カテゴリー  ダイヤのオーダージュエリー例

2012年11月01日

K18・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

012.JPG

18金イエローゴールド製のリングにダイヤモンドを彫り留めという石留め方法で全周に埋め込んだフルエタニティーリングを作らせていただきました。
このリングをオーダーされたお客さまの思いが伝わるよう、心をこめてお作りした逸品です。

投稿者 kada : 21:25 | トラックバック

2012年02月13日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC09369.JPG

DSC09383.JPG

1カラットのエメラルドカットの角ダイヤを横向きにセッティングしてリングを作らせていただきました。
プラチナを使って、リングのウデの部分は定番の彫り留めです。
センターダイヤは金額的にもお求めやすい、私の大好きなベリー・ライト・イエローカラー・VS-1クラス
・1,051カラットのダイヤモンドです。

投稿者 kada : 10:58 | トラックバック

2012年01月10日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC06571.JPG

今年、最初のオーダージュエリーの完成です。
KADA定番のプラチナ製のダイヤを彫り留めしたリングです。基本に忠実に頑張ります。


投稿者 kada : 16:43 | トラックバック

2011年12月24日

プラチナ・ダイヤモンドピアスのオーダージュエリー

DSC08483.JPG

クリスマスイブの日にふさわしい、ダイヤモンドピアスの完成です。1,022カラットと1,023カラットの大粒のハートシェープカットのダイヤを使いプラチナ製のピアスを作らせていただきました。

私が写した、上の下手な写真ではわからないのですが、非常に輝き(テリ)がある美しいハートシェープダイヤモンドで、両方ともSI-1クラス・ベリーライトイエローカラーの品質のものです。ハートという形なのでなかなかペアーになるような石を探すのは難しいのですが、今回うまくペアーになる石を入手することができました。

ハートの形を強調するようにハートシェープダイヤの回りを更にメレ(小さい)ダイヤで囲んでいます。心がウキウキと浮き立つような素敵なピアスになったと思います。

投稿者 kada : 10:08 | トラックバック

2011年12月18日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントのオーダージュエリー

DSC08176.JPG

昨日のリングとペアでペンダントをお作りいたしました。
ダイヤは同じく角ダイヤ、ラディアントカット・1,006カラット・SI-2クラス・Fカラーです。
リングに使ったダイヤはほぼ正方形でしたが、こちらは長方形です。

投稿者 kada : 10:44 | トラックバック

2011年12月17日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC08170.JPG
昨日ご紹介したエリザベス・テーラーの角ダイヤのリングに負けずに、KADAでも角ダイヤのリングが完成いたしました。
プラチナ製で、センターに1,111カラット・Dカラー・SI-2クラス・ラディアントカットの大粒ダイヤを使ったリングです。普段にもさりげなく使えるように、リング自体のデザインをシンプルにすっきりさせて、ダイヤも上下のウデの部分を使って石留めをしました。
私なりに角ダイヤ・ラディアントカットの美しさを際立たせることができたリングだと思います。

投稿者 kada : 10:09 | トラックバック

2011年11月29日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC08277.JPG

シンプルな平打ちタイプのリングをお作りして、ダイヤを3個埋め込みで留めました。、そのままですと、定番の人気の5型の1番のデザインを基本にしたシンプルリングとなるのですが・・・・
今回、お客さまのご要望で更に、ダイヤとダイヤの間に彫り留めで小さいダイヤを留めてみました。アンティークの雰囲気が漂う、クラシックな感じのダイヤリングとなったと思います。

投稿者 kada : 15:42 | トラックバック

2011年10月31日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC08151.JPG

プラチナ製の1カラットのダイヤモンドリングを作らせていただきました。
最近、1カラット以上の大粒ダイヤは以前に比べ金額が上がり、なかなか私が思うような品質のものを納得のいく金額で入手することができません。そんな中、お客さまの予算に合わせて、いいタイミングで「これっ!」と思えるダイヤを手に入れることができました。

センターダイヤは少し黄味を帯びたLカラーの楕円形のオーバルカット、SI-1クラス 1,015カラットです。これに宝石工房KADA得意のウデの左右にダイヤを0,5カラット彫り留めしたリングに仕立て上げました。
当たり前ではありますが「やっぱり!いいものはいいのです!!」

投稿者 kada : 11:03 | トラックバック

2011年09月11日

K18・カメレオン・ダイヤモンドペンダントのオーダージュエリー

DSC07878.JPG

先日より、ここでご紹介しているカメレオン・ダイヤモンドのペンダントが完成しました。

想像以上に18金の金色との相性がよく、より輝きの強いペンダントになりました。白色のダイヤと違い、その色合いから肌になじみやすく、さりげなく身に付けることのできる大粒ダイヤペンダントです。しかも「キラッ!キラッ!!」と強く輝きます。ぜひ普段から、お守りのような感じで身に付けていただきたいと思います。

今回のオーダーはお客さまの結婚20周年を記念してお作りさせていただいた作品で、その20年分の感謝に似合うように、私も気合を入れて、心を込めて、手作りさせていただきました。思い出のジュエリーとして次の世代にも受け継げることのできる逸品です。そして何より、このお客さまご夫婦との素敵なご縁に感謝せずにはいられません。「Kさま本当にありがとうございました。」

投稿者 kada : 10:17 | トラックバック

2011年08月07日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC06696.JPG

お客さまが33歳になられたのを記念して、お守りとして、誕生石のダイヤモンドを使ってプラチナ製のリングをお作りいたしました。
「普段から身に付けられて、58面のラウンド・ブリリアントカットのようにキラキラ輝くダイヤではなく、さりげなく輝くダイヤでリングを!!」とのご要望で、カット面が少ない四角いエメラルドカットのダイヤモンドをお探しして、引っ掛かりのないシンプルなデザインでダイヤモンドリングをお作りいたしました。
基本デザインは人気の5型の4番なのですが、エメラルドカットのダイヤで作ると、リングのイメージが全く違うものとなりました。
エメラルドカットのクールな感じがとっても素敵なダイヤモンドリングです。

投稿者 kada : 16:55 | トラックバック

2011年07月29日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC07498.JPG

DSC07510.JPG

ファンシーイエローカラーのマーキスカットのダイヤモンドをお使いして、プラチナ製のリングを作らせていただきました。
普段使いがメインとなるように、ダイヤを引っ掛かりがないように、リング全体のデザインの一部のように石留めしました。プラチナをたっぷり使わせていただき存在感のあるリングになったと思います。
鮮やかなイエローカラーがひときわ目立つダイヤモンドリングです。

投稿者 kada : 14:07 | トラックバック

2011年07月14日

プラチナ・ピンクダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC05998.JPG

先月、ここでご紹介した久々に入荷したファンシー・ピンクカラーのダイヤモンドのリングが完成いたしました。
KADAお得の、ダイヤの彫り留めをウデの両サイドに施しました。普段使いができるよう、センターのピンクダイヤはひっかかりのないように石留めしています。

投稿者 kada : 10:19 | トラックバック

2011年07月13日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC07009.JPG

DSC07021.JPG

1,017カラット Hカラー SI-2クラス ベリーグッドカットのダイヤを使って、KADA定番、4本爪でセンターダイヤを石留めして、両サイドのウデの部分にダイヤを彫り留めした、プラチナ製のリングを作らせていただきました。

ここ最近、金価格の上昇と同じように、ダイヤモンドの石の価格が上がり、特に1カラット以上の、肉眼で見て内包物が見えにくく、私が見て「美しい!!」と思えるダイヤは、以前の価格での入手が難しくなりました。
「本当に良いものは高い!!」というのは大原則なのですが、何とか、綺麗で、お客さまに喜んでいただけるような、手頃な価格の1カラットを探したいところです。

