2011年10月の投稿

« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月31日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC08151.JPG

プラチナ製の1カラットのダイヤモンドリングを作らせていただきました。
最近、1カラット以上の大粒ダイヤは以前に比べ金額が上がり、なかなか私が思うような品質のものを納得のいく金額で入手することができません。そんな中、お客さまの予算に合わせて、いいタイミングで「これっ!」と思えるダイヤを手に入れることができました。

センターダイヤは少し黄味を帯びたLカラーの楕円形のオーバルカット、SI-1クラス 1,015カラットです。これに宝石工房KADA得意のウデの左右にダイヤを0,5カラット彫り留めしたリングに仕立て上げました。
当たり前ではありますが「やっぱり!いいものはいいのです!!」

投稿者 kada : 11:03 | トラックバック

2011年10月30日

プラチナ・ブライダルリングのオーダージュエリー

DSC08030.JPG

DSC08032.JPG

手作りのブライダルリングのご紹介が続きます。
プラチナ製で厚みをしっかりとったシンプルな結婚指輪を作らせていただきました。甲丸タイプといって表面が丸みを帯びたリングで、指の当たる内側まで丸くしていて、しかも全面ツヤケシ仕様です。裏までツヤケシをしたリングはそうそうないのでは!!
このリングをオーダーされたお二人の感性が表れる素敵なリングとなりました。

投稿者 kada : 10:15 | トラックバック

2011年10月29日

プラチナ・ブライダルリングのオーダージュエリー

DSC07904.JPG

DSC07927.JPG

食べ物のことばかりでなく、仕事もしっかりさせていただいています(笑)

プラチナ製のブライダルリングを作らせていただきました。それぞれにプラチナを10グラムづつ使用したボリュームたっぷりのリングです。男性用はツヤ消し、女性用は「ミル打ち」と言ってリングの両サイドに細かい刻みが入っています。両方の指環を合わせると「∞」永遠、無限を意味するインフィニティーマークが現れます。

世界でただ一つのお二人だけのオリジナルリングの完成です!!

投稿者 kada : 10:09 | トラックバック

2011年10月28日

りんごパイ

引き続き、私の最近のお気に入りです(笑)
出雲のフランス菓子店「シュブスタンス」のりんごパイです。薄いパイ生地の上にりんごがいっぱい!一人で写真のワンホールも楽勝で食べれてしまいます(笑)
シェフはフランス菓子の名店、東京尾山台のオーボンヴュータン出身で、その味をしっかり受け継いでおられます。出雲でフランス伝統のお菓子が味わえることに幸せを感じます。

DSC08066.JPG 投稿者 kada : 11:40 | トラックバック

2011年10月27日

三芳菊 ワイルドサイド

DSC08065.JPG

私の最近のお気に入りの日本酒です。徳島の三芳菊さんのワイルドサイドというお酒で、今までの日本酒の味とはひと味違います。初めて飲んだ時は「ム・ム・ムッ・・・・!?」という感じでしたが、その個性的な味に慣れたというか、はまったというか・・・ほんっと、不思議な日本酒です。

投稿者 kada : 12:05 | トラックバック

2011年10月22日

松風

DSC08051.JPG

京都の西本願寺に御参りされたお客さまから亀谷陸奥の「松風」というお菓子をいただきました。

織田信長と石山本願寺(現在の大阪城の地) の合戦の時に兵糧の代わりとなったのが始まりのお菓子だそうです。さすが京都ならではの歴史を感じさせる逸品です。

投稿者 kada : 10:19 | トラックバック

2011年10月21日

日々、キャスト(鋳造)が上がります。

DSC08060.JPG

まったりとゆるい日々(笑)を過ごさせていただいていますが、もちろん仕事はキッチリさせていただいています。本日もインターネットがご縁で仕事をさせていただいている大阪のお客さまのキャストが上がりました。

左の指輪の表面に「おへそ」みたいに出ているのが「湯口(ゆぐち)」といって、ワックスモデルを元にして作られた石膏の型の中に溶かしたプラチナを流し込んだ場所です。さあ!これから磨き、石留め、の工程に移らせていただきます!!

投稿者 kada : 15:45 | トラックバック

2011年10月20日

究極のモンブラン

DSC08049.JPG

気がつけば、10月も20日、後半となってしまっていました(速っ・)
おかげさまで、バタバタと日々過ごさせていただいています。

昨日、お客さまから「千疋屋総本店・究極のモンブラン」をいただきました。

■フランス、イタリアの最高の産地のマローニ種のシャーテーニュ栗から作るコクの豊かなマロンペーストを使用。
■イタリア産のマロンをマダガスカル産バニラで煮込んだ最高品質のマロングラッセを使用。
■タルト地にはしっとり感と香ばしさが断然違う、スペイン産最上級アーモンドパウダーと発酵バターをふんだんに使用。
■香りづけのラム酒は樽熟成によるバニラやバナナ香が豊かなトリニダード産プランテーション・ラムを使用しております。

とのこと、モンブランの中には栗が丸ごと1個入っていました。これだけでほんと幸せな一日となりました(笑)
こうして、日々まったりと過ごさせていただいています。
もちろん仕事はしっかりさせていただいています(笑)


投稿者 kada : 10:15 | トラックバック