2011年08月の投稿

« 2011年07月 | メイン | 2011年09月 »

2011年08月29日

カメレオン・ダイヤモンド石留め

DSC07726.JPG

先日、ここでご紹介した美しく輝くカメレオン・ダイヤモンド。そのダイヤに合わせた18金の4本爪枠のキャスト(鋳造)が上がりました。写真はこの枠の上にカメレオン・ダイヤを載せてみたところです。
ダイヤの強い黄味を帯びた、ライト・グレー・グリーンカラーと18金枠との色合いの相性もバッチリ!!予想通り、いや、予想以上に更に輝きを増す取り合わせとなりました。これから枠をピッカ、ピッカに磨いて、気合を込めて石留めをさせていただきます。頑張ります!!

投稿者 kada : 10:55 | トラックバック

2011年08月28日

プラチナ・ダイヤモンドリングの磨き直し

DSC07799.JPG
磨き直し前

DSC07832.JPG
磨き直し後

ジュエリーの磨き直しが続きます。
プラチナ製のダイヤが3個、横並びに彫り留めされたリングを磨き直しさせていただきました。
磨き直し前の写真でもわかりますように、普段から毎日ずっと身に付けていらっしゃるので、表面に細かい小さなキズが付き、全体的にプラチナの表面が白くなったように見えます。

磨き直し後の写真は、綺麗に磨き直しをして本来のプラチナの鏡面仕上げにしたものです。
このリングを見るとダイヤモンドにプラチナの地金が覆いかぶさるようになっているのがわかります。これはプラチナ素材の粘り強さの証でもあります。18金で作っていれば、毎日の使用によって、爪が磨り減り、おそらくダイヤは外れてしまっている可能性が高いのですが、プラチナの場合、特有の粘り(お餅の粘りのような感じでしょうか)のおかげで、プラチナがダイヤの表面を覆うように伸びて、石が外れないようにしています。

ただプラチナにも限界がありますので(笑)伸びた部分がかなり薄くなってしまうと、やはり石は外れやすくなりますので、その時は作り替えとなります。
それと、これだけお使いになっても、硬くキズが付く可能性が少ないダイヤモンドだからこそ、また作り替えができると思います。他の宝石ですとおそらく割れてキズ付いた状態になっていると思います。さすがダイヤモンドです!!

投稿者 kada : 19:07 | トラックバック

2011年08月27日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントの磨き直し

DSC07813.JPG

夏も終わりに近づき、続々とお客さまのジュエリーのクリーニング、磨き直しを承っています。

このダイヤモンドペンダントは2007年の作品で、ベリー・ライト・イエロー SI-1 2,330カラットの大粒ダイヤペンダントです。ダイヤがお客さまの誕生石ということのあり、お守り代わりのペンダントで、いつも身に付けていただいています。ほぼ、毎日身に付けておられますので、時折、クリーニングも兼ねて、いつも安心して身に付けていただけるよう、ネックレスの金具の具合等のチェックもさせていただいています。

ダイヤモンドは油分と相性がよく、なじみやすく、身に付けているだけでも表面に油分が付着してしまうため、見た目に少し輝きが鈍く見えることがあります。クリーニングでこの油分をとってやるだけでもずいぶん輝きが違うように思います。いくら品質の高いダイヤモンドでも、油分が付いたままではその本来の素晴らしい輝きが損なわれます。ダイヤモンドはその輝きが魅力の石だけに、クリーニングの欠かせない宝石でもあります。

投稿者 kada : 12:25 | トラックバック

2011年08月26日

粉屋 こん吉堂さん10周年

DSC07845.JPG

うちの近所の明石焼きのお店「粉屋 こん吉堂」さん、そのお店の10周年を記念して、でっかいシャンパンボトルが開きました。このジャンボ・ボトルはこん吉堂さんの開店のお祝いにいただかれたシャンパンで、10年経った記念に開栓!!ボトルで顔が見えないのですが、注いでくださっているのがご主人です。その後、美味しい日本酒をたくさんいただき、記憶が途切れてしまいました。(笑) いや~ほんと久々に楽しかったです!!

