2008年10月の投稿

« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月30日

プラチナ・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC07835.JPG

DSC07836.JPG

DSC07838.JPG

DSC07839.JPG

DSC07841.JPG

プラチナ製の0,22カラットのダイヤの立爪リングをジュエリーリフォームさせていただきました。
デザインは人気の5型の3番を少しアレンジしたものです。
このお客さまの御姉さんが、最初に当店でやはりダイヤの立爪リングをジュエリーリフォームしていただき、そのリングを見られた妹さんであるお客さまが「私も!!」ということでリフォームさせていただきました。
とっても嬉しい仕事となりました。

今回はダイヤの立爪リング以外にも不要のプラチナ製のリングを2本お持ちでしたので、それも合わせて3本のリングのリサイクルできるプラチナの範囲でリングを作らせていただきました。ですから金額の方も加工料のみで完成しています。

■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 10,500円
※石留め加工料は石の大きさ、形によって異なります。
■リフォーム代金合計 29,400円

投稿者 kada : 12:17 | トラックバック

2008年10月24日

プラチナ・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC07613.JPG

DSC07614.JPG

DSC07616.JPG

DSC07618.JPG

お客さまが社会人になってご自分のお給料で初めて購入された、18金製のダイヤが10個ついたダイヤモンドクロスペンダント。この思い出のペンダントを今回そのダイヤモンドをお使いして、プラチナ製のリングにジュエリーリフォームさせていただきました。

「デザインは普段使いができて、引っ掛かりがないものを!」とのご要望から、当店の人気の5型の5番を基本にリフォームいたしました。クロスペンダントの中の1番大きいダイヤをセンターに石留めして、それ以外のダイヤの中でサイズの合わないものを1個だけ除き、大きさの順に左右に4個ずつ埋め込みで石留めいたしました。

シンプルなデザインなのですが、リングの細かい厚みや幅、ダイヤとダイヤの石留めの間隔にこだわり、お客さまとたくさんの楽しいメールのやりとりをして完成した納得の逸品です。

今回はお客さまのダイヤだけを使わせていただいたリフォームで、元々の18金製のペンダント枠は返却して、当店でプラチナをご用意いたしました。

■基本加工料 18,900円
■センターダイヤ石留め加工料 10,500円
■サイドダイヤ石留め加工料 2,100円×8個=16,800円
■プラチナ代金 完成グラム 6,0グラム×7,350円=44,100円
※プラチナの代金はご注文時のプラチナ相場価格から計算した当店独自のプラチナ価格です。
■リフォーム代金合計 90,300円

投稿者 kada : 10:13 | トラックバック

2008年10月22日

K18・ピンブローチのジュエリーリフォーム

DSC07674.JPG

DSC07676.JPG

DSC07677.JPG

松江市にお住まいで、うちの掛け軸の表装などの修理をお願いして、お世話になっている方からのご依頼のジュエリーリフォームです。

表具師という仕事柄、古いものと接する機会が多いこのお客さまは、おそらく江戸時代あたりに作られた「鶴の飾り金具」をお持ちで、今回これをピンブローチにリフォームさせていただきました。鶴の飾り金具自体の素材はなにか不明でしたが、なんとか18金の針を溶接することができました。
お客さまの奥さまのジャケットの襟元につけられるとほんと素敵なピンブローチとなりました。私的にも、とっても嬉しい、楽しいリフォームとなりました。

■18金針加工(留め金具付き)と溶接代金で5,250円のリフォームです。


投稿者 kada : 13:59 | トラックバック

2008年10月21日

プラチナ・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC07638.JPG

DSC07624.JPG

DSC07628.JPG

DSC07632.JPG

今月は彫り留めリングのご紹介のオンパレードです。
プラチナ製の立爪ダイヤリングとV字型のダイヤが5個留められたリング2本を1本にまとめて、シンプルなデザインのリングをお作りして、その上に合計6個のダイヤを一直線に彫り留めいたしました。
ちょっと豪華で、ひっかかりのない、普段使いのできるリングが出来上がりました。

とにかくダイヤの連続感がでるように、ダイヤとダイヤの間をなるべく空けずに石留めさせていただきました。そのおかげで以前のリングに比べ、ダイヤの輝きがよりいっそう増したように見える、シンプル・ダイヤリングにリフォームできました。
もちろん輝く1番の理由はお客さまからお預かりしたダイヤがとても綺麗に美しいかったおかげです!!