投稿者 kada : 10:13 | トラックバック

2011年07月05日

プラチナ・ブライダルリングのオーダージュエリー

DSC06127.JPG

プラチナ製でダイヤモンド0,5カラットを使って、エンゲージ(婚約)リングをお作りいたしました。
このリングをプレゼントされた婚約者の1番のご要望が「なるべく普段から使って欲しい!!」とのことで、リングの厚みをしっかりとつけ、プラチナに質感を持たせた上で、とにかくシンプルで飽きこないデザインでお作りさせていただいた指輪です。

投稿者 kada : 10:56 | トラックバック

2011年06月27日

K18・ファンシーピンクカラーダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC06151.JPG

さりげなく「ピンクダイヤモンド」って素敵です!!と昨日ご紹介したリングの後日談です。

大変、気に入っていただき、普段使いに身に付けていただいていたのですが、後日、お客さまから「普段使いにするとリングの表面にキズがたくさん付き、せっかくのピンクダイヤも目立たないような気がするのと、デザインはシンプルで好きなのですが、少し物足りなさが・・・」とのことで、ピンクダイヤの両サイドにダイヤを5個づつ新たに彫り留めさせていただきました。

ダイヤを留めたことにより、リング自体のキズも目立ちにくく、何より白とピンクのコントラストにより、よりいっそうピンクダイヤが目立つようになりました。お客さまに実際に身に付けていただくことによって、進化を遂げたグレードアップ!ピンクダイヤモンドリングです。

投稿者 kada : 10:06 | トラックバック

2011年06月26日

K18・ファンシーピンクカラーダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC05829.JPG

昨日、久々のピンクダイヤ入荷と書きましたが間違いでした(笑) ほんとっ歳はとりたくないものです。記憶力がっ・・・今朝食べたものは????・・・(泣)
 半年前にしっかりファンシーピンクカラーのダイヤモンドリングをオーダーで作らせていただいていました。
4月生まれのお客さまのご注文で、その誕生石、ダイヤモンド、しかもピンクダイヤをセンターに留めた18金製のシンプルなリングです。さりげなく「ピンクダイヤモンド」って素敵です!!

投稿者 kada : 10:23 | トラックバック

2011年02月07日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC06600.JPG

宝石工房KADAの手作りオリジナルダイヤモンドリングのご紹介です。

左のリングはプラチナ製でセンターダイヤ1、056カラットがとっても美しく輝くリングです。ウデに彫り留めしたダイヤも0,578カラットあります。普段使いにもできるようになるべく引っ掛かりがないようにお作りしています。センターダイヤを4本爪で石留めした飽きのこないクラシックなデザインが特徴です。

右のリングはサイズの違う7個のダイヤを1直線に石留めしたリングでトータル1,03カラットあります。石留めの方法を工夫したダイヤの連続間があるリングです。もちろん写真ではわかりにくいのですが、こちらのダイヤもピカ・ピカに輝きます。

投稿者 kada : 12:38 | トラックバック

2011年01月10日

プラチナ・ダイヤモンドリング&ブライダルリングのオーダージュエリー

DSC06401.JPG

DSC06391.JPG

2011年最初のご紹介は、昨日、9日に挙式されたお客さまのダイヤモンドリングとブライダルリングです。

ダイヤモンドリングはプラチナ製で私の大好きなハートシェープカットのダイヤを中心にウデの左右にKADAお得意の、ダイヤを一直線に彫り留めしたリングとなっています。裏にはお客さまの誕生石のブルートパーズが埋め込まれています。

ブライダルリング(交換指輪)は、やはりプラチナ製で表面には桜の花びらを彫っています。

今年も気合を入れて、お客さまに喜ばれる仕事、楽しい仕事をしたいと思います。
「Mさまご結婚おめでとうございます!!!」

投稿者 kada : 11:04 | トラックバック

2010年12月29日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントのオーダージュエリー

DSC06327.JPG
プラチナ製・2,014カラット・ペアーシェープカット・ダイヤモンド・ペンダントネックレス

昨日ご紹介した、2カラットダイヤの枠をピカピカに磨き、石留めをさせていただき、小豆タイプのネックレスを通して、オーダージュエリーペンダントとして本日完成いたしました。

正面から見ると爪以外は見えないようにして、身に付けた時にダイヤだけがキラリッ!と輝くようにシンプルな作りをさせていただきました。
2011年のお正月からお客さまの胸元を飾ります!!

投稿者 kada : 10:11 | トラックバック

2010年12月28日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントのオーダージュエリー

DSC06181.JPG

今年、最後のキャスト(鋳造)が上がりました。2、014カラットのペアーシェープカットのダイヤモンドのペンダントです。これから磨き、石留めの工程を経て年内の完成予定です。
まだまだ机の上には年内の納品の仕事がたくさん並んでいます。今日はもう28日・・・残すところ後3日、気合を入れて仕事をさせていただきます!!

投稿者 kada : 10:36 | トラックバック

2010年12月26日

クリスマス・ダイヤモンドリング

DSC06284.JPG

DSC06292.JPG
プラチナ製・ダイヤモンドリング

昨日のクリスマスの日に以前からオーダーいただいていたダイヤモンドリングを納めさせていただきました。
このお客さまの婚約指輪のダイヤモンドリングと重ね付けができるようにした、ダイヤモンドを一列に彫り留めしたプラチナ製のリングです。

今回お作りしたプラチナのリングの幅に合わせて、彫り留めができる範囲で、なるべく大きなダイヤを留めています。また厚みもそのダイヤの厚みが許す限り、リングの厚みを薄く、しかも裏側に穴を貫通させないように石留めしています。これは普段使いを重視したので、後ろ側の穴からダイヤが汚れてしまうことを防ぐため、意図的に裏に穴を開けないようにしてお作りしています。
また、婚約指輪との重ね付けが目的のリングですから、リングのウデの部分はその婚約指輪と同じ厚みとなっています。

シンプルなダイヤモンドリングですが、ダイヤの美しさを最大限に引き出し、手作りオーダーならではの、細部にまで気持ちの行き届いた、まさしく宝石工房KADAらしいクリスマス・ダイヤモンドリングとなりました。

投稿者 kada : 13:30 | トラックバック

2010年10月08日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントのオーダージュエリー

DSC05663.JPG

オーバルカットのダイヤモンド 1カラット Kカラー I-1クラスのダイヤモンドをお買い上げいただきプラチナ製のペンダント・ネックレスを作らせていただきました。

I-1クラスという肉眼で内包物のわかるクラスなのですが、実際に私の目で見ても内包物はほとんどわからない、とにかく輝きの強いダイヤモンドでした。当店仕入れ時に一目ぼれしたダイヤモンドです。

この輝きをお客さまに気に入っていただき、今回、プラチナ製のペンダントを手作りさせてもらいました。
ほんとワンパターンのデザインかもしれませんが、ダイヤの輝き、美しさをシンプルに引き立たせることができるデザインだと思います。
「どうして、そんなに1カラットのダイヤモンドにこだわるの?」とよくお客さまからご質問されますが・・・・
「美しく、まじめに、輝く、1カラットダイヤ」が欲しいのは私の趣味みたいなものですかね~(笑) 

投稿者 kada : 10:07 | トラックバック

2010年08月17日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントのオーダージュエリー

DSC04789.JPG

昨日ご紹介した、傘寿の記念に二人の娘さんにダイヤリングをプレゼントされたお祖母さま。しっかりご自分にもプレゼント!(笑)
やはり同じようにプラチナ製で、1カラット Lカラー VS-2クラス オーバルカットのダイヤモンドをお使いしてペンダントネックレスを作らせていただきました。
お祖母さま曰く、「女性はいくつになってもねぇ~」との事です。ハイ!その通りだと思いますデス!!(笑)

投稿者 kada : 10:32 | トラックバック

2010年08月16日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC04726.JPG

80歳の傘寿のお祝いされたお祖母さまからのダイヤリングのオーダーです。
ご自分の傘寿の記念に2つのダイヤモンドリングをオーダーいただきました。1つは息子さんのお嫁さんへの、もう1つは娘さんへのプレゼントです。

プラチナ製で、1カラット、ベリー・ライト・イエローカラー、SI-2クラスのラウンドカットとオーバルカットのダイヤを使い、センターダイヤは4本爪で、ダイヤの厚みが許す限り高さを抑えて石留めしています。
両サイドのウデの部分には宝石工房KADA得意のダイヤの彫り留めを施しています。
まさしく記念の語り継がれるダイヤリングの誕生です!!

