カテゴリー  ダイヤ以外のオーダージュエリー例

2012年02月12日

K18・南洋ゴールデンパールペンダントのオーダージュエリー

DSC09437.JPG

ひきつづき、もうひとつ南洋ゴールデンパールの珠を使ったオーダージュエリーのご紹介です。
0,1カラットのダイヤモンドをパールの上に付けたペンダントを18金製で作らせていただきました。ゴールデンパールの色合いに合うよう、ダイヤも少しイエローカラーのものを用意いたしました。ネックレスチェーンは小豆タイプの45センチを付けています。
ちなみにこちらの金額も昨日と同様、18金製、サイズ11ミリの珠で0,1カラットダイヤモンド付き、52,500円でお作りしています。

投稿者 kada : 10:55 | トラックバック

2012年02月11日

K18・南洋ゴールデンパールピアスのオーダージュエリー

DSC09462.JPG

1月の国際宝飾展で当店スタッフ、加田香子が南洋ゴールデンパールの珠をたくさん買い付けしてきました。当店で加工して製品として2月の店頭での売り出しの目玉にしようと思っていたのですが・・・・
偶然お店にご来店いただいた数人のお客さまが、その珠を見て気に入ってしまい、製品にする前に珠だけで完売してしまいました(笑)

今回のピアスもその一つです。通常ですとパールを揺れるようにしてピアスにするのですが、お客さまのご要望で直接18金のピアス金具をパールが揺れないようにつけています。実際にお店でつけていただくと、お客さまの雰囲気にピッタリ!!あまりにも素敵なので、この日記にピアスをつけたお客さまの写真を載せたいとお願いしたのですが・・・・・・・残念ながら許可が下りませんでした(笑)

ちなみに今回のオーダー金額は
サイズ11ミリ珠南洋ナチュラルゴールデンパールを使って18金ピアス加工込みで 52,500円です。


投稿者 kada : 10:18 | トラックバック

2011年12月25日

K18・ガーネットペンダントのオーダージュエリー

DSC08291.JPG

本日もクリスマスの日にふさわしいジュエリーのご紹介です。
1月産まれのお客さまからのオーダーで誕生石・ガーネットを当店で揃えさせてもらい、写真のペンダントを作らせていただきました。
カットが美しく、いかにもガーネットらしい濃い赤色をしたガーネットです。ノアの箱舟の中で灯火となり、暗闇を照らしたと言われる石で、古くから魔除けのお守りとして使われていた歴史ある宝石です。
その美しい赤色が引き立つよう、18金イエローゴールドを使い、石の周り全部にダイヤを彫り留めしました。
アンティークジュエリーが持つクラシックな雰囲気が漂う作品になったと思います。

投稿者 kada : 08:44 | トラックバック

2011年12月07日

プラチナ・イニシャルペンダントのオーダージュエリー

DSC08217.JPG

DSC08226.JPG

KADAとしては珍しく、プラチナ製で「H」のイニシャルペンダントを作らせていただきました。
文字のデザイン等はおまかせでしたので私が考えたものです。KADAでお作りするジュエリーのほとんどがダイヤをメインとしたものですから、以外と地金だけのジュエリー作りは難しいものだと思いました。

投稿者 kada : 10:28 | トラックバック

2011年11月08日

プラチナ・黒蝶真珠リングのオーダージュエリー

DSC07939.JPG

KADAとしては珍しく、プラチナ製でタヒチ産の黒蝶貝の真珠のリングを作らせていただきました。
ピーコックグリーンと言われる、タヒチ産の最高級の色合いの珠です。真珠のテリ(光沢)がよすぎて私の手とカメラが真珠の表面に写り込んでいます。・・・・・私の写真が下手とも言えます。ゴメンナサイ(笑)