■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 3,150円×6個=18,900円。
■プラチナ不足代金 リサイクルグラム 8,4グラム(お手持ちのプラチナ)×0,7=5,8グラム
             完成グラム 7,8グラム
             不足プラチナグラム 7,8グラムー5,8グラム=2,0グラム 
             不足プラチナ代金 2,0グラム×6,300円=12,600円
※プラチナの代金はご注文時のプラチナ相場価格から計算した当店独自のプラチナ価格です。
■リフォーム代金合計 50,400円

投稿者 kada : 17:47 | トラックバック

2008年10月20日

秋の青空

DSC07775.JPG

昨日はお休みをいただき、うちの高2の長男の通っている学校の学園祭に行ってきました。
普通は車でそのまま学校まで乗り付けるのですが、昨日は天気もよく、中1の次男と一緒に久々に一畑電車に乗って、しかも学校の最寄の駅から1時間ほど田んぼの中のあぜ道を歩いて行ってきました。
上の写真はその時のあぜ道から見た秋の空です。ほんと背景もなにもなく空の青しか写っていないのですが、その青の綺麗なことと言ったら・・・普段の何気ない、気にも留めないようなことに少し感動させられ、その青さをもし伝えられたらと思ってこの写真を撮ってみました。

最近、カリフォルニアに在住されている日本人の方からリフォームの仕事をいただきました。ほんと嬉しいことで、インターネットならではのご縁の仕事と感動しています。インターネットもですがこの青空もカリフォルニアまで繋がっているんですよね~。


投稿者 kada : 10:18 | トラックバック

2008年10月18日

柊 ひいらぎのペンダントに奮闘中です。

DSC07774.JPG

只今、柊のペンダントのワックスモデルの制作に奮闘中です。
お子さまのお誕生の記念(来月11月のご出産予定です)にペンダントをというご依頼で、お客さまのお家にあった柊の葉っぱをわざわざ当店に持ってきていただき、それを見ながらワックスモデルをお作りしています。予定ではそのペンダントのどこかに11月の誕生石であるトパーズを付けることになっています。

おかげさまで、現在もたくさんの仕事をいただき、周囲では「自己管理ができないため仕事を溜めた!」とか・・・「日記を書く前にやらなければいけないことがあるだろ!~~~」との声が(泣) ほんと忙しい日々を過ごさせていただいています。でもどうしても、このお客さまにお持ちいただいた柊の写真をここに留めておきたくて・・・・ハイ今から気合を入れて頑張ります!!(笑)

投稿者 kada : 10:14 | トラックバック

2008年10月15日

プラチナ&K18ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC07719.JPG

DSC07720.JPG

DSC07722.JPG

DSC07723.JPG

DSC07734.JPG

昨日ご紹介したお客さまには後日談がありまして・・・・・
リフォームはとても気に入っていただき、普段使いにセットリングとして2つ重ねて着けていだいていたのですが、やはり元々のリングの30個のダイヤは1づつは小さく、お客さまにとっては少しボリューム不足の感が・・・前回リフォームしたリングの余ったプラチナも残っていたもので・・・・ええ、少し調子に乗っていただき(笑)
その余ったプラチナをお使いしてまたリフォームしていただきました。

今回も前回と同じダイヤのシンプルリングのリフォームです。前回は「彫り留め」でダイヤの連続感のある石留めをさせていただいたのですが、お客さまが「同じじゃ面白くない!」とのことで、今回はリングの幅に合わせて1個、約0,07カラットと少し大きめのダイヤを「埋め込み」という石留め方法で全部で5個、ダイヤとダイヤとの間隔を開けて留めさせていただきました。
リングは幅4ミリ、厚さ2ミリのボリュームです。
金額の方はプラチナがまだ5グラムほど余っていたものですから