投稿者 kada : 10:36 | トラックバック

2010年08月12日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントのオーダージュエリー

DSC04669.JPG

1,01カラット Lカラー I-1クラス エメラルドカットのダイヤモンドでペンダントをお作りいたしました。
私の大好きな親友のために作ったペンダントです。
もちろん気合いを込めた分、お代はしっかりといただきました(笑)

投稿者 kada : 18:23 | トラックバック

2010年08月09日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC05370.JPG

お盆まで納期のラストスパートです!(笑)
1,055カラット Lカラー I-1クラス エクセレントカットのダイヤでリングをお作りさせていただきました。
リングのウデの両サイドにダイヤを彫り留めした、いつものKADAスタイルのリングです。
流行に左右されず、いつの時代にでも通用する定番デザインだと思います。
「ジュエリーを身に付けた時に、気持ちが安心するということはとっても大事なことだと思います。」


投稿者 kada : 12:03 | トラックバック

2010年08月06日

K18・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC04869.JPG

大粒ダイヤのオーダーが続きます。
2,015カラット、SI-1クラス Fカラー ベリーグッドカットのダイヤモンドでリングを作らせていただきました。

ウデの部分の両サイドには角ダイヤを石留めいたしました。Fカラーとかなり白いカラーのダイヤなのですが、お客さまのご要望であえて18金製の枠でダイヤを留めたところが特徴のリングです。


投稿者 kada : 10:30 | トラックバック

2010年08月03日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントのオーダージュエリー

DSC05270.JPG

お盆までの納期の作品が続々と仕上がっています。
私の大好きなイエローカラーの大粒ダイヤモンドでプラチナ製のペンダントをお作りさせていただきました。

2,222カラット ベリーライトイエローカラー VS2クラス オーバルカットのダイヤモンドです。私の下手な写真では表現できないのですが、非常に美しく輝く石で、まさしく一目ぼれのダイヤでした。
写真では写し取ることのできないダイヤの輝きを伝えることは難しいのですが、それだからこそ、どんなにグレードが高くても、自分自身の目で実物を見ないといけないところに、ダイヤモンドの面白さ、醍醐味があると思います。

投稿者 kada : 10:08 | トラックバック

2010年07月07日

K18・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC04612.JPG

DSC04615.JPG

本日は7月7日、七夕・・・と言っても当店で素敵な「何か」があるわけでないのですが・・・月日の過ぎるのだけが早い!(笑)

1カラットのダイヤモンドをお使いして、18金で私の大好きなウデにもダイヤをたくさん彫り留めしたリングをお作りさせていただきました。

「さりげなく中指に身に付けたい!!」とのお客さまのご要望で、、ダイヤはDカラーのホワイトカラー、グレードもVSクラスの高品質なダイヤをお選びしたので、通常ですと迷わずプラチナ製のリング枠でお作りすることになるのですが、あえてイエローカラーの18金を使い、しかも1カラットのダイヤの厚みが許す限りセンターの石留め部分の厚みを薄くしてお作りしたところがポイントのダイヤモンドリングです。
こちらは七夕にふさわしい!宝石工房KADAの定番中の定番デザインのリングです!!

投稿者 kada : 18:20 | トラックバック

2010年06月04日

K18・ダイヤモンドピアスのオーダージュエリー

DSC04861web.jpg

一粒で2カラット以上、トータル4カラットアップの大粒のダイヤモンドピアスをお作りさせていただきました。

ダイヤは私の大好きなカラー、ベリー・ライト・イエローで揃えさせていただきました。クラスは両方ともSI-1なのですが私が肉眼で見る限り、輝きや美しさが損なわれる内包物はほとんど見えなく、限りなくVSクラスに近いSIクラスのダイヤだと思います。もちろん石自体の輝き、テリもよく、カットも厚くもなく、薄くもない非常にバランスがとれたペアーシェープカットで、これが「ペアーになるようによく入手できた!!」我ながら感心しています(笑)

18金でアメリカンタイプといって吊り下げられるようにして、シンプルに枠を作らせていただきました。こういう仕事をさせると、「ほんと宝石工房KADAは上手い!!」と自画自賛の作品です。ハイ!


投稿者 kada : 18:35 | トラックバック

2010年05月01日

プラチナ・ダイヤリングのオーダージュエリー

早くも5月に入りました!今日から本格的なゴールデンウイーク、連休の方も多いのでは!!

5月の最初のご紹介は、プラチナ製のダイヤリングです。とっても美しく輝く、0,3カラット Eカラー SI-2 エクセレントカットのダイヤをお使いしてリングを手作りさせていただきました。

エンゲージリング、婚約指輪としてプレゼントされるオーダージュエリーです。ダイヤをなるべく見せるためにウデの両サイドの挟み込み部分を薄くし、その分補強のために爪を2本別で付けたところが特徴の指輪です。
シンプルなデザインで、ダイヤも最大限に美しく見えて、しかも気兼ねなく、普段使いができるリングとなったと思います。

投稿者 kada : 10:51 | トラックバック

2010年03月03日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリーの作業・7

DSC03790.JPG

DSC03798.JPG

DSC03802.JPG

DSC03856.JPG

DSC03845.JPG

さあ!2カラットのダイヤリングが完成いたしました!!
プラチナ枠をピカピカに磨き、センターダイヤを石留めしてウデにもダイヤを全部で1カラット 、グルリと彫り留めしました。

なんとトータルのカラット数、3カラットのダイヤリングの完成です。センターの2カラットのダイヤの厚みが許す限り、もちろんダイヤのおしりが出ない程度ですが、ギリギリの低さに石留めして、しかもなるべくダイヤを石留めの許す限り露出したところがこのリング特徴です。
ウデの厚みもそのダイヤのガードル(ダイヤの端のところです)と同じ高さから始まるので、普段からさりげなく、身に付けやすいリングになったと思います。

とにかく、普段から気軽に、どんどん着けていただきたいのが一番の望みです。やっぱり使わなくては!!
また喜んで磨き直しをさせていただきますね!もちろんサービスですよ!!

投稿者 kada : 19:42 | トラックバック

2010年02月24日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリーの作業・6

DSC03528.JPG

DSC03531.JPG

DSC03538.JPG

DSC03542.JPG

出張から帰り、バタバタしていて気が付けばもう月末、2月は28日まででした・・・・こりゃいかん(笑)

気を取り直して(笑) 引き続きダイヤリングの製作です。完成したワックスモデルを元にしてプラチナ900にキャスト(鋳造)しました。ウデの後のおへそのような部分が溶かしたプラチナを流し込んだところです。

ワックスモデルを石膏で固め、その石膏を熱して、中のワックスモデルを溶かし出します。
次に石膏の中にできたワックスモデルと同じかたちの空洞に溶かしたプラチナ900を流し込みます。
冷やしてプラチナを固めて、石膏を割るとワックスモデルと同じかたちのプラチナ900の枠が完成です。

これから、まずはウデの後の部分のおへそ(正式には湯口というのですが)を削り、若干のゆがみを直して、枠をピカピカに磨き、ウデの部分に小さいダイヤを彫り留めして、真ん中のダイヤを留めて完成となります。

次回は完成した姿でのご紹介となります。さあ!もうひと頑張りです!!