投稿者 kada : 11:38 | トラックバック

2011年08月08日

プラチナ・エメラルドペンダントネックレスのオーダージュエリー

DSC06849.JPG

5月が誕生日のお母さまのために、そのお嫁さんからオーダーを受けてお作りした、5月の誕生石・エメラルドのペンダントネックレスです。
エメラルドはもともとキズが多い石ですので、キズの少ない透明なものを探すのはかなり難しく、しかも緑色の鮮やかな石となると、なかなか簡単には出逢えません。また、その石のほとんどにオイルや樹脂が含浸されています。そんな中で今回「これは!!」というエメラルドをお探しして、プラチナ製のペンダントネックレスをお作りしました。お嫁さんのお母さんを思う、心のこもったジュエリーです。


投稿者 kada : 13:56 | トラックバック

2011年07月03日

K18・ルビーリングのオーダージュエリー

DSC07044.JPG

DSC07055.JPG

7月ということで、調子に乗って(笑)3連続でルビーリングのご紹介です。

1,04カラットのとびっきり鮮やかな赤色(vivid red)、ピジョン・ブラッドカラーのルビーを使って、KADAお得意のダイヤ彫り留めタイプのデザインで指輪を作らせていただきました。おそらくルビーはビルマ(ミャンマー)で産出されたものだと思います。
プラチナを使わず、その鮮やかなルビーの赤色を引き立てる、18金・イエローゴールドでお作りしたところが特徴のリングです。

投稿者 kada : 10:34 | トラックバック

2011年07月02日

プラチナ・ルビーリングのジュエリーリフォーム

DSC05906.JPG

昨日に引き続き、今月の誕生石・ルビーのリングのご紹介です。

お母さまから受け継がれた、プラチナ製の小さいダイヤが二重に取り巻いた、普段すると何かに引っかかってしまうほど背の高いリングをジュエリーリフォームさせていただきました。

元々のリングからルビーの石だけを使い、プラチナはリサイクルさせていただき、両サイドのダイヤは新たに揃えさせていただきました。デザインは当店の人気の5型の4番のを少しアレンジしたものとなっています。

投稿者 kada : 12:02 | トラックバック

2011年07月01日

プラチナ・ルビーリングのオーダージュエリー

DSC07313.JPG

DSC07323.JPG

さあ!7月です!!気分も一新、今月の誕生石・ルビーリングのご紹介からスタートします。

大粒7,84カラット、カボションカットのハート型のルビーでプラチナ製のリングを作らせていただきました。
ルビーはカボションカットのものにしては珍しく、内包物が少なく、クリアな鮮やかな赤色のもので、何よりハートの形がバランスよく、見るからにカワイイ!と思わせる石です。

ハートの形が引き立つよう、石のセンターより少し下側にシンプルなウデをつけ、5本の小さい爪で石留めしました。お客さまのご希望でウデの右側にダイヤがひとつ留められています。

投稿者 kada : 10:51 | トラックバック

2011年05月29日

プラチナ・パールリング&イヤリングのオーダージュエリー

DSC06815.JPG

お手持ちの天然ナチュラルブルーのアコヤ貝真珠のネックレスに合わせて、同じ色合いの真珠を当店でお探して、リングとイヤリングをお作りいたしました。フォーマルな場面には欠かせないパールジュエリーです。

投稿者 kada : 10:22 | トラックバック

2011年02月10日

プラチナ・サファイアリングのオーダージュエリー

DSC06485.JPG

DSC06480.JPG

DSC06488.JPG

DSC06491.JPG

DSC06499.JPG

本当に、久々に大粒で、見ていると吸い込まれるような気がする美しいロイヤルブルーを湛えた、透明度の高いサファイアのリングを作らせていただきました。
枠はプラチナ製でサファイアが7,390カラット、両サイドのエメラルドカットのダイヤが1,514カラットと1,540カラットです。このリングは石探しからはじまって、スタッフ皆の協力がなければ完成しなかった作品です。「美しい」と「感謝」の想いを兼ね備えたリングとなりました。

投稿者 kada : 09:26 | トラックバック

2011年01月29日

プラチナ・サファイアリングのオーダージュエリー

DSC06455.JPG

DSC06470.JPG

DSC06472.JPG

ロイヤルブルーがとても美しく、色抜けがなく、内包物がほとんど肉眼で確認できない7,390カラットのサファイアと少しイエロー味を帯びたVSクラスの1,514カラットと1,540カラットのエメラルドカットのダイヤを使ってリングを製作中です。
まだ枠はダイヤの爪が付かない状態ですが、これから気合を入れて仕立てていこうと思います。
とっても美しく素敵な指輪になりそうです。