プラチナリングが
■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 2,100円×5個=10,500円
■プラチナ不足代金 リサイクルグラム 5,0グラム×0,7=3,5グラム
             完成グラム 7,0グラム
             不足グラム 7,0グラムー3,5グラム=3,5グラム
             不足グラム代金 3,5グラム×6,300円=22,050円
※プラチナの代金はご注文時のプラチナ相場価格から計算した当店独自のプラチナ価格です。
■ダイヤ代金 0,07カラット 8,400円×5個=42,000円
■リフォーム代金合計 93,450円

18金リングが
■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 2,100円×5個=10,500円
■18金代金 完成グラム 5,0グラム×5,250円=26,250円
※18金の代金はご注文時の金相場価格から計算した当店独自の18金価格です。
■ダイヤ代金 0,07カラット 8,400円×5個=42,000円
■リフォーム代金合計 97,650円 となりました。

ほんと、シンプルなのですがボリュームたっぷりのリングで、2本で重ね着けすると幅が8ミリにもなります。これにはお客さまも大満足していただきました。ちなみに昨日ご紹介した2つのリングは現在、サイズ直しをさせていただき、お客さまのお嬢さまの指で輝いています。

投稿者 kada : 12:50 | トラックバック

2008年10月14日

プラチナ&K18ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC07529.JPG

DSC07530.JPG

DSC07531.JPG

DSC07532.JPG

DSC07537.JPG

プラチナ製のバブル期にお買い上げになった小さいダイヤが30個も埋め込まれた豪華な、かなりデザインの凝ったリングをジュエリーリフォームさせていただきました。

「豪華すぎてなかなか普段にできない!」とのお客さまのご要望を受け、幸いに使われている小さいダイヤが全て同じ大きさだったので、それを15個づつ分けて、プラチナと18金のシンプルリングをお作りしました。石留め方法は当店得意の彫り留めです。1本でもできますし、2本重ねてもできるようになっています。
リングの幅は2,8ミリ厚さは1,8ミリでお作りしています。

プラチナは元々のリングのグラムの範囲でリサイクルさせていただき、18金は当店でお買い上げいただきました。今回の金額は
プラチナリングが
■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 1,050円×15個=15,750円
■リフォーム代金合計 34,650円
18金リングが
■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 1,050円×15個=15,750円
■18金代金  完成グラム 3,2グラム×5,250円=16,800円
※18金の代金はご注文時の金相場価格から計算した当店独自の18金価格です。
■リフォーム代金 51,450円
2本のリフォーム代金の合計が86,100円となりました。

リングを横から写した3枚目の写真がかなりピンボケの写真となりました。もっと美しく、綺麗に撮れるよう努力をすなければ!!

投稿者 kada : 11:39 | トラックバック

2008年10月13日

ありえない立地!?のモンベル

DSC07767.JPG

昨日は、久々にお休みをいただき、うちの奥さんに連れられてモンベルというアウトドア用品のお店のフレンドフェア(家族販売会ような割引フェア)に行ってきました。

このモンベルのお店、鳥取県の大山(だいせん)という山の中腹、大山寺というところにあり、近くにはスキー場がたくさんあります。確かお店の建物は以前、休憩や食事、おみやげを販売していた観光センターだったような記憶が・・・ほんとこの立地にモンベルのお店ができたことに私自身はビックリしました。

場所的にスキーや登山のレジャーや観光の目的でなければ、なかなか人の行かないところなのです。観光シーズンやスキーシーズン、連休であればともかく、おそらく平日はほんと人影がまばらだと思われるところにモンベルのショップが突如できたのです。

緻密な経営戦略の元にオープンされたのか、はたまた社長の趣味?・・・なんてことはないとは思いますが、この立地にショップをオープンされたことにビックリすると共に、あえて集客が難しい立地(行きたい人はうちの家族のように喜んで行くのですが・・・)にこのショップがあること自体に、なんだか私自身、勇気とやる気をいただきました。「当店もわざわざ遠くからでも足を運んでもらえるお店になる努力をしなくては!!」 と。 
ええ、もちろん勇気とともに靴もゲットして帰ってきました。

