2011年12月の投稿

« 2011年11月 | メイン | 2012年01月 »

2011年12月31日

プラチナ・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォ-ム                                  お客さまの声もいただきました!!

DSC08390.JPG

DSC08398.JPG
お手持ちのダイヤモンドに合わせてお作りしたワックスモデル

DSC08604.JPG

DSC08619.JPG

DSC08634.JPG

DSC08647.JPG

DSC08659.JPG

■お客さまの声 「お客さまからこんなに嬉しいメッセージをいただきました!!」
2011年の有終の美を飾る、素敵なダイヤモンドリングのジュエリーリフォームのご紹介です。
写真以外にもリフォームで残ったダイヤでピアスもお作りしています。
●…………………………………………………………………………………………………………………●
リフォームしていただいたリング&ピアス 無事届きました。
予想以上のすばらしいリングに大満足です♪
またピアスにお願いしてよかったです。
サイズもピッタリ!です(喜)
世界にひとつだけの『絆とお守りリング』自分の励ましのリングとして大切にしていきたいと思います。
この度は師走のお忙しい時期に、色々アドバイスに丁寧にのってくださり、ご配慮いただき、すばらしいリングに仕上げてくださり、ありがとうございました。
またいつか是非ともお願いしたいと思っています。
宝石工房KADAのスタッフの皆様
本当にお世話になりました。
来年もすばらしいお仕事ができますことをお祈りしています。
ありがとうございました。感謝。

山口県宇部市 Hさまより
●…………………………………………………………………………………………………………………●

プラチナ製の6本立爪リングを当店人気の5型の5番のデザインでジュエリーリフォームさせていただきました。本年、ラストの仕事でこんな嬉しいメッセージをいただくことができました。「終わりよければ全てよし」ではありませんがお客さまに喜んでいただくことができ、何よりの年越しができそうです。

2011年はいろんなことが起きた年となりました。皆さまにとっても、さまざまな想いの年越しとなると思います。今回ご紹介した今年の納めの仕事でお客さまから「『絆とお守りリング』自分に励ましのリングとして」と言っていただき、逆に当店が励まされたように気がします。来年も微力ではありますが、KADAの仕事でお客さまに喜んでいただけるよう、努力していきたいと思います。

■基本加工料 18,900円
■センターダイヤ石留め加工料 10,500円
■サイドダイヤ石留め加工料 3,150円×2個=6,300円 
※石留め加工料は石の大きさ、形によって異なります。

■プラチナ不足代金 リサイクルグラム 5,4グラム(立爪リング枠)×0,7=3,7グラム
              完成プラチナグラム7,7グラム
              不足プラチナグラム 7,7グラムー3,7グラム=4,0グラム
              不足プラチナ代金 4,0グラム×5,250円=21,000円   
              ※5,250円のプラチナの代金はご注文時のプラチナ相場価格から計算した当 
              店独自の完成1グラムあたりのプラチナ900の価格です。
■リフォーム代金合計 56,700円


投稿者 kada : 10:30 | トラックバック

2011年12月29日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントのジュエリーリフォーム

DSC06212.JPG
リフォーム前

DSC06319.JPG
リフォーム後

プラチナ製のダイヤモンドの立て爪リングをペンダントにジュエリーリフォームさせていただきました。
お孫さんの成人のお祝いにお祖母さまが使っていたリングをリフォームしたものです。
シンプルな6本爪のダイヤモンドペンダントでネックレスはお手持ちのものに通しました。お守りとしていつもお孫さんの胸元で輝いています。

投稿者 kada : 11:44 | トラックバック

2011年12月28日

プラチナ・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC06297.JPG

いよいよ今年も押し詰まってきました。宝石工房KADAでは年内の納品の作品の完成が続いています。気持ちも新たに、新しいリングと共に年越しです。
定番のダイヤを彫り留めしたストレートタイプのリングです。お客さまのダイヤをお使いして、不要のプラチナを使い、飽きの来ないシンプルなデザインで作らせていただきました。
KADAの小さいメレダイヤをお使いしたリフォームの中で一番たくさん作るリフォームリングです。とにかく、シンプル・イズ・ベストが人気のようです!!