投稿者 kada : 17:00 | トラックバック

2010年02月11日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリーの作業・5

DSC03511.JPG

ダイヤのサイズに合わせたワックス製作の最終段階に入ってきました。ここであせると、予定のかたちより削り過ぎたり、ついつい仕上げの段階で力が入り過ぎ、ワックスが割れたりして、最初からやり直しということが多々あります(泣)
とにかく慎重に慎重にです。。

投稿者 kada : 13:55 | トラックバック

2010年02月10日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリーの作業・4

DSC03503.JPG

子どもの工作のようだったワックスモデルが、だんだんとダイヤに合わせてリングの形になってきました。
このあたりから丁寧に、じっくり作業をすすめなければなりません。あせりは禁物です。
少しづつ、少しづつ・・・・心を込めて!!

投稿者 kada : 10:08 | トラックバック

2010年02月09日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリーの作業・3

DSC03502.JPG

2カラットダイヤ枠の作業の続きです。
ダイヤのサイズに合わせて、おおまかなラインに沿って、リングの形にワックスを削り出していきます。
この写真を見るとなんだか小さな子どもの工作かねんど遊びみたいですね(笑)

投稿者 kada : 10:33 | トラックバック

2010年02月06日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリーの作業・2

DSC03497.JPG

DSC03500.JPG

2カラットダイヤのワックスモデルの制作の続きです。
ダイヤの色がわかりにくいとの声がありましたので白を背景にして撮ってみました。ほんと、いつもながら写真が下手でゴメンナサイ(泣) 正直言って写真はやっぱり苦手です・・・・ハイ。。。

青いワックスの棒を予定の幅(ダイヤの大きさに合わせて)に糸ノコギリで切断して、予定のサイズ(サイズ12号)になるように棒の内側を均等に丸く削り、この状態でサイズを12号に合わせます。表面からダイヤの中心になるところに穴を開け、写真ではわかりずらいのですが、おおまかなリングの形になるようにワックスの表面に薄くラインを入れていきます。

この時点で完成するリング枠のイメージを頭の中に決めて、まずはいらない不要なワックス部分を削リ取っていきます。ここからワックスの削り出しが始まります。

投稿者 kada : 10:56 | トラックバック

2010年02月04日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリーの作業・1

DSC03487.JPG

DSC03490.JPG

気が付けば節分も過ぎていました(笑)ほんと時間の経つのは早い!!ついこの間、お正月だったような気が・・・・・歳のせいとの声も周囲から聞こえますが(笑)
本日より2カラットのダイヤリングを作り始めます。今回はその作業内容の経過を記していきたいと思います。

上の写真は青い棒状のワックス(ロウ材)とダイヤです。この棒状のワックスを切り出して、細部を削っていってダイヤに合わせたリング枠を手作りしていきます。作業机の上にダイヤとワックス棒を乗せて、それを前にして「さあ!気合いを入れてガンバロー!!」というところです(笑)

ダイヤモンドは私の大好きなイエローカラーのダイヤで、2,030カラット、Lカラー、SI-2クラス、オーバルシェープカットの美しく輝くダイヤです。私の予測では、このダイヤ特有の強いテリ、輝きから、ロシアで産出されたものではないかと見ています。
とにかく私の目で実際に見て、SI-2クラスながら、ダイヤ選びの基本である一級の輝きをもったダイヤであることは間違いありません。

今からこの少し黄味を帯びながら、やさしく、美しく輝くダイヤと対話をしながら、お客さまのことを思いながら、製作にかかりたいと思います。
ほんと、我ながら出来上がりが楽しみになってきました!!

投稿者 kada : 10:09 | トラックバック

2009年12月26日

カウントダウンリング プラチナ・K18ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC03291.JPG

DSC03303.JPG

一夜明けて、クリスマスリングからカウントダウンリングに名称が変更です(笑) ほんと今年も残すところあと僅かとなりました。

とびっきり綺麗に輝くブラウンカラーのダイヤ 0,527カラットを使って、天使のリングを作らせていただきました。18金製の小さいダイヤを抱えた天使くんの体育座りが何とも可愛く、ちょいと切ない・・・
想い入れたっぷりのダイヤモンドリングの完成です!!

投稿者 kada : 19:28 | トラックバック

2009年12月24日

クリスマスリング!!プラチナ・K18・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC03270.JPG

DSC03277.JPG

クリスマスイブの日にふさわしいダイヤリングをお納めさせていただきました。

天使がダイヤを抱えてキスしているモチーフのプラチナリングで羽根が18金製で、爪の部分が密かにハート型になっています。
この枠に合わせて、とびっきり美しく輝くDカラー、0,343カラットのダイヤを揃えさせていただきました。

「I さま!どうか素敵なクリスマスイブをお迎えくださいませ!!」


投稿者 kada : 17:51 | トラックバック

2009年12月04日

プラチナ・ダイヤリングのオーダージュエリー

DSC03004.JPG

DSC03030.JPG

私の大好きなイエローカラーの大粒ダイヤモンドでリングを手作りさせていただきました。

ダイヤは2,007カラット、オーバルカット、SI-1クラス、ベリーライトイエローです。鑑定のグレードでは表せないのですが、とにかくダイヤらしい銀色のテリがあり、美しく輝くダイヤモンドでした。
円高の影響もあり、かなりお買い得で手に入れたダイヤです。

この石をセンターにしてKADAお得意のデザイン、リングのウデの部分にダイヤをびっしり彫り留めさせていただきました。ウデの後までしっかりダイヤを留めた贅沢な作りとなっています。

今回のリングの1番の特徴は2カラットのダイヤの厚みが許す限り、簡単に言えばダイヤの後の尖がったキューレットという部分が枠から出ないギリギリのところで石留めをさせていただいたところです。
ダイヤの石留め部分の高さ(厚さ)を最小限に抑えたリングとなっています。

この高さを抑えた分、2カラットの大粒ダイヤにしては普段にしやすいリングとなったと思っています。
おかげさまで、このリングのウデに一直線にダイヤの彫り留めをして、高さを抑えたデザインは今年もたくさん作らせていただきました。まさに今年の「KADAスタイル」の代表的なリングとなりました!!

投稿者 kada : 11:22 | トラックバック

2009年12月01日

プラチナ・ダイヤリングのジュエリーリフォーム

DSC02588.JPG

あっと言う間に12月となってしまいました。振り返ると月日の経つのはほんと早いです!!それだけ歳を確実に重ねているということで、一日一日を丁寧に生活しなければと・・・・
実際には「あれぇっ~~~~~」と流されているという感じですが・・・(笑)

プラチナの6本立爪リングをボリュームたっぷりの4本爪リングにリフォームさせていただきました。人気の5型の1番を基にして4本爪でダイヤを留めたデザインです。
シンプル・イズ・ベストのダイヤリングの完成です!!