投稿者 kada : 19:22 | トラックバック

2010年08月14日

プラチナ・ルビーリングのオーダージュエリー

DSC05213.JPG

奥様の還暦をお祝いしてご主人からのプレゼントです。
美しく輝くミャンマー産のルビーをリングの中心に埋め込み、ウデの両サイドにダイヤを彫り留めいたしました。引っ掛かりがなく、普段から身に付けられる、お守り代わりのリングです。

投稿者 kada : 10:22 | トラックバック

2010年08月02日

プラチナ・ルビーピアスのオーダージュエリー

DSC05348.JPG

DSC05338.JPG

私の大好きなハートシェープのルビーを使ってプラチナ製のピアスを作らせていただきました。

片方が1カラットづつ、トータル2カラットのルビーで写真ではわかりにくいのですが、ミャンマー産の鮮やかな赤色をしたものです。ハートのカワイイ形が強調されるよう、少しルビーと枠の間に空間を作り、枠全体に小さいダイヤを取り巻いたところがデザインの特徴です。

投稿者 kada : 19:44 | トラックバック

2010年07月25日

プラチナ・アクアマリンリングのオーダージュエリー

DSC05073.JPG

DSC05081.JPG

DSC05086.JPG

以前からご紹介しています、9,05カラットのクッションカットのアクアマリンのリングが完成いたしました。
最初の石でのご紹介が5月27日でしたので約2ヶ月の制作期間を経ての完成となりました。

デザインは当店得意の、リングのウデの部分にダイヤの彫り留めを施したもので、アンティークジュエリーを思わせるクラシックなスタイルのリングです。
ハイ!ワンパーターンとも言われますが(笑)・・・このスタイルが得意で、私自身が大好きなもので・・・
KADAスタイルとでも申しましょうか!

この9,05カラットの大きなアクアマリンのリングを遊び心たっぷりで身に付けてもらいたいと思います。
ここのところの猛暑の最中の完成で、お客さまには少しでもこのアクアマリンで涼しさを感じていただければ
・・・・・・「間違いなくパーワー満点の石です!!」

投稿者 kada : 10:36 | トラックバック

2010年07月01日

クッションカットのアクアマリン枠のキャストが上がりました。

DSC05009.JPG

気が付けば、もう7月!月日の経つのが早い!!このあいだ正月だったような気がするのですが・・・
ハイ!もう夏です!(笑)!

今、宝石工房KADAで手作りさせていただいている、この7月の夏にふさわしいジュエリーをまずはこの1日に紹介させていただきますね。

この日記で5月27日に紹介させていただいた、アクアマリンの石に合うようにお作りしたプラチナ製の枠のキャスト(鋳造)が上がりました。ほんと1ヶ月以上も経って、やっとプラチナ枠が上がり、これからきれいにピカピカに磨き、気合いを入れて石留めをさせていただくところです。なんとか夏のうちに間に合わせねば!!

一歩、一歩、というか、ほふく前進(笑)のような、ズルッ、ズルッ、という亀の歩みですが、7月も気合いを入れて、でも空回りしないような仕事をさせていただきます。
本日もこれから、心を込めた!丁寧な仕事を!!目指します。

投稿者 kada : 10:25 | トラックバック

2010年05月27日

クッションカットのアクアマリン

DSC04836web.jpg

最近、石の輸入業者さんから9,05カラットのアクアマリンの石を入手しました。カットがクッションカットといって、アンティークジュエリーや10カラット以上の大きな石に見られるカットです。

言葉どおりクッションの形に似ているのでクッションカットと言われています。カットとしてはかなり昔から使われていたカットで、そのアンティークの雰囲気に惹かれて入手しました。

昨日、このアクアマリンを使ってリングを作ることになりました。この石を選んでいただいたお客さまのイメージに合わせた素敵なリングをお作りできるよう、まずはワックスモデルの制作にとりかかかかります。


追記
パソコンに向かって、この文章を書いている時に、ふと後を振り向くと床になぜか水がいっぱい!
お店の通路にまで流れ出しているではありませんか!!
そっ、そっ、、そういえば、流し台の桶に水を溜めていて、蛇口の水を出しっぱなしだったかも、で日記を書き始めて、水を出しっぱなしにしていたことを忘れて・・・・でも流し台の排水口から流れ出すはずなに・・・・???