投稿者 kada : 13:56 | トラックバック

2011年12月26日

プラチナ・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC06230.JPG

さあ今年も残すところあとわずか、宝石工房KADAもラストスパートです。

お手持ちのプラチナ製の立て爪リング、ダイヤのたくさん入ったファッションリング、ダイヤプチネックレス、ダイヤピアスを一つにして写真のリングが完成しました。
お客様自身が実際にデザイン画を書いて、私と「あーでもない、こーでもない」と一生懸命考えられたオリジナルデザインのリングです。お手持ちのダイヤを余すところなく使い、普段使いができ、指にするとリングを重ね付けしているように見えるところがポイントです。
年末の完成品の中では一番ゴージャスでボリュームのある、お客様との完成するまでの漫才のような会話(笑)がとっても楽しかった素敵なリングです。

投稿者 kada : 09:52 | トラックバック

2011年12月25日

K18・ガーネットペンダントのオーダージュエリー

DSC08291.JPG

本日もクリスマスの日にふさわしいジュエリーのご紹介です。
1月産まれのお客さまからのオーダーで誕生石・ガーネットを当店で揃えさせてもらい、写真のペンダントを作らせていただきました。
カットが美しく、いかにもガーネットらしい濃い赤色をしたガーネットです。ノアの箱舟の中で灯火となり、暗闇を照らしたと言われる石で、古くから魔除けのお守りとして使われていた歴史ある宝石です。
その美しい赤色が引き立つよう、18金イエローゴールドを使い、石の周り全部にダイヤを彫り留めしました。
アンティークジュエリーが持つクラシックな雰囲気が漂う作品になったと思います。

投稿者 kada : 08:44 | トラックバック

2011年12月24日

プラチナ・ダイヤモンドピアスのオーダージュエリー

DSC08483.JPG

クリスマスイブの日にふさわしい、ダイヤモンドピアスの完成です。1,022カラットと1,023カラットの大粒のハートシェープカットのダイヤを使いプラチナ製のピアスを作らせていただきました。

私が写した、上の下手な写真ではわからないのですが、非常に輝き(テリ)がある美しいハートシェープダイヤモンドで、両方ともSI-1クラス・ベリーライトイエローカラーの品質のものです。ハートという形なのでなかなかペアーになるような石を探すのは難しいのですが、今回うまくペアーになる石を入手することができました。

ハートの形を強調するようにハートシェープダイヤの回りを更にメレ(小さい)ダイヤで囲んでいます。心がウキウキと浮き立つような素敵なピアスになったと思います。

投稿者 kada : 10:08 | トラックバック

2011年12月23日

K18・ルビーリングのジュエリーリフォーム

DSC08598.JPG
ルビーとダイヤを外したリフォーム前の18金リング枠

DSC08508.JPG
リフォーム後のルビー・ダイヤリング

いつも遠方より車で2時間の道のりをかけてご来店くださる「Kさまご夫妻」。本当に遠路、出雲に来ていただきありがとうございます。
今回、ご主人が一番初めに奥さまにプレゼントされた記念のルビーリングをリフォームさせていただきました。元々のリングのルビーとダイヤのサイズにぴったり幅を合わせた、KADA得意の彫り留めのシンプルリングです。普段使いとして、これからまた出番が多くなりそうです。

投稿者 kada : 10:46 | トラックバック

2011年12月22日

中嶋邦夫先生のエマイユ・ドッグブローチ

DSC08160.JPG

エマイユ(七宝)ジュエリーの第一人者、中嶋邦夫先生に特別にお願いして、フルオーダーで素敵な犬のブローチを作っていただきました。
得意のエマイユ技法を駆使してもらい、素材には18金とシルバーを使って、レリーフ調に作られた作品は、表情豊かで「ワン!ワン!皆さん元気ですか!!」とでも言っているように見えます。
モデルはお客さまの愛犬で、名前は「どん太」と「ハッピー」といいます。2匹はいつも仲良しです!!

投稿者 kada : 10:12 | トラックバック

2011年12月21日

K18・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC08546.JPG

今月の10日にご紹介したボリュームたっぷりの18金リングにダイヤを石留めしました。
お客さまのお持ちのダイヤ2個を並べて埋め込みで留めさせていただきました。

投稿者 kada : 19:44 | トラックバック

2011年12月20日

信頼

DSC08185.JPG

先日よりご紹介している1カラットの角ダイヤのリングとペンダントは、裸石の状態でのダイヤ選びからデザインにいたるまで、ほぼKADAにおまかせいただいた作品です。
お客さまとは長年お付き合いさせていただき、全面的に信頼をしてもらい、お客さまの好みも承知した上で出来た仕事だと思います。そして、お客さまの信頼に適うような作品を作らせていただいたと自負しています。
この「信頼」はジュエリー作りにとって、何より大切なものだと思います。言葉にすると簡単なのですが、この信頼を少しづつ築くことが難しい・・・何より、日ごろの小さな積み重ねが大事ですよね。一生どころか永遠を謳うダイヤを扱う宝石屋さんは、やはり気長でなければできない仕事だとも思いました(笑)


投稿者 kada : 18:11 | トラックバック

2011年12月18日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントのオーダージュエリー

DSC08176.JPG

昨日のリングとペアでペンダントをお作りいたしました。
ダイヤは同じく角ダイヤ、ラディアントカット・1,006カラット・SI-2クラス・Fカラーです。
リングに使ったダイヤはほぼ正方形でしたが、こちらは長方形です。