投稿者 kada : 10:35 | トラックバック

2009年11月23日

プラチナ・ダイヤピアスのオーダージュエリー

DSC02535.JPG

大粒ダイヤのピアスを作らせていただきました。
1,215カラットと1,252カラットのダイヤを使い、以前3カラットのルビーのリングをお作りしたのと同じように、某超高級ブランド「H・W」風にメレダイヤ取り巻きました。

ダイヤのグレードはどちらともI-1クラス Gカラー ベリーグッドカットなのですが、ここでも「KADAの目利き」自慢です。肉眼で見ても内包物が気にならない、美しいダイヤを選ばせていただきました。かなり自己満足の部分があるのですが、こういうSI-2とかI-1クラスで美しく輝くダイヤを選ぶのがほんと当店は上手だと思います。
そして何より嬉しいのは大粒ダイヤなのですが金額が思いのほか抑えられることです。これが当店のダイヤ選びの一番の特徴だと思います。ただこれはあくまでも当店のジュエリーとして自信を持ってお勧めできる「美しく輝くダイヤ」の基準ですから、やはりお客さまの「美しい」基準が1番大事ですので、そのあたりは実物を実際に比較しながら、ご予算をお伺いした上でお作りさせていただいています。

ハイ!本日も自己満足120パーセントのダイヤピアスです!!

投稿者 kada : 11:29 | トラックバック

2009年11月22日

プラチナ・ダイヤリングのオーダージュエリー

DSC02654.JPG

本日、お納めしたオーバルカットの1カラットダイヤリングです。

センターダイヤはKADA得意のイエローカラーの1、043カラットダイヤです。イエローカラーと言っても今回、石留めさせていただいたダイヤはKカラーで、枠に留めてしまうとほとんど黄味色はわからないくらいで、逆に少し黄味を帯びているせいで肌なじみがよく、さり気なくできるリングになったと思っています。
クラスはSI-2クラスで、ほとんど肉眼では内包物はわかりません。とにかく美しく輝くダイヤです。KADAのダイヤに対する「目利き」度も自画自賛の領域に入ってきました。ええ、自己満足とも言いますが・・・(笑)

枠はこれまたKADA得意のメレダイヤの彫り留めです。リングのサイズ直しに必要なプラチナ部分は少し残してはいますが、見えない後ろ側までダイヤを留めさせていただきました。お客さまのサイズにピッタリ合わせたオーダーならではの贅沢な作りです。

お納めする時にお客さまとダイヤの楽しい話をほんと、たくさんさせていただきました。長時間私のお話にお付き合いくださり重ね重ねありがとうございます。本日は「おしゃべり男」全開の一日でした。

投稿者 kada : 18:28 | トラックバック

2009年10月08日

プラチナ・ダイヤリングのオーダージュエリー

DSC07361.JPG

プラチナ製で当店でダイヤの石から揃えさせていただきリングを手作りさせていただきました。
お客さまのご要望は予算内に納めることと、デザインは人気の5型の4番ということだけで、それ以外はすべて当店におまかせくださったダイヤリングです。

予算内で、美しく綺麗に輝くのが前提でなるべく大きなダイヤをお探ししました。
そこで手に入れたのが1,08カラット・Iカラー・SI-1クラス・エクセレントカットのダイヤです。
これ以上ダイヤの品質を上げても肉眼ではほとんど違いがわからないと思います。
「当店ならではの!ダイヤリング!!」とかなり自己満足というか自己陶酔のリングです(笑)
「ええ、おかげさまでいい仕事させていただいてますッ!!」


投稿者 kada : 10:11 | トラックバック

2009年07月09日

プラチナダイヤリングのオーダージュエリー

DSC00895.JPG

1カラットの楕円形のオーバルカットのダイヤを使いエンゲージリングを作らせていただきました。
センターのダイヤはVVSクラスでMカラーと少し黄味を帯びた優しい色合いが特徴の、とっても美しく輝くダイヤモンドを揃えさせていただきました。

このダイヤに合わせてシンプルに、私が一番得意とする小さいダイヤを一直線に彫り留めしたデザインのリングを手作りいたしました。見えない指輪のウデの後ろ側までダイヤを彫り留めしています。
「心よりお二人のこれからの幸せを願いながら」私の今できる仕事の精一杯を込めて、一生懸命作らせていただいたリングです。

WE`VE ONLY JUST BEGUN ですね!!

投稿者 kada : 13:28 | トラックバック

2008年10月01日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC07669.JPG

記念のプラチナ製のダイヤモンドリングを作らせていただきました。
何の記念かというのはお客さまのヒ・ミ・ツだそうです(笑)

0,311カラット・Gカラー・SI-2クラス・エクセレントカットのとっても綺麗に、美しく輝くダイヤモンドをお使いして、プラチナをたっぷり使って制作させていただきました。
デザインはお客様自身の提案で、「さり気なく、でもダイヤが綺麗に輝き、普段使いにOKなリング」をテーマに一生懸命考えさせていただきました。
ええ、今もお客さまの中指でいい感じで輝いていると思います。なんせ「記念のヒ・ミ・ツの指輪」ですから(笑)


投稿者 kada : 17:08 | トラックバック

2008年09月29日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC07479.JPG

DSC07476.JPG

ブラウンカラーのダイヤモンドのオーダージュエリーが続きます。
大粒、2カラットのダイヤモンドリングを手作りさせていただきました。デザインもお客様自身がお考えになられて、当店なりにアレンジさせていただいたリングです。

ダイヤモンドはやはり美しく輝く、ファンシーライトブラウンカラー、SI-1というクラスの石です。
ダイヤについては前回お話させていただきましたように、自分の目で実際に見て「これは美しい!」と私自身の心に響くダイヤモンドです。
このダイヤリングはお客様自身の来年の還暦の祝いの記念ということで作らせていただいたリングです。ほんと気合の入った逸品となりました!!ええ、あえて語りませんが(笑)このお客様とリングのことを語るとそりゃもう~延々と~~~間違いなく止まりませんね(笑)

投稿者 kada : 12:25 | トラックバック

2008年09月28日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントのオーダージュエリー

DSC07661.JPG

私の大好きなブラウンカラーのダイヤを使ってペンダントネッツクレスを作らせていただきました。
ダイヤモンドは1,7カラット、ライトイエローシュ、ブラウンというカラーのダイヤでクラリティークラスはI-1なのですが肉眼では内包物などはほとんどわからないくらいに綺麗に輝くテリのある石です。
しかも1,7カラットなのですが、ダイヤの面が大きくそれに比べ厚みが薄いため、正面から見ると2カラット以上の大きさに見えるのです。

定番の4本爪の枠をお作りして、オーソドックスな飽きの来ない、しかも丈夫な小豆タイプのネックレスを付けました。薄いタートルネックのセーターとかでも組み合わせができるようにチェーンの長さも調整できるように調節パーツも付けました。

私がブラウンやイエローのダイヤを好きな理由は、白いダイヤは希少で綺麗なのですが、どちらかというと見た目がよそ行きといいいましょうか、何となく威厳があり、目立つ(ダイヤなんですから目だって当たり前ではありますが・・・・笑)のです。真珠で言う白いフォーマルなイメージがするのです。それに比べブラウンとかイエローカラーのダイヤは地肌に付けられると、あまり人を威圧するような雰囲気がなく、さり気なくできる、人目を気にすることなくできることに特徴があると思います。

これは以外と人目が気になる、ここ出雲ではかなり重要なことで(笑)、さり気なく、あまり自己主張をすることなく、他人(ひと)との違いを出したいという地域性(私が思うことですが)にピッタリくるのでは!!
数年前、在庫のファンシーピンクカラーのダイヤ(今は高価で仕入れることができず手も足も出ませんが)がたくさん売れたことも「小さくて、さり気なく、でも他人とは違うものを」というこの地域性からでないかとも思います。

またブラウンやイエローのもう1つの魅力は、同じ金額で白いダイヤよりかなり大きなダイヤが手に入ることもあげられます。ダイヤ本来の美しい輝きがしっかりあり、内包物が肉眼で見て気にならない程度であれば、後のカラーはお客さまの好みの問題となると思います。なんだか先ほどのさり気ないとは逆のことを言っていますが、肉眼で見て「ダイヤ本来の美しい輝きや綺麗さ」があるという前提の上で大きいということは誰が見ても1番わかりやすい価値だと思います。
ただ、この「ダイヤ本来の美しい輝きや綺麗さ」というのもあくまでも個々の受け止め方によりますので、このあたりは私が今まで見てきたダイヤの数とそこからくる経験値による尺度から当店で実際のダイヤを見ながらお話させていただく以外ないのですが・・・・

なんだか話が逸れてしまい、ダイヤモンドの持論を語ってしまいました。
要は単純に、ただ、ただお客さまに「頼んで良かった!!」喜んでもらえるダイヤモンドネックレスやリングをお作りすることを目指しながら、日々素敵な心に響くダイヤとの出逢いを待ち焦がれている私です。
そんな中からまた本日も新しいダイヤモンドネックレスをお作りさせていただくことができました。
ほんと感謝!感謝!!です!!!