おおおっ~~~排水口が何故か詰まっていて,流し台の中の排水口のつなぎ目から水が逆流している!!
なんてっ事だ~~~ これもやはりこのアクアマリンのなせる技かっ!さすがアクアマリンっ、読んで字のごとく海の水の石と言われる所以か!!はたまた、水の精霊オンディーヌの化身か!!!・・・(大笑)
・・・とバカなことを考えながら、本日午前中は流れ出した水の始末で終わりました(泣)
ええ、私の大ボケが原因です。ほんと歳は取りたくありません・・・ハイ

投稿者 kada : 14:28 | トラックバック

2009年12月31日

プラチナ・K18ホワイトゴールド・アメシストイヤリングのオーダージュエリー

DSC03326.JPG

DSC03352.JPG

DSC03358.JPG

本年を締めくくる仕事です。アメシストのペアのカボションカットの石を当店で揃えさせていただき、その石に合わせてイヤリングをお作りさせていただきました。

実はこの仕事、インターネットを通してでのご依頼で、「できるだけアメシストの石しか見えないようなイヤリングを!」というご要望でした。こういう場合はやはり実際にお客さまにお会いして、耳に付けたところを何度も確認しながら、微妙な角度を調整しながらお作りしないといけないため、また石もこちらで取り揃えなければならないため、一度はお断りをした仕事でした。

そこからお客さまとのメールのやりとりが何と27回も繰り返され、製作がスタートすることになりました。ほんとお客さまの熱意には頭が下がりました。感謝!感謝!!です。

なるべくプラチナ製の枠を見せずに、爪も石が外れない程度に最小限にしてお作りしたもので、耳に付けた時に石が正面を向くように、枠の厚みを内側は薄く、外側は厚くして、右耳と左耳専用にしてお作りいたしました。18金のホワイトゴールド製の耳に付ける金具も、耳にフィットするように考えて1番つくりの良いベストのものを選んで、これも最小限見えなくなるようにロウ付け(溶接)させていただきました。

本日、31日にお客さまのお手許に届くようになっています。

おかげさまで、年を架けてたくさんの仕事をいただいています。また来年に向かって、心を込めて、1つ1つ、丁寧な、気合いを入れた仕事をさせていただきます。どうかお待ちのお客さま、ぜひ楽しみにしてくださいませ。

「本年も本当にお世話になりました。スタッフ一同で感謝しています。どうかよい年をお迎えくださいませ。」


投稿者 kada : 10:15 | トラックバック

2009年12月25日

クリスマスリング!!プラチナ・ルビーリングのオーダージュエリー

DSC03285.JPG

DSC03203.JPG

DSC03208.JPG

DSC03241.JPG

もうひとつ、クリスマスの日にふさわしいリングの完成です。  ハートシェープの美しいルビーを18個連ねた、トータル5,309カラットのエタニティーリングを作らせていただきました。

ハートシェープが大好きな私にとって、願ったりかなったりのオーダーで、半分以上、趣味の領域で思いっきり楽しみながら作らせていただきました(笑) 我ながら同じ形の美しいハートシェープがほんと、良く揃ったと思います。プラチナ製で極力、枠や爪が見えないように、ルビーの赤の鮮やかさと、カワイイハートのかたちが引き立つように心がけました。

まさしく、メリークリスマスリング!となりました!!