投稿者 kada : 10:44 | トラックバック

2011年12月17日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC08170.JPG
昨日ご紹介したエリザベス・テーラーの角ダイヤのリングに負けずに、KADAでも角ダイヤのリングが完成いたしました。
プラチナ製で、センターに1,111カラット・Dカラー・SI-2クラス・ラディアントカットの大粒ダイヤを使ったリングです。普段にもさりげなく使えるように、リング自体のデザインをシンプルにすっきりさせて、ダイヤも上下のウデの部分を使って石留めをしました。
私なりに角ダイヤ・ラディアントカットの美しさを際立たせることができたリングだと思います。

投稿者 kada : 10:09 | トラックバック

2011年12月16日

エリザベス・テーラーのジュエリー

先日、テレビのニュースでハリウッドの大スター、エリザベス・テーラーのジュエリーオークションが開催され、予想の価格を大幅に上回る金額で落札されたと報じられていました。

特に「ラ・ペレグリーナ」と呼ばれる世界的にも有名な真珠のネックレスが当初予想落札額200~300万ドル(約1億5600万~2億3400万円)をはるかに上回り、1184万2500ドル(約9億2,400万円)で落札され、真珠のジュエリーとしてはオークション史上最高額だそうです。

また「エリザベス・テーラーダイヤモンド」と呼ばれる33,19カラットの角ダイヤのリングが当初予想落札価格250~350万ドル(約1億9500万~2億7300万)を超えて881万8500ドル(約6億8800万)で落札されたそうです。これもオークション史上、ファンシーカラー以外のカラーレスダイヤモンドの1カラットあたりの最高額となったそうです。

このジュエリーたちの歴史を飾る1ページとして、エリザベス・テーラーが所蔵していたならではの価格です。

投稿者 kada : 10:22 | トラックバック

2011年12月15日

クリスマス&年内納品のキャスト(鋳造)が続々上がっています。

DSC08394.JPG

DSC08448.JPG

おかげさまでクリスマスと年内の納品の仕事をたくさんいただき、只今奮闘中です。
本日も年内納品のプラチナのリングのキャスト(鋳造)が上がりました。
写真上はワックスモデル時で、写真下はそれをプラチナでキャストをして上がったところです。上部に湯口といって、プラチナを溶かして流し込んだ部分が見られます。これから「磨き」→「石留め」の工程を経て完成となります。
今年も後、約2週間、KADAもラストスパートです。
「Hさま、ぜひ楽しみに、もうしばらくお待ちくださいませ!!」

投稿者 kada : 15:23 | トラックバック

2011年12月13日

前田昭博白瓷展

先週の木曜日、松江の一畑百貨店で開催されている前田昭博さんの白瓷展に行ってきました。

松江では6年振りの個展で、前回もお伺いさせていただきました。前田さんがこの個展のパンフレットに「白磁を作り始めて、早いもので三十五年が経ちました。時間をかけ繰り返し作り込んでいかなければ生まれてこない造形があるように思っております。」と書かれているように、この6年の間にも、ゆっくり、確実に進歩した白い器たちは、以前にも増して美しく、更に輝きを増したように思われました。

前田さんの人柄を表すようなやさしく、なめらかな曲面。その面と面が繋がる稜線の美しさ。山陰のしっとりとした雪に似た、落ち着いた白磁の白。その白色の中に表れる光と影の陰影は、それを見る人に懐かしい「何か」を語りかけてきます。どの器も隅々まで前田さんの心が宿った美しい作品です。

その後、島根県立美術館で開催されている日本伝統工芸展の作品を拝見させていただき、日本が誇る最高の工芸作品の素晴らしさを体感することができました。
運良く、いいもの、感動するものに出逢えた日は、改めて、その一日分の命を拾ったような気持ちになります。明日への活力が沸く一日となりました。

投稿者 kada : 10:32 | トラックバック

2011年12月12日

K18・ジュネ・ピンクサファイアピアス

DSC06667.JPG

早くも12月も12日となり、今年もあとわずかです。
KADAの12月はお客さまのお手持ちのジュエリーをクリーニングすることが多くなります。ピッカ・ピッカのジュエリーで気持ちも新たにリフレッシュです。
写真はクリーニングでお預かりした、ブランドジュエリー「ジュネ」のピンクサファイアとダイヤを使って桜をモチーフにして作られたピアスです。
四角にカットされた、鮮やかなカラーサファイアを組み合わせて作る「ジュネ」のジュエリーは本当に「美しい」の一言です。角のサファイアを組み合わせたジュエリーは世界中に数々ありますが、やはり「ジュネ」が1番だと思います!!