投稿者 kada : 11:54 | トラックバック

2011年08月25日

プラチナ・シリコンパーツの取替え

DSC07780.JPG

昨日、ご紹介したハートシェープ・ダイヤモンドペンダント、磨き直しと同時にアフターメンテナンスをさせていただきました。
最近のネックレスには長さが調整できるよう、丸いスライド金具がついています。このプラチナ製の丸いパーツの中にシリコンが入っていて、その弾力でチェーンを固定しています。お使いの頻度にもよりますが月日が経つとともに、シリコンが劣化してきて弾力性がなくなり、そのため金具がチェーンに固定せずにそのまま滑ってしまい、調整金具の役目をはたさなくなることがあります。今回、お作りしてから10年目ということもあり、スライド金具がそういう状態になったため、その金具を交換させていただきました。

KADAで手作りさせていただいた作品には製作年数がわかるように刻印が記されてあります。その作品をこうしてアフターメンテナンスをさせてもらう度に、思いのほか月日が経ったことにビックリするとともに、こうしてお客さまと、長い年月を変わらずにお付き合いしていただけることに感謝!感謝!!の気持ちでいっぱいとなります。「Eさま本当にありがとうございます。」

投稿者 kada : 10:36 | トラックバック

2011年08月24日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントの磨き直し

DSC07757.JPG

2002年にお作りしたハートシェープ・1,3カラットのダイヤモンドペンダントを磨き直しさせていただきました。プラチナ製の枠を新品時と同様、ピッカ、ピッカにいたしました。
私の下手な写真では伝えることができませんが、久々にそのペンダントを手にとって拝見させていただき、改めてそのダイヤの美しい輝きに感心しました。ええ、究極の自己満足です(笑)当たり前でありますが、やっぱ輝きの強いダイヤはいつ見ても綺麗です。

投稿者 kada : 10:30 | トラックバック

2011年08月23日

プラチナ・オパールペンダントのジュエリーリフォーム

DSC07659.JPG

DSC07660.JPG

お買い求めになってから40年以上は経ったプラチナ製のオパールリングをペンダントにジュエリーリフォームさせていただきました。
一番シンプルなリフォームで、オパールリングのウデの部分を切り離し、プラチナ製のバチカン(チェーン通し)を付けただけのリフォームです。元々のリングが作られた時代のデザインが石留めの爪や、枠の後ろ側の透かしに感じられるペンダントとなりました。

投稿者 kada : 11:07 | トラックバック

2011年08月22日

プラチナ・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC06762.JPG

KADAの定番、ダイヤモンドの彫り留めリングのジュエリーリフォームです。
昔の、ファッションリングと呼ばれる曲線を中心にデザインされたプラチナ製のダイヤリングをお持ちで、そのプラチナとダイヤをリサイクルして、写真のような基本に忠実に、付け心地のよい、シンプルなリングをお作りいたしました。
とにかく「お客さまが使うことを1番」に考えたリングです。

投稿者 kada : 10:35 | トラックバック

2011年08月21日

プラチナ・パールペンダントのジュエリーリフォーム

DSC06743.JPG

DSC06746.JPG

プラチナ製のパール(真珠)のリングをペンダントにジュエリーリフォームさせていただきました。
以前フォーマル用にお買い求めになられたパールリングですが、「10年間で1回しか、指に付けることがなかった!」とのことで、今回、お客さまにとって使用頻度の高いペンダントを手作りさせていただきました。

デザインはお客さまが考えられたもので、元々のリングの真珠の周りに小さいダイヤも取り巻かれていたので、そのダイヤもペンダント枠に彫り留めしました。お客さまのご要望のデザインでお作りした作品ですが、我ながら、想像していた以上の出来栄えに感心してしまいました。(笑)

予断ですが、真珠リングはその真珠を針棒で固定するために、ほとんどの場合穴が空けられています。ですから固定のための爪がいらないので、今回のようなペンダントデザインも可能となります。

投稿者 kada : 10:25 | トラックバック

2011年08月20日

カメレオン・ダイヤモンド

DSC07713.JPG

DSC07721.JPG

美しく輝く、0,9カラット ライト・グレー・グリーンカラー SI-1クラスのダイヤモンドです。
その輝きを伝えるため角度を変えて写真をとってみましたが、実際に肉眼で見たときのように綺麗に写すことができません。写真が下手でスミマセン。。。