投稿者 kada : 12:25 | トラックバック

2009年10月02日

プラチナ・ルビー ダイヤリングのオーダージュエリー

DSC01077.JPG

DSC01081.JPG

DSC01083.JPG

プラチナ製で美しく輝くダイヤをリングの全周グルリと石留めしたフルエタニティーリングを作らせていただきました。ダイヤの石留めの間に均等に全部で5個、ダイヤと同じサイズのルビーを留めさせていただいています。リングの側面にもそれぞれ片面づつダイヤとルビーを5個石留めしています。

「エタニティー」という言葉は永遠とか永久という意味で、ダイヤが全周に留まっているので「フル」をつけています。「永遠に変わらぬ愛を示すリング」とも言われています。全部ダイヤが留まっていますので、サイズ調整ができないため、まさしく身に付けられる方のサイズの合わせたシンデレラリングとなります。その分お作りする当店も指のサイズを合わせるのに慎重の上にも慎重となるリングです。

ルビー5個の意味はこれを身に付けられる方が、5年前の7月に自分のお店をオープンされて、そのお店の5周年を記念する意味で7月の誕生石ルビーを石留めしたものです。、リングはその5周年を祝って、お店のオーナーさまへのプレゼント用としてお作りさせていただいたものです。
サイドの5個のルビーは今までの5年、もう片方のダイヤはこれからの輝く5年を表しています。

昨日のルビーリングと同じように、こういうデザインがシンプルでダイヤやルビーの美しさを最大限に引き立たせる仕事は上手いな~~」と自画自賛の私です(笑)
この仕事をご依頼いただいたお客様からも「グッド!ジョブ!!」とお褒めの言葉をいただきました。
10周年も楽しみしてますね(笑)


投稿者 kada : 10:07 | トラックバック

2009年10月01日

プラチナ・ルビーリングのオーダージュエリー

DSC01402.JPG

プラチナ製でハートシェープカットのルビーリングを手作りさせていただきました。
ルビーの大きさは3,04カラットで、この大きさでハートの形のバランスの良い、美しい石を探すのはなかなか難しいのですが、うまく今回入手できまして、お客さまにおすすめしたところ一目ぼれとなり、今回のリングを作らせていただきました。

綺麗な小さいメレダイヤをシンプルに取り巻いたデザインは定番の型で、「カワイイ!!」がコンセプトとなりました。ウデの部分にも同じようにダイヤを留めていきました。
「こういうダイヤを使ったシンプルなリング作りはほんとウチは上手だな~~」と自画自賛のルビーリングです(笑)

投稿者 kada : 03:02 | トラックバック

2008年05月31日

プラチナ・ルビーリングのオーダージュエリー

DSC06766.JPG

この日記で5月27日に紹介させていただいた「30年目の結婚指輪」のお客さまの嬉しい後日談です。
結婚指輪をお作りいただいたお客さまのお嬢さんの結婚が決まり、なんとその婚約指輪を作らせていただきました。

真ん中のルビーはお母さんから受け継がれたルビーです。ルビーリングとしてはかなり昔の18金のデザインでしたので、今回、プラチナ製の枠をご主人になられる方から婚約指輪としてプレゼントなさいました。
「シンプルで普段から付けやすいデザインで!(お嬢さん)、婚約指輪らしくとキラッ!とさりげなく上質に輝くように!!(婚約者)」というお二人のリクエストから写真のルビーリングを作らせていただきました。

「ひっかかりがなく、普段使いができるよう」当店の人気の5型の1番のデザインでルビーリングをまずはお作りして、「さりげなくキラッ!と輝くよう」そのルビーを中心にしてサイドに5個づつ、とびっきり綺麗に輝く、グレードの高いダイヤを彫り留めさせていただきました。

お母さまの「30年目の結婚指輪」から始まる素敵なご縁が紡ぎだした、優しい心がたっぷり込められた婚約指輪の誕生です。

投稿者 kada : 10:28 | トラックバック

2008年05月22日

プラチナ・アクアマリンリングのオーダージュエリー

DSC07144.JPG

宮城県多賀城のお客さまからのオーダーでアクアマリンのリングを手作りさせていただきました。最近なぜか北海道・東北方面のお客さまの仕事が多い当店です。

3月生まれのお客さまの誕生石アクアマリン、その中でも、とにかくブルーの色が濃く、澄んだ2カラットの石をお探しして普段使いにできるようにシンプルなリングをお作りしました。
デザインがシンプルな分だけ、とにかく石留めのところの石を囲む爪のラインのカーブの美しさに注力し、心を込めた作品です。このお客さまの特別な記念の誕生石リングです。