投稿者 kada : 10:45 | トラックバック

2008年10月09日

K18・ルビーリングのジュエリーリフォーム&2008Webあきんど養成ジムへのチャレンジ

DSC07576.JPG

DSC07578.JPG

DSC07579.JPG

18金の小さいルビー4個ずつ使い、お花の形にデザインされたリングとペンダントを一緒にして、シンプルな普段使いのリングを作らせていただきました。
「赤い石は厄除けとなる」と昔から言われているもので、この8個の赤いルビーを使ったリングは厄除けのお守りの指輪となりました。
石留め方法は当店得意の「彫り留め」です。石の大きさと、厚みがバラバラでしたので、これをひとつひとつ石の入る穴の大きさ、深さを調整しながら、なるべくルビーとルビーの間のすき間を開けないようにした、石の留め方に細心の注意を払った作品です。連続感のあるルビーの石留めによって、より「さり気なく!」というお客さまのご要望にかなった指輪になったと思います。

今回も18金はお手持ちのものだけを使いリフォームさせていただきました。ですから金額の方も
■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 2,100円×8個=16,800円
■リフォーム代金合計 35,700円 となりました。

昨日、このリングをお客さまのいらっしゃる出雲市のとなりの松江市までお届けに行きました。実は松江に行ったのにはもうひとつ目的があり、昨日からこのホームページが誕生するきっかけとなった「Webあきんど養成ジム」の2008年度の講習が始まり、それに私自身が参加をするためです。以前は私の奥さんが参加していたのですが、今回、気合を入れて私自身が初めて講習を受けてきました。

今日のリフォームの写真がいつもの角度以外のものを載せているのは、そこから学んだことです。「お客さまにいろいろな角度からの写真でより多くの情報を伝えることが大切!」との教えからです。
また写真の綺麗さで「写した人がどれだけその作品を愛しているかが表れる!」と教えられました。
ええ、教えを戴いているのは、今回、このWebあきんど養成ジムのスーパーバイザーであり、株式会社 カンドウコーポレショーン 代表取締役社長兼CEO エグゼクティブ・ビジネスデザイナー 福原勘二 さんです。←あえて「先生」ではなく「さん」と紹介させていただいたのは「先生と呼ばれるのは60過ぎてからでいい」(本人談)とのことですので・・・・
ハイ!福原さんがおっしゃるとおり、今の当店の写真はご覧の通り「愛の伝わらない」私が写したヘナチョコ写真です(泣)、でも「愛は絶対にあります!!」この講習が終わる頃にはきっとリフォーム写真を見ていただける方に「おっ!写真の撮り方が変わったね!」と言っていただけるような「私の愛が伝わる写真」を載せられるように頑張ります。

また少しづつではありますがこのホームページも新しく変身させていきますね。またその都度ここで変身ぶりを報告させていただきます。
ええ、ぜひ期待してくださいませ!!周囲ではまた「空回りしてからに~」との声も聞こえますが・・・
「写真から、文章から、ホームページ全体から、ヒシヒシと愛が伝わるように」頑張りますとも!!←すでにかなり空回りです。多分昨日の講習ではもっと大切なことがたくさんあったような気が・・・・(笑)

投稿者 kada : 13:13 | トラックバック

2008年10月08日

K18・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC07372.JPG

DSC07370.JPG

お客さまのお手持ちの18金のダイヤのリングやネックレスなど4本分のジュエリーをひとまとめにしてシンプルなダイヤリングをお作りさせていただきました。

人気の5型の2番のデザインを基本に、リングの厚みはしっかりつけて、表面は小さいダイヤが彫り留めしやすいように少し平たくして、左右に5個づつ石留めさせていただきました。ちょうど人気の5型の1番と2番の間のようなデザインとなりました。

今回も18金はお手持ちの範囲でお作りさせていただきましたので加工料のみの金額で完成しています。
■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 センターダイヤ 10,500円
           サイドダイヤ 1,050円×10個=10,500円
■リフォーム代金合計 39,900円