このダイヤモンドとっても美しく輝く上に、通称カメレオンと呼ばれるダイヤで、暗所に保管、また穏やかな加熱により一時的に色調が変わるダイヤです。この石の場合、少しイエローっぽいグリーンから鮮やかなイエローに変わります。
このダイヤを使って、18金でペンダントネックレスをお作りすることになりました。強い黄色の蛍光性もあるので、18金の枠の金色にとっても合うと思います。出来上がりが楽しみなダイヤモンドです。

投稿者 kada : 09:15 | トラックバック

2011年08月19日

芹沢銈介展

DSC07701.JPG

先日、島根県立美術館で開催されている「芹沢銈介展」に行ってきました。
染色家として世界的に有名な芹沢銈介は民芸運動の主導者としても名を知られています。今回、代表作とされる型絵染(かたえぞめ)の屏風を始め、暖簾(のれん)、着物、染絵等の作品が一堂に展示されていました。

沖縄で「紅型」(びんがた・・・型紙を用いた沖縄の伝統的な染色技法)に出会い、その模様と色の美しさに魅せられて、自身が創始した「型絵染」(かたえぞめ)の道を拓くこととなるそうです。後にその時のことを「こんなに美しい楽しい染物以上の染物があるかと、夢のような思いでした。」と述懐しているように、好きな仕事で夢を追い続けた一生だったようです。

「夢見るような、好きなこと」を続けることは、口で言うほど簡単ではないとは知っていますが、展示されていた作品から、芹沢自身の生きた歩みから伝わる、「この素直な気持ち」は大切にしたいと思いました。

投稿者 kada : 10:12 | トラックバック

2011年08月18日

会津 猪苗代のお酒 七重郎

DSC07667.JPG

この日記に以前も登場している福島の学生時代の後輩が夏休みを利用して遊びにきてくれました。おみやげに写真の地酒、しかもすべて1升瓶で3本!!をいただきました。地元猪苗代のお酒で稲川酒造の「七重郎」です。後輩の子どもの同級生のお父さんが杜氏をしておられるとのこと、とっても美味しいお酒です。

私も久々にお休みをいただき、出雲大社、日御碕、松江と観光を楽しみました。もちろん夜は酒盛りの宴会です(笑)。後輩のおかげでほんと、楽しい、リフレッシュした1日を過ごさせていただきました。
「志麻ちゃん!ありがとね!!」

投稿者 kada : 11:22 | トラックバック

2011年08月17日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントのジュエリーリフォーム

DSC06720.JPG

プラチナ製の6本立爪ダイヤリングをジュエリーリフォームさせていただき、写真のような豪華なダイヤモンドペンダントをお作りいたしました。
デザインはお客さまと相談しながら決めさせていただき、予算の許す限り、お客さまのダイヤモンドの周囲を、KADA得意の彫り留めでダイヤをたくさん留めました。

投稿者 kada : 11:14 | トラックバック

2011年08月09日

K18・ダイヤ・ルビーリングのジュエリーリフォーム

DSC06713.JPG

お手持ちの18金製のダイヤプチネックレスとルビーリングを一緒にして、シンプルなデザインのリングにジュエリーリフォームさせていただきました。
お客さまのご要望が「とにかく!普段使いが1番!!」とのことで、18金をたっぷり使いボリュームのある平打ちタイプと呼ばれる、表面が平たいリングをお作りして、元々の枠から外したダイヤとルビーを一直線に彫り留めいたしました。お客さまにとっての1番のお守りリングです。

投稿者 kada : 10:40 | トラックバック

2011年08月08日

プラチナ・エメラルドペンダントネックレスのオーダージュエリー

DSC06849.JPG

5月が誕生日のお母さまのために、そのお嫁さんからオーダーを受けてお作りした、5月の誕生石・エメラルドのペンダントネックレスです。
エメラルドはもともとキズが多い石ですので、キズの少ない透明なものを探すのはかなり難しく、しかも緑色の鮮やかな石となると、なかなか簡単には出逢えません。また、その石のほとんどにオイルや樹脂が含浸されています。そんな中で今回「これは!!」というエメラルドをお探しして、プラチナ製のペンダントネックレスをお作りしました。お嫁さんのお母さんを思う、心のこもったジュエリーです。