投稿者 kada : 10:19 | トラックバック

2007年12月11日

K18・ぺリドットリングのオーダージュエリー

DSC06587.JPG

かなり写真がボケてしまいましたが、ぺリドットのリングを18金で手作りさせていただきました。
人気の5型の2番のデザインを基本にして全体をV字型のお作りし、石の下のところにも爪を付けています。
8月生まれのお子さまの誕生を記念して作らせていただきました。

投稿者 kada : 12:00 | トラックバック

2007年05月09日

プラチナ・ブルートパーズリングのオーダージュエリー

DSC05237_edited.JPG

お友達からプレゼントされた四角いブルートパーズの石。
それをプラチナでリングに手作りいたしました。
社内で「スイスブルートパーズ制作委員会」を立ち上げて(笑)お作りした作品です。

今回は写真のみのご紹介です。

投稿者 kada : 10:06 | トラックバック

2007年05月04日

K18・アメシストイヤリングのオーダージュエリー

DSC05169_edited.JPG

これはかなり難しいオーダーのイヤリングでした(笑)

お客さまのリクエストは
正面から見てアメシストだけが見えて、出来る限り石を留めている爪がみえないように!
イヤリングの金具が正面から見えないようにして、後ろ側もあまり18金の枠を見せずに石だけのピアスをしているように!!
耳にぴったり沿うように!!!
お客さまが2月生まれで、その誕生石であるアメシストに並々ならぬこだわりをお持ちで、素晴らしく鮮やかな紫のものを取り揃えさせていただきました。

以上のようなお客さまのご要望を当店の出来る限りの力でかたちにした作品です。
写真では不思議な(笑)形のイヤリングですが、付けるとほんとアメシストの石だけのピアスをしているように見えるイヤリングとなりました。
石の爪の部分の座と、そこにつながっているイヤリングの金具の微妙な角度がミソです。
こんな個性的なイヤリングを作るのは日本中探しても当店だけではないでしょうか・・・・(笑)
まさしく自画自賛の逸品です。

今回は写真だけのご紹介となります。

投稿者 kada : 10:31 | トラックバック

2006年11月29日

K18ピンクゴールド・ピンクサファイヤ、ダイヤリングのオーダージュエリー

DSC05793.JPG

とっても綺麗なピンクサファイヤの石を当店でお買い上げいただき、その石に合わせて18金のピンクゴールドを使ってリングを作らせていただきました。

デザインは当店の人気の5型の5番を基本にウデのサイドに3個づつダイヤを留めました。
ピンクサファイヤとピンクゴールドの色合いがとてもマッチしてさりげなく、でも存在感のあるリングが完成いたしました。

このリングをオーダーしてくださったのは兵庫県のお客さまで、わざわざ出雲におでかけていただき、このリングを納品させていただきました。本当に遠方よりのご来店ありがとうございました。

■完成18金ピンクゴールド代金 7,0g×4,200円=29,400円
■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 センターピンクサファイヤ 10,500円   
           サイドダイヤ 2,100円×6個=12,600円
■ピンクサファイヤ代金 31,500円
■ダイヤ代金       4,200円×6個=25,200円
■完成代金 128,100円


投稿者 kada : 10:32 | トラックバック

2006年08月12日

プラチナ・ピンクサファイヤ、ダイヤリングのオーダージュエリー

DSC05473_edited.JPG

DSC05477_edited.JPG

今回も遠方よりわざわざご来店いただいたお客さまのオーダージュエリーを紹介します。
ほんと遠方からいらっしゃるお客様には、車でガソリン代もかかるのにわざわざお出掛けいただき、
感謝、感謝です。「本当にありがとうございます。」