投稿者 kada : 12:11 | トラックバック

2008年06月14日

K18・ダイヤリングのオーダージュエリー

DSC05830.JPG

大きいダイヤのオーダーリフォームが続きます。
5カラットのペアシェープカットのダイヤをお使いしてリングを作らせていただきました。
鮮やかなファンシーイエローカラーが特徴のダイヤで、クラリティーグレードも高く、澄んだ輝きの気品あるダイヤです。18金製の枠をお作りして、当店得意の彫り留めでウデの部分にもダイヤをしっかり留めさせていただきました。


投稿者 kada : 10:30 | トラックバック

2008年06月13日

K18ピンクゴールド・ダイヤリングのオーダージュエリー

DSC07252.JPG

3,249カラットのブラウンカラーのダイヤを使ってリングをお作りさせていただきました。
私が思うに、おそらくロシアで産出された非常に石自体に強い輝きのあるダイヤで、内包物も肉眼では全くわからないクラスで、カットもベリーグッドと申し分のない美しいダイヤです。

枠は18金のピンクゴールドを使い、ブラウンダイヤの両脇には白いダイヤをウデの後ろ側までぐるっと彫り留めさせていただきました。センターのダイヤの厚みが許す限り、ギリギリの高さに石座を低くお作りし、リング自体の高さをとにかく極力低くおさえて、逆にウデの厚みを後ろ側まで均等に厚くお作りいたしました。
ピンクゴールドの色が肌の色と同化して、大きいダイヤなのですが優しいブラウンカラーとも相まって、以外とさりげなくできるリングとなりました。

投稿者 kada : 10:05 | トラックバック

2008年06月04日

プラチナ・ダイヤペンダントのオーダージュエリー

DSC07299.JPG

お客さまがお持ちの1,5カラットのダイヤにプラチナ製のペンダント枠を手作りさせていただきました。
このお客さまが二十歳の記念にお父様から送られたとっても大切なダイヤモンドです。

このダイヤには歴史があり、第2次世界大戦中に国に供出されたダイヤで、その後、終戦からしばらくしてから後、大蔵省から売りに出された「大蔵省放出ダイヤ」と言われるダイヤモンドです。ですから戦前にカットされたものですので、現在の均一的なカットとは違い、いかにも人間の手でカットしましたという、おおらかなカットのダイヤモンドでした。しかも1,5カラットなのですが正面からダイヤを見ると2カラットは優に超える大きさに見えるのです。またお客さまから「このダイヤは1度火災にあって、そこから奇跡的に残ったダイヤです!」と聞かされていましたので、より時を超えてきたダイヤという想いがしていました。
そのダイヤをルーペで拝見させていただき、「なんだかほんと日本の近代の歴史の証が記されているようなダイヤだな~」と感心しながら見ていたのですが・・・・

少しおおげさかもしれませんが、その枠をプラチナでお作りして枠に石留めをしたところ、本当にびっくりするようなことが起きたのです。
ダイヤが石だけの時よりも、よりいっそう眩しいばかりに輝きを放ち出したのです。写真ではわからないのですが本当により美しく輝きを放つようになったのです。

私的な考えなのですが、今の時代のダイヤは58面のラウンドブリリアントカットの理想とされる見本のカットになるべく近づくように均一的にカットがされています。ダイヤそのものはとても輝くようにカットされているので枠のデザインや石留め方法によって輝きが違って見えるようなことはほとんどないと思います。
このおおらかなカットのダイヤはその枠の内側の中の微妙な陰影とか、爪の映りこみ、によって輝きの表情が違って見えるのではと・・・たまたまお客さまに指定されたデザインと石留め、ダイヤを固定する石座との陰影のバランスがこの眩しいばかりの輝きの原因になったのではと思います。

素直にこの眩しい輝きを見て、心より嬉しくなりました。そしてお客さまの顔が浮かびます・・・と言ってもインターネットからのお客さまですのでお顔もわからないのですが(笑) そして私もこのダイヤに見習って少しおおらかさを取り戻さなきゃと・・・・充分におおらかでザルだという周りの声もありますが・・・(笑)ええ、このダイヤ、なんだか自分と似ている気がして、とてもいとおしく感じます。

インターネットからの素敵なご縁が生み出してくれた、偶然で奇跡の眩しいダイヤモンドペンダントです。


投稿者 kada : 17:45 | トラックバック

2008年05月10日

K18・ダイヤリングのオーダージュエリー

DSC07143.JPG

私の大好きなハートシェープカットのダイヤでリングを手作りさせていただきました。
真ん中のダイヤは Dカラー SI-1クラス ハートシェープカット 2,377カラットで両脇にシンプルに角型のテーパーカットのダイヤを留めました。
できるだけシンプルなデザインで、18金製の枠をお作りして、普段に使いやすくしたところがこのリングのチャームポイントです。

このハートシェープのダイヤはグレードがSIクラスなのですが、目で見て「ほんと綺麗だな~」と思う美しく輝くダイヤの見本のようなリングです。まさしく自画自賛ですね(笑)
いくら品質(グレード)が良くても輝かない、綺麗でないダイヤも中にはありますので、「やっぱり自分のダイヤを見る目の素直な感性、直感を大事にしなくては!!」とつくづく思う作品となりました。

投稿者 kada : 10:15 | トラックバック

2008年05月09日

プラチナ・ダイヤリングのオーダージュエリー

DSC07134.JPG

Hカラー I-1クラス オーバルカット 1.063カラットのダイヤを中心にして、プラチナ製のリングを作らせていただきました。
当店が得意とするI-1クラスのダイヤを使ったオーダージュエリーです。
「どこかで見覚えがあるデザインだな~?」なんて野暮なことは言わないでくださいね(笑)

投稿者 kada : 10:19 | トラックバック

2007年12月13日

プラチナ・ダイヤリングのオーダージュエリー

DSC06551.JPG

プラチナ製のダイヤリングを手作りさせていただきました。
細い幅の平打ちリングをお作りして、その幅の内でギリギリ留まる大きさの、しかも最上級の品質のダイヤモンドを10個彫り留めさせていただきました。
さりげなく美しく、しかもオーダーならではの贅を尽くした記念の指輪です。

投稿者 kada : 12:07 | トラックバック

2007年11月13日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC06173.JPG

オーバルカットのダイヤモンドを当店で取り揃えさせていただき、これを人気の5型の3番のデザインで手作りさせていただいた指輪です。
Dカラーという1番白いダイヤを選んでいただき、普段使いができるようにしたシンプルリングです。

投稿者 kada : 10:52 | トラックバック

2007年11月07日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC06429.JPG

数ヶ月間も途絶えてた当店でお作りしたジュエリーの写真のご紹介をまた少しづつしていきますね。
ボチボチがんばりますッ!!

