2012年11月の投稿

« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月26日

ご来場、心より感謝いたします。

おかげさまで16、17日の両日の「中嶋邦夫エマイユ宝飾展 ~奇跡の技・エマイユ(七宝)ジュエリーの世界~」にはたくさんのご来場をいただくことができました。
スタッフ一同、心より感謝申し上げます。「ありがとうございました。」

中嶋先生のロシアの土産話や実際の先生自らのエマイユ製作教室と盛りだくさんの展示会となりました。
2日間ではありますが作品をたくさんのお客さまに見ていただき、本物のエマイユジュエリーを知っていただけたことだけでも、当店なりにがんばって展示会を開催した甲斐があったと思います。

「この度はわざわざのご来場、本当にありがとうございました。エマイユジュエリーをたくさんの方に見ていただき、スタッフ一同、心より感謝しています。」

投稿者 kada : 16:20 | トラックバック

2012年11月12日

「中嶋邦夫エマイユ宝飾展」のご案内

DSC06082.JPG
18金製・ガーネット・パール・エマイユ(バスタイユ)ブローチ・ペンダント

本日は実店舗の展示会のご案内をさせていただきます。

今回はルネ・ラリックに代表されるアール・ヌーヴォー期の伝説のエマイユ(七宝)技法を現代によみがえらせた日本で唯一のジュエリー作家・中嶋邦夫先生をお迎えして、その作品を紹介させていただきます。先生の作品は国内に留まらずアメリカやヨーロッパでも高い評価を得ています。現在、ロシア文化庁の招待でモスクワ「全ロシア装飾民族工芸博物館」で個展開催中です。

■中嶋邦夫エマイユ宝飾展
  ~アール・ヌーヴォーの伝説 奇跡の技エマイユ(七宝)ジュエリーの世界~
■とき 11月16日(金)・17日(土) 10:00~7:00
■ところ サンロードなかまち 宝石工房KADA店内

DSC05071.JPG
18金製・「矢車草」のブローチ・ピンクサファイア・バスタイユエナメル

エマイユ技法は通常のジュエリー製作に比べ、膨大な時間と手間がかかるため、その価値は宝石に匹敵し、人の手で作り出される最高の宝飾品とされています。

中嶋先生の手から作り出される作品は、その最高の技法を使いながらも、身近な自然をモチーフとし、そのフォルムにこだわり、色にこだわり、あたかも先生の分身であるかのように、温かみのある、そして何故かしら、懐かしい気持ちにさせてくれるジュエリーとして完成します。身に付ける方を優しく包み込むように、さりげなく体になじみ、心を軽やかにし、安心を与えてくれるジュエリーです。

ぜひこの機会に多くの皆さまに中嶋先生の作品を見ていただきたいと思います。
スタッフ一同、心よりのおもてなしをご用意して皆さまのご来場お待ちしています。

特別プレゼント
今回、中嶋先生の作品をお買い上げの方に、北澤美術館で開催された個展の図録を直筆サイン入りでプレゼントいたします。まさに受け継ぐ、語り継ぐジュエリーになること間違いなしです。
DSC04915.JPG
北澤美術館個展図録 「In The Garden 中嶋邦夫エマイユジュエリー」

中嶋 邦夫プロフィール
1977年 上智大学経済学部経営学科卒業
1978年 千穂ジュウリーデザインスタジオ入社
日本のジュエリーデザイナーのパイオニア、高宮千穂ジュウリーデザインスタジオの製作室長として、デ・ビアス・デザイナーズコレクション、アレッツォ国際ジュエリー展などの出品作品等を手掛ける。
1985年 自身のワークショップ (有)ニックス・ファクトリー設立
1996年  “In The Garden”エマイユジュエリーコレクション発表
2001年 ベルギー・ブリュッセルを中心にヨーロッパでのコレクション販売を開始
2004年 ヨーロッパでの制作会社の認定を受け小売店への販売を開始
2005年 東京 目白にショウルームオープン
2009年 諏訪北澤美術館新館にて個展「花神降臨」開催
2012年 名古屋ヤマザキマザック美術館にて個展”エマイユの煌めき”開催
2012年 モスクワの全ロシア装飾民族工芸博物館 http://www.vmdpni.ru/ で、中嶋邦夫個展”In The Garden" を現在開催中
ホームページ http://www.nicks-factory.co.jp


投稿者 kada : 10:42 | トラックバック

2012年11月01日

K18・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

012.JPG

18金イエローゴールド製のリングにダイヤモンドを彫り留めという石留め方法で全周に埋め込んだフルエタニティーリングを作らせていただきました。
このリングをオーダーされたお客さまの思いが伝わるよう、心をこめてお作りした逸品です。

投稿者 kada : 21:25 | トラックバック