お客さまの誕生月が9月でその誕生石であるサファイヤのリングを作らせていただきました。
サファイヤの中でもひときわ明るく美しく輝くピンクサファイヤ、特にその中でもダイヤのように輝くカットのものを選んでいただき、それをメインにして作らせていただいたのがこのオーダージュエリーです。
ピンクサファイヤとダイヤをプラチナの外枠が取り巻くようにデザインいたしました。
シンプルなデザインですが、石の美しさと輝きがこの外枠のおかげでよりいっそう強調され、石自体も大きくしっかり見えるようになりました。
我ながら「丸い外枠の中に石がバランスよく、うまく石留めができたな~」と自画自賛する作品となりました。

ピンクサファイヤと言わない限り、ピンクダイヤに見えてしまうような輝きをもったリングです。
やっぱり私はピンクの石が大好きなようです(笑)

今回はリングの加工料だけのご紹介です。
■基本加工料 18,900円
■石留め加工料 ピンクサファイヤ 5,250円
           ダイヤ 2,100円×2個=4,200円
■プラチナ代金 6グラム×8,400円=50,400円
■総加工料 78,750円

投稿者 kada : 15:53 | トラックバック

2006年05月18日

プラチナ・タンザナイトピアスのジュエリーリフォーム

DSC05351.jpg

タンザナイトとダイヤを使って方耳用のピアスにジュエリーリフォームをさせていただきました。
京都のお客さまからのご依頼で作らせていただいたリフォームで、タンザナイトはもともとプラチナのリングだったものでダイヤは石のみをお預かりさせていただきました。

納品した後から教えていただいたんですが
タンザナイトのリングはご主人からいただいた大切なエンゲージリングで
今回、ご主人の誕生日のプレゼントとして依頼されたジュエリーリフォームでした。

もちろんご主人が大喜びされたのは言うまでもありません。

「思い出の詰まったタンザナイトの石が次は私から主人へと...
装い新たにまた違った輝きを見せてくれました。
主人も今まで、『今まで貰ったプレゼントの中で一番嬉しい』と言ってくれました。」

・・・とほんと嬉しいメッセージをいただきました。
シンプルなリフォームですが宝石屋冥利の素敵なジュエリーリフォームとなりました。

※今回のリフォームはお客さまのプラチナを使って手作りするリフォームではなく既製の枠をお使いしてお作りしました。お見積もりの時点で手作りと既製の枠の両方の金額をお出ししてどちらがいいかを相談させていただきました。
タンザナイトが留まっていたプラチナ枠は今後のリフォームの為に返却いたしました。

■完成代金(既製枠&石留め&ピアス組み立て) 34,650円

投稿者 kada : 09:36 | トラックバック

2006年01月23日

渾身の逸作

DSC05018.JPG

DSC05019.JPG

トルコ石のペンダントを作りました。
3年前に東京での国際宝飾展でプライベートで仕入れたトルコ石です。

そのトルコ石の淡い青と偶然に出逢い、どうしても欲しくなった石です。
海外からの出展者で、ふくよかなマダムとその息子が一生懸命選んでくれた事を覚えています。
私事なんですが、このブルーはとっても切ない色に感じるんです(笑)
なんだかこの色を見ると昔の懐かしいことが思い出せそうな気がします。

この思い入れたっぷりのトルコ石を今回ペンダントに仕立てました。
古来よりお守りとして使われてきたトルコ石、それもとびっきりの上質のトルコ石、この石がこれからどんな方に出逢い、またどんな想いを込められるのか、ほんと楽しみです。

作りはシンプルなんですが、とにかくもう出逢えないかもしれないこのトルコ石の切ないブルーへの想いから、心を込めた渾身の逸作とさせていただきました。

投稿者 kada : 22:29 | トラックバック

2006年01月05日

仲良し4人組その4

明けましておめでとうございます。
昨年中はお世話になりました。
今、こうして仕事が出来るのも皆さまのお陰です。
どうぞ今年もよろしくお願いします。

DSC04938_1.JPG

仲良し4人組のとりを務めてもらうのがこのサンゴのリングです。
古来、日本人がお守りにしてきた縁起のいい宝石で、お正月にはピッタリの石です。
このリングをオーダーしてくださったお客さまが当店のホームページのお問い合わせからメールをいただき、これをきっかけに4本ものお揃いのリングを作らせていただきました。
ほんと、ご縁をくださったリングとなりました。
サンゴも柔らかい石なので慎重に石留めさせていただきました。
サンゴの鮮やかな赤色が際立つリングです。
「この素敵なご縁をいただきスタッフ一同感謝しています。本当にありがとうございました。」