1カラットのマーキーズ・ブリリアントカットのダイヤを当店でお買い上げいただき、その石に合わせて普段使いができて、引っ掛かりがないリング枠をプラチナで手作りさせていただきました。

1カラットの大きさとなると、通常かなりリング自体のボリュームがでるのですが、このマーキーズカットのダイヤはそのカットの特徴から横に使うとリング幅がとっても細く作れます。そのため普段使いのリングをお作りするには1番適したカットだと思います。
マーキーズカットのダイヤは誰が見ても華やかと感じる丸いラウンドカットと違い、そのカットの奥底で「キラッ、キラッ」と閃光のように輝く、大人の雰囲気を持つダイヤモンドだと思います。個人的にもとっても大好きなカットです。

投稿者 kada : 11:35 | トラックバック

2007年07月26日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントのオーダージュエリー

DSC06229.JPG

2,210カラット、イエローカラー SI-2クラス GOODカットの大粒ダイヤでシンプルな6本爪のペンダントネックレスをお作りしました。

4月が誕生日で、その誕生石のダイヤモンドをお守り代わりに身に付けておきたいとのご要望からこのダイヤのネックレスをプラチナで作らせていただきました。

さすがに2カラット以上のダイヤとなると、いくら当店が特価でお出ししたとしても、金額的にはかなり高価になります。ですから通常ですとなかなかもったいなくて普段使いが少し難しいと思われるところですが、このお客さまの場合、ダイヤそのものの価値観より、「お守り」という価値観が上回っています。
「たまたま誕生石がダイヤであった」ということだけで、よくお守りにされる水晶のペンダントと同じ感覚で身に付けていらっしゃいます。ですからほんと、このダイヤモンドとお客さまといつも仲良く一緒です。

ある意味、究極の贅沢かもしれませんね(笑)

■写真のみのご紹介となります。

投稿者 kada : 11:55 | トラックバック

2007年07月25日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC06277.JPG

Dカラー I-1クラス GOODカット 0,400カラットのダイヤのルースを今回の決算セールでお買い上げいただきました。

通常、I-1クラスだとダイヤの中の内包物が明らかに肉眼で見える場合が多く、ダイヤ自体の輝き、綺麗さが損なわれるのですが、このダイヤの場合、ダイヤの鑑定士が間違えたのではないかと思えるくらいに、I-1クラスにしてはほとんど内包物が目立たなく、美しく輝くダイヤモンドでした。

「やはり私自身の日頃の行いが良いから、たまにこういう掘り出しモノのダイヤが仕入れられるんだよね~!」と言うと、スタッフの皆は「やっぱりこのダイヤを紹介してくれた取引先のグレースダイヤモンドの社長の行いでしょう!!社長(私)も感謝して見習わなきゃね~~」と言われました(泣)

何はともあれ、素敵なお客さまとご縁があり、このダイヤで指輪をお作りすることとなりました。
デザインは当店の人気の5型の1番を基本に両サイドに4個づつダイヤを彫り留めさせていただきました。

ワンパターンとか思われるかもしれませんが、当店が今、自信をもって1番得意な仕事と言える、私身も1番お気に入りのデザインです!!とにかくダイヤが綺麗に並び、美しくシンプルに輝きます!!!

■写真のみのご紹介となります。

投稿者 kada : 18:52 | トラックバック

2007年07月24日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC06417.JPG

引き続き、決算セールでお買い上げいただいたダイヤのルース(裸石)からのオーダージュエリーです。
ほんとおかげさまでここのところ、しっかり仕事させてもらってますッ!!

イエローカラーのマーキースカット、0,913カラットのダイヤをプラチナ製でシンプルなリングに仕立てさせていただきました。

このダイヤもほんと、ダイヤが銀色にキラキラ輝くため、目で見ると元々のイエローカラーを感じさせません。また場面と言って、正面からダイヤを見た時の大きさがとっても大きく、0,9カラットにもかかわらず1カラット以上の大きさに見えます!!
しかも、お値段は0,9カラットのお値段ですから1カラットに比べてかなりのお買い得の金額になります。
まさしく当店ならではの、KADAスペシャルマジックプライス!!とでも言いましょうか、とっても見た目がお得な(笑)ダイヤリングとなりました。

■写真のみのご紹介となります。

投稿者 kada : 10:52 | トラックバック

2007年07月23日

K18・ダイヤモンドピアスのオーダージュエリー

DSC06269.JPG
DSC06270.JPG

決算セールのお買い得ダイヤルース(裸石)を使ってのオーダージュエリーが月末に向けて続々誕生しています。
今日は0,5カラットのダイヤモンドルースを2個使って、18金製のダイヤのピアスが完成しました。
ほんと、オーソドックスな4本爪のダイヤモンドピアスなんですが、なるべくシンプルにダイヤを留めた枠の後ろ側が個人的に気に入っていて(笑)、今回わざわざピアスの後ろ側まで写して紹介しています。

もちろん、当店自慢のとっても美しく輝くダイヤですよ!!

■写真のみのご紹介となります。

投稿者 kada : 11:47 | トラックバック

2007年07月22日

プラチナ・ダイヤモンドペンダントのオーダージュエリー

DSC06264.JPG

実店舗では只今、決算大セールを開催中です。
特に私のとっても大好きな、ダイヤのルース(裸石)を特価で販売しています。どれも私自身がしっかりと自分の目で確かめた自慢の美しいダイヤモンドの逸品たちです。

今月初めにお買い上げいただいたそのダイヤルースがジュエリーとして月末にかけてたくさん誕生します。今日はその1つを紹介させていただきます。
1,583カラット SI-2クラス Mカラー GOODカットのダイヤモンドを究極のシンプルな4本爪のペンダントに加工しました。

写真ではわからないのですが・・・と言うか、写真を写すのが下手でそれを表現できるウデがないと言うのが正しい言い方なのですが・・・・とっても美しく銀色に輝くダイヤモンドです。Mカラーと少し黄色味を帯びているダイヤモンドなのですがそれがわからないほどキラッ、キラッと輝いています。
これをお客さまの首周りに合わせてネックレスの長さも調整して、とにかくさりげなく胸元にダイヤだけがあるよう作らせていただきました。

う~ん、やっぱり実物を見ていただかないと、このダイヤの素晴らしい輝きの感動は伝わらないようですね(笑)
・・・・写真の撮影をもっと勉強しなくちゃ・・・・

■写真のみのご紹介となります。

投稿者 kada : 11:45 | トラックバック

2007年07月18日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC06308.JPG

0,5カラットのダイヤモンドで、しかもホワイトのトップカラーのDカラー、VVS2、エクセレントカットという高品質のダイヤモンドをお買い上げいただき、これを中心にして両脇に5個づつダイヤを彫り留めしたリングを作らせていただきました。

デザインの基本は当店の人気の5型の1番です。このタイプは普段からしやすいデザインなのですが、今回リングの幅の許す限り、めいっぱいのサイズの、しかも真ん中のダイヤに負けないくらいの綺麗なダイヤを合計10個彫り留めしています。
正面から見るとほとんどダイヤしか見えません。ですからほんと眩しいくらいに美しく、しかもさりげなく、「キラッ、キラッ」、と輝くダイヤモンドリングとなりました。

これぞ、まさしく当店が1番得意な仕事です!!