投稿者 kada : 10:59 | トラックバック

2008年10月07日

バランスその2

前回に引き続きバランスのことなんですが←引きずってどうよ!との声が(笑)
やはり「自分自身がどう受け止めるか」がほんと重要だと思います。
プラチナの相場をはじめ、周りの商環境や会社の売上等々、刻々と変化をすることを、どう受け止め、どう行動するか、ほんと対処が難しく、いつも頭を悩ませることなんですが・・・・

やはりここは原点に還って、
まず当たり前なのですが生きていなければ何も始まりません。
1人ではなにもできません。
皆さまがおられるので私も存在できますし、皆さまの助けがなければ仕事もできません。
そして健康、これは家族が皆、健康でなければ一生懸命仕事もできません。
家庭が仲良く穏やかでなければいい仕事はできません。
自分自身に心の余裕がなければお客さまと楽しいお話もできません。
何かに追われるようにいつも忙しくしていては、お客さまの気持ちをわかってあげることもできません。
ほんとささやかな望みなんですが、実際に病気になってしまうとこのささやかな望みすら
かなえることができません。また現実には実際に身近な方が今でも病気と闘っておられます。

おかげさまで今の私には健康な体があり、
皆さまのおかげで仕事をさせていただくことができます。

この原点に還って、あとは自分自身が物事をどうとらえるかなのですが・・・・

ええ、いつも穏やかで、怒ることなく、絵顔でチャーミングでいられますように!!
やはりこうなるためには「敵は我にあり」ですね(笑)

今回はほんと、しょうもない独り言ですので皆さまご勘弁を・・・・・


投稿者 kada : 11:05 | トラックバック

2008年10月04日

バランス

昨日はプラチナ価格の急激な変化のことから自分自身の商売のバランス感覚について書きましたが、ほんと最近、つくづくバランスは大切だな~と思います。

商売的にも近年、周囲の環境も激変し、価値観も様々になってきました。またみんながそこそこ気持ち的にも金銭的にも余裕があった時代が過ぎて、今はなんだか少し「イタい」時代になってきたように思います。ただ、そこで「イタい」と思うか思わないかは自分自身の捉え方ひとつだと思っています。
この自分自身の捉え方のバランスを保つことはほんと大事なことだと痛感しています。

こうして商売をしていますと、やはりお金の問題は付いてまわります。無借金で資産も充分あり長い目での投機的な商売ができればいいのですが、やはり当店もご多分に漏れず銀行借金はありますし、会社の経営的にも目標数字をクリアしなければスタッフにお給料も払えない状態にもなります。おおげさに言うとお金の奴隷状態でもあります。片方ではやはりお客さまに喜んでいただける商品・リフォーム・サービスを「信用第一」を商売の礎としてやってきています。
結局、自分自身が商売をどう捉えるかだけだと思います。「お金が欲しくて商売をするのか」「お客さまに喜んでいただけるために商売するのか」本当は後者だけを思って商売をしたいところなのですが、正直なところ今の当店はこの両方のバランスをとって商売をしなければなりません。
なんだかとりとめのないことを書いてしまいました。

いま、私自身が仕事の原点に戻って考える時期になったようです。自分自身が現状をしっかり受け止め、バランスをとりながら行動をしなければと思います。
あんまり我慢をしすぎてもいけませんし、かといって好きなことばかりしていてもだめですし、結局は普段どおりかもしれませんし・・・・・
う~~んバランスは難しい・・・・修行不足ですね(笑)

投稿者 kada : 10:48 | トラックバック

2008年10月03日

プラチナ相場急下降

ここのところ急激にプラチナ価格の相場が下降しています。
ここ3年間くらいで徐々に金額が上がっていたプラチナ相場は今年に入り高騰し、3月には田中貴金属の小売価格が7,589円だった時もありますが、本日の価格は半分以下の3,507円となっています。

