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC06392.JPG

御祖母さまから頂かれたプラチナ製の背の高いダイヤの立て爪リングを、そのお孫さんになられるお客さまが「普段使いに、そしてお守り代わりにと」、リフォームさせていただきました。

50年以上前のダイヤは小さくてもとっても高価なものでした。ですからお預かりした時も当時のケースに保管されて、今までとっても大事にされてきたことが伝わる指輪でした。
このダイヤの受け継がれてきた輝きを最大限生かして、普段に使えるために当店がおすすめしたデザインがこの写真の人気の5型の3番です。
ダイヤの大きさに係わらずどんなサイズのダイヤでも美しく見せることができるデザインです。
でもデザインよりも、このダイヤに込められた想いは何物にも変えることのできない輝きだと思います!!

投稿者 kada : 10:42 | トラックバック

2007年11月09日

プラチナ・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC06408_edited.JPG

宝石工房KADAの定番!人気の5型の4番でのジュエリーリフォームをさせていただきました。
元々は背の高いプラチナ製の立て爪リングと同じくプラチナ製の小さなダイヤが散りばめられたファッションリング(この言葉自体がなんだかすでに懐かしい響きを感じますが・・・それだけ私自身も歳を重ねたということですかね~(笑)・・・・)だったものをリフォームさせていただきました。
定番中の定番デザインなのですが、リングの両サイドのウデに小さいダイヤを埋め込むだけで、また感じが違うリングに見えてしまうから不思議です。

投稿者 kada : 10:40 | トラックバック

2007年11月08日

プラチナ・サファイヤリングのジュエリーリフォーム

DSC06436.JPG

お客さまのお母さんから受け継がれたサファイヤの4本爪のリングを普段から使えるようにリフォームさせていただきました。
元々の枠にダイヤも4個ついていたのでそれも両サイドに2個づつ彫り留めいたしました。
ウデのデザインが特徴的なリングとなりました。

投稿者 kada : 10:38 | トラックバック

2007年11月07日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC06429.JPG

数ヶ月間も途絶えてた当店でお作りしたジュエリーの写真のご紹介をまた少しづつしていきますね。
ボチボチがんばりますッ!!

1カラットのマーキーズ・ブリリアントカットのダイヤを当店でお買い上げいただき、その石に合わせて普段使いができて、引っ掛かりがないリング枠をプラチナで手作りさせていただきました。

1カラットの大きさとなると、通常かなりリング自体のボリュームがでるのですが、このマーキーズカットのダイヤはそのカットの特徴から横に使うとリング幅がとっても細く作れます。そのため普段使いのリングをお作りするには1番適したカットだと思います。
マーキーズカットのダイヤは誰が見ても華やかと感じる丸いラウンドカットと違い、そのカットの奥底で「キラッ、キラッ」と閃光のように輝く、大人の雰囲気を持つダイヤモンドだと思います。個人的にもとっても大好きなカットです。

投稿者 kada : 11:35 | トラックバック