■基本加工料 18,900円
■センターダイヤ石留め加工料 21,000円
サイドダイヤ石留め加工料 2,100円×10個=21,000円
■加工代金合計 60,900円 (+プラチナ代金+ダイヤ代金)

投稿者 kada : 10:48 | トラックバック

2007年07月15日

K18・ダイヤモンドイヤリングのオーダージュエリー

DSC06330.JPG

当店で用意させていただいたダイヤモンドのルース(裸石)の中から選んでいただき、18金を使ってダイヤモンドのイヤリングを作らせていただきました。

0,5カラットづつ、トータル1カラットのペアーシェープカットと0,3カラットづつ、トータル0,6カラットのマーキーズカットのダイヤを組み合わせてペアーシェープダイヤがキラキラ揺れる素敵なイヤリングとなりました。
正面から見るとイヤリングの金具が見えないようになっていて、耳元でダイヤだけが美しく輝くデザインです。
あえて18金でお作りしたのもお客さまのご希望からです。

イヤリングはリングやペンダントネックレスに比べ、とっても目立つアクセサリーです。ある意味、「相手に見られる」ということを意識すると、とにかく1番重要なアクセサリーはイヤリングやピアスだと思います。
ついつい、落としやすいからとか、するのが面倒だとかで軽視されがちなイヤリングですが、これをバッチリ決めるとほんと印象が違い、素敵に見えること間違いなしです。

皇室の方々のお付けになるジュエリーのイメージはやはり耳元のジュエリーの印象が1番残っていると思います。結婚式の花嫁さんのアクセサリーで1番重要なのもイヤリングです。これがうまくコーディネイトできるかできないかで見栄えが断然違います。

このイヤリングを身に付けられるお客さまのオシャレの達人振りがうかがわれる逸品となりました。

■今回は写真だけのご紹介です。


投稿者 kada : 11:33 | トラックバック

2007年05月13日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC05342_edited.JPG

当店在庫のプリンセスカットのダイヤモンドをお買い上げいただき、シンプルな4本爪のリングをお作りさせていただきました。ダイヤモンドの定番中の定番デザインのリングです。

■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 21,000円
■加工代金合計 39,900円 (+プラチナ代金)

投稿者 kada : 10:24 | トラックバック

2007年05月03日

プラチナ・ダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC05154_edited.JPG

ダイヤの石のみ(ルース)をお預かりさせていただき作らせていただいたオーダージュエリーです。

センターがプリンセスカットのダイヤモンド、ウデの両脇に小さいダイヤを3個づつ留めさせていただきました。
普段使いにもってこいのシンプル・イズ・ベストリングです。

■基本加工料 18,900円
■センターダイヤ石留め加工料 21,000円
■サイドダイヤ石留め加工料 2,100円×6個=12,600円
■加工代金合計 52,500円 (+プラチナ代金)


投稿者 kada : 16:20 | コメント (2) | トラックバック

2006年10月30日

プラチナ・ピンクダイヤモンドペンダントのオーダージュエリー

DSC05728.JPG

ハイ!私の大好きな天然ピンクダイヤのペンダントネックレスをお作りいたしました。

既成の枠を使えば金額的にはもっとお安くなるのですが、お客さまの意向であえて手作りさせいただきました。
これだけでもお客さまがこのピンクダイヤに並々ならぬ気持ちをもっていただいていることがわかります。・・・・そうさせたのは私という話も(笑)・・・・・
もちろん、しっかりファンシーピンクカラーの鑑定の取れたピンクダイヤです。
当店在庫の最後の0,2カラット台のピンクダイヤでした。もうこの価格では手に入らないのではと思います。
さりげなく普段使いができ、でも自己満足度200パーセントのジュエリーです。「わかる人にしかわからないところがいい!!」とお客さまがおっしゃってました(笑)
ほんとまさしく価値ある、今後が楽しみなジュエリーです!!

■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 10,500円
■プラチナ代金1,5g×8,400円=12,600円
■ネックレス代金 31,500円
■ファンシーピンクダイヤ 0,21カラット 350,000円
■完成代金 423,500円

投稿者 kada : 11:07 | トラックバック

2006年10月24日

プラチナ・ピンクダイヤモンドリングのオーダージュエリー

DSC05650.JPG

ファンシーピンクカラーのダイヤの婚約リングを作らせていただきました。
ここのところ入手が難しいピンクダイヤですが、今回、素晴らしく綺麗に輝くファンシーカラーのものを手に入れることができました。ほんとラッキーとしか言いようがありません。

この希少なダイヤを使って婚約指輪をお作りいたしました。人気の5型の1番を基本にして少しV字にウデをカーブさせました。普段使いをメインにした素敵なデザインです。
ダイヤは世界で最も硬い宝石で、普段使いには一番適した石です。もったいない!なんて言わないで、ぜひ使ってやってくださいね!!

今回は加工料だけのご紹介です。
■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 15,750円
■プラチナ代金 8グラム×8,400円=67,200円
■総加工料 101,850円

投稿者 kada : 10:51 | トラックバック

2006年07月25日

プラチナ・ダイヤ、グリーンガーネットペンダントのオーダージュエリー

DSC05398_edited.JPG

1カラットのマーキスカットのダイヤを使ってプラチナのペンダントをお作りいたしました。
小さいデマントイド・ガーネットというグリーンガーネットをデザインのアクセントに使いチェーンを通す部分に彫り留めしました。ダイヤと違いかなり割れやすいデリケートな石のため彫り留めの職人さんにも丁寧な仕事をしてもらいました。

マーキスカットダイヤのおとなしい、奥深いやさしい輝きとデマントイドガーネットの鮮やかなグリーンとのコントラストが美しいジュエリーとなりました。
まさしくアンティークジュエリーのように、代々に渡りずっ~と身に付けていただけるペンダントになったと思います。

今回はペンダントの加工料だけのご紹介です。
■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 ダイヤ 15,750円
           ガーネット 2,100円×6個=12,600円
■プラチナ代金 5グラム×8,400円=42,000円
■総加工料 89,250円

投稿者 kada : 19:57 | トラックバック

2006年02月05日

誇るべきkADAブランドの誕生

DSC05109.jpg

フルオーダーのダイヤモンドペンダントネックレスを作らせていただきました。

実はこのデザイン昨年この日記でも紹介させていただいた、当店のあるショッピングセンター「パラオ」の25年を記念して当店の特別企画品として手作りで作った商品です。
これを以前リフォームしていただいたお客様に見ていただき、なんと今回ご注文をいただき、改めて最初から手作りさせていただいた逸品です。
今週、納品させていただき大変気に入ってていただきました。
このようなシンプルでダイヤの輝きを最大限美しく見せる仕事こそ当店の一番得意とする仕事です。

そしてお客様からこのペンダントに名前を付けていただきました。

EDITH  エディス ジュエリー
E  elegant        優美な、上品な D  delicate        精緻な、繊細な
I   intelligent       知的な T  trendy      トレンディな
H  healing   いやしのある

本当に嬉しい限りです。
誇るべきkADAブランドの誕生です!!!!

投稿者 kada : 20:13 | トラックバック

2005年08月12日

エンゲージリング

DSC04611.jpg

エンゲージリングをオーダーで作りました。
今日は友引なので納品させてもらいました。
お嫁さんになる方にとても喜んでいただいて、
こちらも嬉しくなりました。
おしゃれでとても素敵なカップルです。
いいですね~新婚さんって、一番いい時ですよね。
私ももう一度あの頃に戻りたい・・・。

ダイヤの指輪はセンターの石が0.5カラット。
枠にボリュームを持たせ更に2つずつメレダイヤも入れて豪華につくりました。
でも、石を伏せこんであるので普段にも使いやすいです。
最近はシンプルに華奢にってよくお客様が言われるけど
こういう風にしっかり枠があるのも素敵です。

石に合わせて、お嫁さんの指に合わせて、ワックスを削り作った
世界でひとつだけ、この方の為だけのリングです。
幸せな時の一端を担えた幸せな仕事でした。
どうぞ末永くお幸せに・・・♪

投稿者 kada : 19:10 | トラックバック