投稿者 kada : 13:56 | トラックバック

2011年08月07日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC06696.JPG

お客さまが33歳になられたのを記念して、お守りとして、誕生石のダイヤモンドを使ってプラチナ製のリングをお作りいたしました。
「普段から身に付けられて、58面のラウンド・ブリリアントカットのようにキラキラ輝くダイヤではなく、さりげなく輝くダイヤでリングを!!」とのご要望で、カット面が少ない四角いエメラルドカットのダイヤモンドをお探しして、引っ掛かりのないシンプルなデザインでダイヤモンドリングをお作りいたしました。
基本デザインは人気の5型の4番なのですが、エメラルドカットのダイヤで作ると、リングのイメージが全く違うものとなりました。
エメラルドカットのクールな感じがとっても素敵なダイヤモンドリングです。

投稿者 kada : 16:55 | トラックバック

2011年08月05日

南洋黒蝶真珠ネックレス

DSC07463.JPG

タヒチを中心とした南洋の海に生息する黒蝶貝から産まれた、黒蝶真珠のネックレスをお取り扱いさせていただきました。マルチカラーといって他の真珠では見られない、黒蝶真珠独特の色のバリエーションを楽しんだ、カジュアルスタイルでも使えるネックレスです。
サイズも留め具近くの小さいところで11ミリ、センターの大きいところで14ミリと、かなりボリュームがあり、かたちもほぼまん丸に近い、ラウンドタイプです。身に付けるお客さまの遊び心で、いろんな使い方、見せ方ができる黒蝶真珠ネックレスです。

投稿者 kada : 12:40 | トラックバック

2011年08月04日

エルヴィン・ポーリーの手彫りカメオ

DSC07105.JPG

DSC07128.JPG

素敵なご縁で、現代カメオ彫刻の巨匠、エルヴィン・ポーリーのオールハンドメイド(全てのカメオ彫りの作業が手彫りで行われている)の作品を扱わさせていただきました。

エルヴィン・ポーリーは現代カメオ彫刻の最高峰で、ドイツのカメオ彫刻の町イーダーオーバーシュタインの名匠の象徴的な存在です。
1934年、この町の代々彫刻師の家に生まれた彼は、国立美術工芸専門学校でカメオ彫刻の基礎を学び、さらにリヒヤルト・ヘルマンハーンの工房で修行を重ねました。
その卓越した、芸術的なカメオ彫りの表現は多くの人々を魅了し、カメオ彫刻の世界的な芸術家として認められ、その業績によってドイツ国家十字勲章を受けるまでとなります。

写真は、そのエルヴィン・ポーリーの手彫りカメオです。裏には本人の署名と、手彫りの証が彫られています。18金とプラチナで作られた枠の作りも素晴らしく、取り巻きの石もこのカメオの為に特別に取り揃えられたもので、2つのマーキスカットのダイヤと蛍光ブルー・グリーンが鮮やかなパラエバトルマリンが特徴的です。


投稿者 kada : 10:16 | トラックバック

2011年08月03日

プラチナ・つや消しリングのジュエリーリフォーム

DSC07354.JPG

DSC07342.JPG

お手持ちのプラチナリングとネックレスを合わせてジュエリーリフォームして、シンプルなつや消しリングを作らせていただきました。
リングの基本中の基本、甲丸タイプと言われる表面が丸くカーブしたリングをお作りして、真ん中にラインを刻み入れて、つや消し仕上げをしました。内側の指なじみをよくして(内側のリングの角を丸く削り、指との当たりをよくする仕上げ)、とにかく付け心地のよいリングにと心がけました。
このリング、当店では「幸せのリング!!」と呼んで心を込めて作らせていただきました。
今も、お客さまに指にしっかりはめられていることと思います。

投稿者 kada : 10:44 | トラックバック

2011年08月01日

プラチナ・ブライダルリングのオーダージュエリー

DSC07603.JPG

プラチナ製の結婚(交換)指輪を作らせていただきました。
2本のリングはそれぞれデザインが異なります。男性用は柔らかな曲線を生かしたシンプルなリングで女性用はダイヤをリングの半分に彫り留めしたゴージャスな作りのリングとなっています。それぞれの好みや個性が「かたち」になって表れる素敵な結婚指輪です。

投稿者 kada : 10:18 | トラックバック