これはサブプライムローン問題に端を発するアメリカの株価の下降や経済状況の変化を受けてのことだと思われます。
特にプラチナは宝飾品としての需要以上に自動車を製造する為の需要が高く、日本の販売台数も低下しているのですが、昨日発表された9月の米自動車販売台数が17年ぶりの低水準に落ち込んだことを受けての相場の下降のようです。
需要が多いということは高いお金を出しても欲しい人がいるということで、需要が少ないということは誰も欲しがらないので値段が低くなるということですよね。経済は単純にこれだけの問題ではないとは思うのですが当店の仕事としましては・・・・

プラチナ相場価格が下がるということはおのずとジュエリーの金額も下がります。リフォームなどはかなりプラチナ代金の占める割合が高いので、この価格が低くなると本当に加工料に近い、お手ごろな金額でリフォームができます。当店のリフォームはその日の相場価格に連動してプラチナ価格を決めますので3ヶ月前のご注文と比べるとかなり金額が違っています。

これはお客さまにとっても、当店にとってもとっても嬉しいことなのですが・・・・その根本的な理由が経済の低迷、景気の後退によるものとなると・・・・ほんと考えさせられます。ハイ。。
逆の意味で言えばプラチナ相場が高いということはそれだけお持ちの宝飾品の価値も上がるということですので・・・・ここのところのバランスはほんと難しいと思います。

当店の仕事としましては貴金属相場の金額ばかりはどうしようもないことですので、その時々の相場に合わせて、ひとつひとつ丁寧な、真面目な仕事を心がけるしかありません。ただその変化があまりにも急激なので、こんな時こそ、そこで一喜一憂することなく、初心に戻り、全体の流れを鳥のように上から俯瞰でき、虫の目のように物事を掘り下げられる両方のバランス感覚を失わないようにしなければと思う本日です。
う~ん、言うのは簡単なのですが(笑)

投稿者 kada : 10:07 | トラックバック

2008年10月02日

プラチナ・ルビーリングのジュエリーリフォーム

DSC07581.JPG

DSC07582.JPG

G型のルビーのたくさん留まったピアスのルビーをお使いしてプラチナ製のリングを作らせていただきました。
不要のプラチナリングとネックレスをお持ちでしたのでその範囲内でできるリングを考えさせていただきました。

ルビーは小さいものが左右で合計20個あり、幸い、ダイヤのように正面から見ると真円なカットがされている石でしたので、ダイヤのエタニティーリングをお作りすると同じように、当店得意の彫り留めで20個すべてを石留めさせていただきました。幸い、と書いたのは、これが楕円形のルビーですと、この連続した彫り留めが当店ではできないのです。プラチナの部分が少ししか残らないくらいにほとんど全周にルビーが留められている個性的なリングとなりました。
またこの写真でもおわかりになるようにリサイクルできるプラチナのグラムの範囲が許す限り、リングの厚みをしっかり、たっぷりとらせていただき、指なじみ(リングの内側の角を丸く削り、リングの裏側と指のなじみをよくすることです)も充分以上につけさせてもらいました。
ちょっと既成のジュエリーにはない、お客さまのオリジナリティー溢れるジュエリーです。

今回もこのリフォームは加工料のみで完成しています。ちなみにお値段は
■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 1,050円×20個=21,000円
■リフォーム代金合計39,900円となりました。
※石留め加工料は石の大きさ、サイズ、形状によって違います。もちろん石の留め方によっても加工料が違ってきますので、お手数ですが必ずお見積もりをお問い合わせくださいませ。

投稿者 kada : 10:30 | トラックバック

2008年10月01日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC07669.JPG

記念のプラチナ製のダイヤモンドリングを作らせていただきました。
何の記念かというのはお客さまのヒ・ミ・ツだそうです(笑)

0,311カラット・Gカラー・SI-2クラス・エクセレントカットのとっても綺麗に、美しく輝くダイヤモンドをお使いして、プラチナをたっぷり使って制作させていただきました。
デザインはお客様自身の提案で、「さり気なく、でもダイヤが綺麗に輝き、普段使いにOKなリング」をテーマに一生懸命考えさせていただきました。
ええ、今もお客さまの中指でいい感じで輝いていると思います。なんせ「記念のヒ・ミ・ツの指輪」ですから(笑)


投稿者 kada : 17:08 | トラックバック