投稿者 kada : 10:29 | トラックバック

2011年12月10日

K18・ダイヤリングのジュエリーリフォーム

DSC08427.JPG

DSC08434.JPG

10個の不要な18金製のリングやネックレス、ピアスを合わせて、重さ15グラムのボリュームたっぷりの写真のリングが本日出来上がりました。
これから最終仕上げ、ダイヤ石留めの工程に入ります。あの有名ジュエリーブランド「カルティエ」などもそうですが、地金を贅沢にたっぷり使うことによって得られるジュエリーの質感、ボリューム感は大切なことだと思います。もちろん何でもボリュームをつければいいということではないのですが、適度なボリューム感はジュエリーをよりいっそう引き立てるポイントになると思います。

ちなみにこのリング、お客さまからお預かりした18金だけでお作りしていますので、この時点では加工料のみの18,900円で完成しています。金価格高騰のいま、オーダーでこれをお作りしたら、販売価格はいくらになるのでしょう。

投稿者 kada : 10:30 | トラックバック

2011年12月09日

K18・ジュネ・ダイヤネックレス

DSC06677.JPG

「ジュネ」の逸品をもう一つ紹介いたします。
これは3年前のKADAで開催した「ジュネ・コレクション」でお求めいただいたネックレスです。
ピアスとお揃いで、お花をモチーフにデザインした透かし模様が軽やかな印象を与えます。

投稿者 kada : 11:49 | トラックバック

2011年12月08日

K18・ジュネ・グリーンガーネットブローチ

DSC08210.JPG

日本が誇るジュエリーブランド「ジュネ」のレースをモチーフにした18金製グリーンがネットブローチです。
大ぶりでレース模様の透かしが特徴的な「ジュネ」を代表する逸品です。

13年前に当店でお買い上げいただいたもので、今回久々にメンテナンスを兼ねてクリーニングとしてお預かりいたしました。今の金価格は13年前の約4倍となっています。これだけ18金を贅沢に使ったブローチですので、ジュエリーとしての価値もかなり上がっていることと思います。もちろん当時のお値段で現在購入することはできません。

久々に、このブローチをお預かりして、「やっぱり、KADAは時流に流されない、『いいもの』を扱わねばと!」感じました。

投稿者 kada : 10:06 | トラックバック

2011年12月07日

プラチナ・イニシャルペンダントのオーダージュエリー

DSC08217.JPG

DSC08226.JPG

KADAとしては珍しく、プラチナ製で「H」のイニシャルペンダントを作らせていただきました。
文字のデザイン等はおまかせでしたので私が考えたものです。KADAでお作りするジュエリーのほとんどがダイヤをメインとしたものですから、以外と地金だけのジュエリー作りは難しいものだと思いました。

投稿者 kada : 10:28 | トラックバック

2011年12月03日

K18・ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

DSC08345.JPG

さあ!12月に入っての最初の仕事です!
18金製のへびのリングやピアスを合わせてリフォームしてシンプルなリングを作らせていただきました。
真ん中に留まっているダイヤは元々、へびが口にくわえていたダイヤです(笑)
リサイクルできる範囲内でしっかりボリュームのあるリングをお作りいたしました。
「しばらくお使いになってから、真ん中のダイヤの両側に3個づつ位ダイヤを石留めするといいですね!」と
お客さまとお話をさせていただいた先楽しみなリングです。

投稿者 kada : 10:03 | トラックバック

2011年12月02日

雪便り

嬉しいお便りがもう一つ紹介しますね。
以前もこの日記で紹介している福島の後輩から先日「雪が降りました」との連絡が。
久々に再会をしたのが夏で、ついこの間のような気がしていたのですが、ほんと月日が経つのが早い!と感じます。いつか福島にも訪ねて行きたいと思います。

出雲はここのところ急に寒くなったり、はたまた春のような気候になったりと一日ごとに天候が変わり、温度差の激しい日々が続いています。
それでも12月となり確実に冬模様になってきました。そろそろ、車のタイヤも冬用に変えねばと思います。
年末の月でなにかとお忙しいと思いますが、どうか体調など崩されないよう、お体大切にしましょうね。

投稿者 kada : 10:04 | トラックバック

2011年12月01日

嬉しいお便り

おかげさまで仕事も引き続き承り、バタバタと過ごさせていただいています。
早くも、12月に突入です。何となく気忙しい日々となります、そんな本日、お客さまから久々のお電話をいただき、お話をさせていただきました。本当に嬉しいお便りでした。
お声を聞けただけで元気が出てきた感じです。「お電話ありがとうございました!」
さあ!今年も残すところ後1ヶ月、元気に!楽しく!!ラストスパートです!!!

投稿者 kada : 14:18 | トラックバック