投稿者 kada : 22:51 | トラックバック

2005年12月29日

仲良し4人組その3

DSC04932_1.JPG

第3弾はメキシコオパールのリングです。
オパールの中でもメキシコで産出される赤いオパールです。
オパール特有のプレイ・オブ・カラー(遊色効果)で見る角度によっていろんな表情を見せてくれる他の宝石にはないとても美しい石です。
今回の手作りのリングの中で一番石が小さく、また石の盛り上がりのカーブがきついため共通のデザインで同じような感じにまとめ上げるのに苦労したリングです。
前に紹介した2点のリングより石留めのラインが内側によっていることからも苦労のあとが伺えます。
全体的なお揃いのイメージが違わずにうまく石留めできたと思います。
オパールの定番のダイヤで取り巻くデザインとはまた一味違う、オパールにしては珍しい普段使いな感じがとても個性的で素敵なリングとなりました。

投稿者 kada : 23:16 | トラックバック

仲良し4人組その2

DSC04935_1.JPG

第2弾はタンザナイトのリングです。
タンザナイト特有の青と紫の混ざり合ったブルーが引き立つ様に石留めしました。
非常に石のガードル(端の部分)の厚さが薄く、石留めする時にとっても緊張したリングです。
石だけで見た時以上にリングになった時にその独特のブルーが鮮やかに見えるようになり、
プラチナで枠をお作りして、石がよりいっそう引き立った見本のようなリングとなりました

投稿者 kada : 00:13 | トラックバック

2005年12月27日

仲良し4人組

DSC04941.JPG

クリスマスの日に4本同時にフルオーダーのリングを納めさせていただきました。
とっても仲良しの4人のお客さまが2005年を記念してそれぞれ自分の大好きな石を選んでいただき
同じデザインのリングに手作りさせていただきました。
それぞれ大きさや形の違う個性的な宝石を同じデザインになるように石留めした当店の宝石職人渡部の技が光る逸品となりました。
まずはその第一弾のトルコ石のリングです。
石だけで見ていただいた時にいっぺんに気に入っていただいたトルコ石です。
その鮮やかな青色をを生かすように、柔らかくデリケートなトルコ石を渡部が優しく石留めしました。
トルコ石特有の何とも言えない優しい切ない青さがとても印象的なリングとなりました。

投稿者 kada : 22:54 | トラックバック

2005年09月22日

エメラルドの指輪

DSC04601.jpg
エレラルドの指輪のオーダーをいただきました。
オーダーされたお客様は、
70歳は過ぎていると思われる男性の方です。
長年連れ添った奥様のためにかな?っと思ったら
なんと再婚される相手の女性へのプレゼントだそうです。

素晴らしいですよね!

恋愛に歳は関係ないという事ですね。
なんだか、若いカップルの指輪を作るより力が入りました。
これからの第二の人生、素敵な奥様とお幸せに。
私まで元気をもらいました。ありがとうございました。

投稿者 kada : 14:58 | トラックバック

2005年07月29日

デマントイドガーネット

DSC04503.jpg

お客様のオーダーで作らせてもらったペンダントです。
一番下はデマントイドガーネット。
ダイヤのようなという名のガーネット。
ダイヤよりの照りが強くルビーより屈折率が高い。
ホワイトダイヤとイエローダイヤと合わせました。
まるでグリーンのダイヤかと思うように光り輝き、
ダイヤの決して負けていません。ホントにキレイ!
ダイヤと合わせた事によって更にキレイに見えるみたいです。
グリーンガーネットのように濃い緑でなく
吸い込まれそうな奥深い緑色です。
お客様にもとっても喜んでいただきました。
KADAにとっても忘れられない仕事となりました。


投稿者 kada : 19:42 | トラックバック