2010年09月の投稿

« 2010年08月 | メイン | 2010年10月 »

2010年09月18日

お~~っ!桑沢の同級生がテレビに!!

昨日の朝、なにげなくテレビを見ていたところ、桑沢デザイン研究所での学生時代の同級生がテレビに出ていてビックリ!!
その同級生の横で、テニスの杉山愛さんとタレントのビビる大木さんが木彫りのクマと椅子のリフォームを!!NHKの「イキだね!私の東京時間」という番組での特集の一場面でした。

同級生は北品川に「ハレルヤ工房」という工房をもっていて、そこで家具などのリメイクやらアレンジ、作り物などなど・・・「つくる・手を加える」ことをしています。素敵な工房でいろんなものを創り出しているようです。

卒業して20年以上も合っていないのですが、当時と変わらない気持ちで、つくることを楽しむ、同級生の頑張る姿がなんだかとっても眩しく、嬉しい気持ちになりました。

たまたまテレビを見て、しかもNHKBS2(笑)、この偶然の素敵なご縁に感謝しながら、
さあ!今日も元気につくりの仕事にかかりましょう!!

投稿者 kada : 11:09 | トラックバック

2010年09月15日

プラチナ・ダイヤリングのジュエリーリフォーム

DSC05444.JPG

DSC05465.JPG

お母さまから譲り受けられたプラチナ製のダイヤが5個、横に一直線にレール留めという方法で石留めされた、一文字タイプと言われるリングをリフォームさせていただきました。

基本的なデザインは以前のリングと変わりませんが、変わったのはプラチナのリング枠のボリュームです。
元々のリングはダイヤの大きさに比べて、幅や厚みがかなり厚く、「ボッテリした感じ」(お客さま談)のリングでした。お預かりしたダイヤの寸法をお計りして、そのダイヤが彫り留めができるギリギリの幅で、厚みもダイヤの厚さの許す限り、できるだけ薄くしてお作りしたリングが写真のリングです。

デザインはほとんど変わらないのですが、お客さまの身に付けた時のフィット感をとことん追求されたこだわりの逸品となりました。「シンプルにダイヤの美しさを際立たせる」ことが得意の、まさしく宝石工房KADAらしい仕事となりました。


投稿者 kada : 10:44 | トラックバック

2010年09月08日

プラチナ・ダイヤリング&K18ブライダルリングのジュエリーリフォーム

DSC05500.JPG

おかげさまで先月もたくさんのジュエリーリフォームの仕事をいただき、元気に納期に追われる(笑)、毎日を過ごさせていただいています。段取りが悪いだけだとの周囲の声もありますが・・・・負けずに(笑)気合いを入れて一気に頑張りたいと思います。

以前、インターネットを通じてリフォームの仕事をさせていただいた、新潟のお客さまからとっても嬉しい仕事をいただきました。
写真の左のプラチナ製のリングが婚約指輪で、右の18金製のペアーリングが結婚指輪です。お二人のお祖母さまや、お母さまから受け継がれた想いの込もった、プラチナや18金製のジュエリーをお使いしてこの3本のリングを作らせていただきました。

それぞれの指輪のデザインはお2人だけしかわからない、想いの込められた「かたち」になっています。
「このリングたちと共に、2人の人生は今始まったばかり!どうか、どうか、お幸せに!!」

投稿者 kada : 10:14 | トラックバック